ニシキゴイの貢川放流に関して、山梨県庁「花き農水産課・水産担当」様から御答がありました!



山梨県庁の公式ホーム・ページに「コイ釣りをする皆様へ・リンク済み」と言う項目が有り、〈1.放流の制限〉と有ります。
そこで改めて、そこのメール・フォームから「今年(2017年)05月02日の山梨日日新聞が『貢川にニシキゴイ300匹が放流された』と報道がありましたが、山梨県としてはどうお考えなのでしょう?」との趣旨で、質問させていただきました。

詳細は省略いたしますが、御返事の趣旨です。


 この場合、委員会指示の除外事項「放流するコイがコイヘルペスウィルス病検査で陰性が確認されたコイと同一飼育池のコイ群に属する場合」が適用されるため、放流することは可能です。
 しかし、ニシキゴイは自然分布域を有していない外来種と見なされます国が策定した「外来種被害防止行動計画」では、国民一人一人が外来種問題を認識し外来種被害予防三原則(「入れない」、「捨てない」、「広げない」)を遵守することが必要であると示されていることから、本県においても今後関係機関と連携し周知を図って参ります

〈詳細問い合わせ先〉

内水面漁場管理委員会・内水面漁業について
花き農水産課 水産担当
TEL:055-223-1614
e-mail:kakinousui@pref.yamanashi.lg.jp

自然環境保全対策について
みどり自然課 自然保護担当
TEL:055-223-1520
e-mail:midori@pref.yamanashi.lg.jp




と言う事で、明確に先ず「鯉の放流は、野鯉・真鯉を含めて《原則禁止》と言う事」だそうです。
更に国の決めた、「外来種被害防止行動計画」によると、「ニシキゴイは自然分布域を有していない外来種と見なされます」のだそうです。
つまり日頃から人間の管理する水槽と同じく、人工の用水路や池。外部に逃げられなくした、堀や観光用に整備された湖沼など以外の、天然の河川・湖沼には元から居ないはず!です。

基本的に「外来種被害防止行動計画」では、「本来その地に有しない生物を人間が放つ事は生態系にとって危険」という姿勢を、取っています。
まだまだ法的整備の追い付かない、《著しく不十分で問題の多い》指針だそうですが、少なくとも「鯉はどこにでも放流して良い魚ではなく(そんな魚や生物はいないと思います!)、ニシキゴイの天然河川放流は論外」という事は、ハッキリしています。








ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

line

五反田川で『NPO法人おさかなポスト』が昨年行った錦鯉800匹の放流につての疑問・・・。



今年(2017年)05月02日山梨日日新聞が報じた、「多量の錦鯉放流問題」に関して記事致しましたが、それ以前に以下のような話題があった事を知りました。
そしてこれは、山梨県の事態とは異なり主催者がある種この様な危険外来種問題に詳しい団体であり、積極的にその駆除を含む、「多摩川の生態系を維持する活動」を行っています。
にも関わらず、何で以下のようなイベントを続けているのか?理解に苦しみます。


タウンニュース・川崎・多摩区版
昨年、2016年12月16日号

五反田川に錦鯉800匹放流 〈文化〉
自然呼び戻す活動続く

 生田地区の五反田川に地元自治会が先月20日、錦鯉など800匹を放流した。自治会のメンバーや近隣住民らが魚見橋や川沿いからバケツを下げ、川に放たれた魚を見守った=写真(おさかなポスト提供)。放流に協力したのは、飼えなくなった魚やカメを引き取っているNPO法人おさかなポスト(山崎充哲代表)。


五反田川01


 この催しは、川をきれいにして川沿いを散歩する子どもたちの目を楽しませてあげたいと、五反田自治会が3年前から主催しており、これまでに4000匹以上の錦鯉や金魚の稚魚を放流してきた。

 ただ、同会の吉田輝久会長は「これまでかなりの数を放流してきたが、なかなか定住に結びつかない」と課題を語る。

 五反田川は麻生区細山地区を源として多摩区枡形で二ヶ領用水本川に合流する。その大半がコンクリート護岸のため、草の生えた魚が隠れる場所が少なく、カワウに食べられてしまったり追われて下流に逃げても魚道がなく戻ってこれないなど、魚が定住できないのが現状だという。

