森薫著の『乙嫁語り』が目的の「ハルタ Vol.54・2018年5月号」と応募者全員サービスの、「グラマラスVSスレンダー・フェローズ」です。



毎度おなじみ、森薫著の『乙嫁語り』目当ての、「ハルタ・54号・2018・5月号」です。
嬉しい事に引き続き、英国の民俗学(当時としては博物学?)者スミス氏と,この物語中最も薄幸のヒロインだった、タラス嬢との奇跡の再会と2人の今後についての話し合い?スミス氏にしてみれば、今度こそは離すまいと必死ですす。タラス嬢は義母親もこの地方のまっとうな結婚と、人が良すぎる程のその夫となる相手を捨てて(敢えて捨ててしました!)まで、異国の白人男性の元へ飛び込む事を決めていただけに、こちらも悲壮です。


ハルタ Vol.54・2018・May


ハルタVol54


Amazonリンク済み



これ丸々1冊、タラスさんとスミス氏の悲恋物語です。
まさかこの時は、
再会があるとは思いませんでした!


乙嫁語03


〈Amazonリンク済み〉



応募者全員プレゼントの、ハルタ作家陣による短編マンガあるいはイラストによる、2分冊の冊子。
その名も?『グラマラス VS スレンダーFellows!(フェローズ)』だそうで、下の表紙はその「グラマラス」編の表紙です。
大事なのは、この表紙も冒頭第1作目も〈作者・森薫氏〉と言う点です。特にこの、凶暴そうな恐らくはヒグマの上に全裸のグラマラス・ボディの美女
装飾は鎖状に連なった、真珠のような小さな宝石?を全身にまとわりつかせているだけという、大胆エロチックな描写です。しかしそれちっとも、卑猥でも猥褻でも無く、美しく見せるところがさすがと言うほかはありません。


フェロ表紙03

それにしてもこの構図、見ようによっては大胆なエロティックを超えて、セクシー・デンジャラスな美女と獣を彷彿とさせる、危ないモノだと思います。
何しろ、中の作品も神代の一節を描いていますので、獣も美女もどちらかがあるいはどちらも、「」で有れば、何の不思議も無い構図となってしまいます。

ちなみに対する「スレンダー」編は、以下のようになっています。

 
フェロ表紙A3

ちなみに、森薫氏の作品があるから表紙がそうだからという理由では無く、純粋に女性の〈グラマラス〉なボディに興味があるからです。
飽くまでもスレンダーに比べて、どっちかと言う話でやはり胸が大きいかどうかと言うよりは、腰のくびれと足先までの曲線美!これに尽きるでしょう。
なおこちらの表紙と第1話の作者は、森薫氏とハルタで双璧を為す入江亜季氏です。

さて、話は現代よりも遙かに困難な、国際的異民族間の結婚です。








続きを見る

ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : マンガ家・森薫、エマ・乙嫁・シャーリー他
genre : アニメ・コミック

line

森薫著『乙嫁語り』が目的の「ハルタ Vol.53・2018年4月号」ついに明かされる!?薄幸の乙嫁・タラス嬢のこれまで・・・。



ハルタ Vol.532018年4月号

ハルタ53A


〈これまでの「乙嫁語り」中最も幸薄いタラスさん物語〉

乙嫁語03


〈Amazonリンク済み〉




〈そして今回いかにして運命の再会を果たしたか?〉

乙嫁再会01



乙嫁再会26

何だろうと、このタラスさんの再婚相手。
いい人過ぎます!こんなお人好しで、大丈夫かな?








続きを見る

ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : マンガ家・森薫、エマ・乙嫁・シャーリー他
genre : アニメ・コミック

line

「ハルタ Vol.52・2018年3月号」今回は森薫氏著短編読み切り『シャーリー・メディスン』が目的です



何と、「シャーリー・メディスン」は、作者が非商業誌時代から20年以上描いているそうです。
ですが作品本数が多い訳でも無く、特に商業作品を手がけるようになって、元々寡作な人ですから必然的にコミックなるような数は、なかなか貯まらない様に思えます。ただ既に、2冊コミックスとして発売されていますので、是非にも3冊目を待ちたいと思います。



シャーリー1巻


シャーリー2巻

《Amazonリンク済み》



シャーリー・メディスンの新作短編を掲載している、


ハルタ Vol.52・2018年3月号です

ハルタVol.52


〈Amazonリンク済み〉



正直なところ、間もなくハルタ Vol.53・2018年4月号が発売されるのに、これ以上のコメントの価値はないでしょう。
なお、次の「ハルタ」での森薫氏作品は、「乙嫁語り」で、何とあのスミス氏と物語上唯一の不遇な〈乙嫁〉として知られる、タラス嬢との奇跡の再会。そして、その後だそうです!