 山崎代表は「魚が住みつけないのは、川が弱っている証拠。護岸の整備など方法はある。自然を呼び戻すためにも、環境を整えていきたい」と話している。




上記イベントを、主催する団体。


NPO法人・おさかなポストの会」とは?
知恵蔵mini-おさかなポストの用語解説-より・リンク済み

 飼育が困難になった外来魚などを一時的に保護する施設。
 神奈川県川崎市を流れる多摩川沿いの稲田公園内に設置されている。多摩川への外来魚などの放流を防ぎ、水辺の生態系を守ろうと、川崎河川漁業協同組合総代で環境コンサルタントの山崎充哲が2005年に創設した。山崎が代表を務めるNPO法人おさかなポストの会と川崎河川漁業協同組合が管理・運営している。
 ポストに預けられる年間約1万匹の魚やカメは、個人の里親を募集するほか、企業や水族館、学校に里親として協力を仰いでいる。カメについては、持ち込まれる数が増えすぎたことなどから13年04月より受け入れを中止しているが、これまでに保護されたカメの飼育は継続されている。
 動物愛護法の改正により、13年09月からポストでのカメの飼育ができなくなり、おさかなポストの会が川崎市に飼育の許可を求めている。

(2013年11月26日)



この件に関して、当時もFacebookやツィッターを通じて、多くの疑問や質問が寄せられました。
当初は、それらに誠実に対応していた「おさかなポストの会」ですが、ある時期を境にアカウントを閉じてしまい、ウンともスンとも言わなくなりました。こちらも一方的に記事にしたくは無く(「未来の荒川をつくる会」も報道した山梨日日新聞も、アカウントを閉じ該当記事を削除しています)、「おさかなポストの会」で唯一送信可能なチャット・システムで、以下の様に質問してみましたが反応無しです。



昨年放流された錦鯉は、傾斜の大きい五反田川を流れ下り、二ヶ領本川(新川)に至ります。鯉の生命力は、良く御存じの事と思いますが、かつて汚染のひどかった多摩川に最後まで残っていたのが、野鯉(いわゆる真鯉)です。

汚染された河川でも、口に入る栄養物さえあれば生き延びる、雑食性の大食漢です。繁殖力も非常に高く、流れの速い底の浅い支流を遡り(これが通称鯉の滝登りです)川底に産卵します。


五反田川03


これは川崎市の、「五反田川放水路計画」の略図ですが、現在は何も堰き止める物が無く流れが緩やかで底も深い、二ヶ領本川で一部は悠々と暮らせます。ここでは大きな錦鯉を見る事も出来ます。
更に、進むと御覧の通り多摩川へと遮るものは有りません。仮に現在の放水路計画が完成しても、金魚はともかく錦鯉の一部は暗渠を通って一気に多摩川へ出るでしょう。それほど、鯉の生命力は強いのです。世界の侵略外来魚ベスト8はダテではありません。

確かに川の傾斜度が大きく、流れの速い「五反田川」に定着はできないでしょう。しかし、二ヶ領本川で悠然と泳ぐ錦鯉は何処から来たのでしょうか?そして多摩川へは、どうして流れ出ないと保証できるのでしょうか?どこをどのような専門家に、相談されたのでしょうか?

日本魚類学会による「放流ガイドライン」
http://www.fish-isj.jp/info/050406.html


「淡水魚の保全・放流・遺伝-よくある質問
http://ecol.zool.kyoto-u.ac.jp/~watanak/conservation/FAQ.html


などの、参照文献は既に御存じの事と思います。これらのどこにも「錦鯉」「金魚」などの人工交配種を、天然の河川またはそこに至る事の出来る人工河川に放流すべきとは、記されていません。




 


続きを見る

ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

line

『なぜ金魚や錦鯉などを天然河川に放流する事が問題か?』日本魚類学会公式ホーム・ページより



今年の7月、日本魚類学会主催の「「第3の外来魚問題」―人工改良品種の野外放流をめぐって―」と言うシンポジウムが開かれるようです。
僭越ながら勝手に、御紹介させていただきます。


日本魚類学会
〈会報ホーム・ページ(リンク済み)より無断引用〉



公開シンポジウムのお知らせ  

市民公開講座のお知らせ
「第3の外来魚問題」―人工改良品種の野外放流をめぐって―

開催日時:
2017年07月15日(土) 13:00~17:00

開催場所:

近畿大学東大阪キャンパスカデミックシアター
〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
近鉄大阪線「長瀬駅」下車,徒歩約分
http://www.kindai.ac.jp/about-kindai/
campus-guide/access_higashi-osaka.html