まァ、編集部の枠外予告がどれほど当たるか分かりませんが・・・。








ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : マンガ家・森薫、エマ・乙嫁・シャーリー他
genre : アニメ・コミック

line

「ハルタ Vol.51・2018年2月号」より『乙嫁語り』第43話〈寒中歌〉「中央アジア、冬の情景です」



ハルタVol51B


ハルタ Vol.51・2018年2月号より
乙嫁語り

「中央アジア、冬の情景です。」第43話〈寒中歌〉

〈Amazonリンク済み〉



乙嫁43話09

こちらにも炬燵があるというのが、素直な驚きです。
熱源はやはり焼いた(暖めた)石でしょうか?
料理の時も、焼き石と石窯を使っていましたから・・・。


乙嫁43話08

この雪の表現が絶妙です!
これ以上、何も申し上げる事は無いでしょう。


乙嫁43話07


乙嫁43話06


乙嫁43話04


乙嫁43話05


乙嫁43話01


乙嫁43話02


〈寒中歌〉ですから、アミルさんが歌っているのでしょうか・・・。
テントの中で震えながら聞いている?カルルク君がイジラシイと言うか、端的に情けないというか・・・。これもまた、夫婦愛!なのでしょう。



乙嫁語り
コミックス10巻


乙嫁10巻B


〈Amazonリンク済み〉








ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : マンガ家・森薫、エマ・乙嫁・シャーリー他
genre : アニメ・コミック

line

今回は『乙嫁語り』コミックス10巻の発売と重なった(ネタ?)『ハルタVol51・2018年2月号』の乙嫁語りですが、さすがに大変だったのか「中央アジア、冬の情景」だそうです。



いつも通り、森薫著『乙嫁語り』目当てのハルタ Vol.51・2018年2月号です。


ハルタ Vol.51・2018年2月号

ハルタVol51B


〈Amazonリンク済み〉


ただ今回は、その『乙嫁語り』の12ページ全てが「中央アジア、冬の情景です」とのタイトルで、1ページ1枚にアミルさんの婚家カルルク君一家に関連した、コメント付きのイラストです。これをマンガと呼ぶ為には、議論が必要でしょう。
騙された!」と言う人が居ても、否定は出来ません。ただ元々何も無い〈草原と大地〉が広がる茫漠とした、平原を舞台にしているのですから、「この背景処理」をどうするのか?と言う、大きな命題が、この作品の当初からあったと思います。
その答えの1つが、この茫漠と広がる平原どころかどこを見ても白一色の、「雪原」を、どのように描くか?と言う形での、表現だったように思います。
これはコミックスの後書きからも、感じられます。

更に例によって《ジャンル不明で購読者層不明の書籍扱いマンガ誌》の面目躍如で、「よく分からない新人作品」と「手堅くないベテラン?連載陣」の作品には事欠きません。


乙嫁語り
コミックス10巻


乙嫁10巻B


〈Amazonリンク済み〉

このコミックは久々の分厚さで、これはもう「パリヤさん物語-完結編」及び「奇跡の再会ースミス氏&タラス嬢物語序章」とでも言う感じですか?
コミックスだけで読まれている方にとっては、これで本誌に追いつきました!良かったですねェ~何ですが、次のコミックは一体何時(いつ)出るのでしょうか?また薄いのかな・・・。それと今回もまたセコイ販売戦略で、同時発売の新刊コミックと本誌Vol.51と次のVol.52の本誌お買い上げの方に、「もれなく応募者全員プレゼント」が、あります。

最後に、次回は久々に「シャーリー」の新作とありますが、編集部の予告はよく外れますから・・・。












ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : マンガ家・森薫、エマ・乙嫁・シャーリー他
genre : アニメ・コミック

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
WEB拍手
管理人のみに宛てて、メッセージもおくれます!
ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます


《何回でも拍手出来ます!》

line
メールフォーム
管理者のみ閲覧用

名前:
メール:
件名:
本文:

line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数



《投票所》
無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line