参加費:無料
主催:日本魚類学会
協力:近畿大学


 外来種の侵入は生物多様性にとって最大の脅威の一つである。
 とりわけ陸水域という閉ざされた空間にすむ淡水魚類にとって外来種の影響は大きい。一般に思い浮かべる外来魚といえば,ブラックバスやブルーギルのような外国由来の魚類,つまり「国外外来魚」であろう。しかし,外来種と在来種は国境の内外で区別するのではなく,個々の種の自然分布域の内外で区別するべきである。
 このことは日本在来の魚類であっても従来の分布域を超えて他地域に移殖されれば外来魚に転じることを意味し,これらは「国内外来魚」と呼ばれる。国外外来魚も国内外来魚も野生種であることに変わりがない。

 一方,我が国では,河川・湖沼にヤマトゴイ,錦鯉,金魚,ヒメダカのような交雑または選抜により作出された人工改良品種が,さまざまな目的で無秩序に放流されてきた経緯がある。
 それらの自然環境への影響は小さくないものと危惧され,人工改良品種は,国外外来魚,国内外来魚に次ぐ,いわば「第3の外来魚」として位置づけられる。
 しかし,昨夏(引用註:2016年)話題となった自然河川への金魚放流行事騒動の際にみられたように,人工改良品種の野外放流が,市民に肯定的に受け入れられることも多い現状にある。本公開講座では,人工改良品種の放流の影響について科学的に検討し,生物多様性保全の視点から問い直したい。


<プログラム>
第一部 基調講演
国外外来魚,国内外来魚,そして第3の外来魚 細谷和海(近畿大学)

第二部 話題提供:人工改良品種の野外放流が及ぼす影響
1)メダカ改良品種による野生集団の遺伝的攪乱 北川忠生(近畿大学)
2)日本の河川におけるコイ養殖品種の現況 馬渕浩司(国立環境研究所琵琶湖分室)
3)金魚養殖の現状と課題 根来 央(神戸市・金魚研究家)
4)特定外来生物の解釈とサンシャインバス 立田理一郎(環境省野生生物課)

第三部 パネルディスカッション:隠れた外来魚問題をどう解決するか
コーディネーター:
渡辺勝敏(京都大学)・細谷和海(近畿大学)

パネリスト:
・北川忠生(近畿大学)
・馬渕浩司(国立環境研究所琵琶湖分室)
・根来 央(神戸市・金魚研究家)
・立田理一郎(環境省野生生物課)
・山口正吾(月刊アクアライフ編集部)

問い合わせ:森 誠一
(日本魚類学会自然保護委員会委員長)

〒503-8550 岐阜県大垣市北方町5-50
岐阜経済大学地域連携推進センター
TEL:0584-77-3511 FAX 0584-81-7807
電子メール smori@gifu-keizai.ac.jp

日本魚類学会会長 桑村哲生



このホーム・ページ内に記されている、記事の一部を抜粋。


〈前略〉

最近,淡水魚の保全をめぐる話題の中で,しばしば「遺伝的多様性」,「地域個体群間の遺伝的分化」,「国内移入種による遺伝的撹乱」といった,“遺伝”に関わる話が出てきます.
ここでは,「遺伝的多様性の保全」とはいったい何を意味するのか,主に淡水魚の場合を想定しながら,いくつかの疑問をもとに考えていきたいと思います.


質問1「よその川から捕ってきた魚を近所の川に逃がしてはいけないって本当ですか?」
質問2「淡水魚は淡水にしかすめないのに,なぜ別の川,別の地域に同じ種がいるのですか?」
質問3「種(しゅ)っていったい何なんですか?」
質問4「遺伝的多様性はなぜ重要なのですか?」
質問5「別地域の集団の間で交雑が起こると,いったい何が悪いんですか?」
質問6「移殖放流は絶対やってはいけないことなんですね?」
質問7「養殖場や水族館で増やして放流すれば,簡単なのではないですか?」

〈後略〉




続きを見る

ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

line

『ニシキゴイ』を自然の川に放流していいの?『錦鯉の放流は何故「絶対に」あってはならないのか』より




矢那川錦鯉02


《真鯉(野鯉)を放流する事自体、不思議なのですがまさか『錦鯉』を自然河川に放流するなどという、行為が公にされているとは!?思いも拠りませんでした!

もちろん昔から、人工(人が作った)水路に昔から泳いでいる錦鯉は、まァそれでいいと思います。
そういう街の用水路には、大概水路の外へ鯉が逃げ出さないように、柵が設けてあるハズだから・・・昔の人は、水田に鯉が与える影響を良く知っていたので(通常水田や水田に流れ込む水路は、本流から大きな魚その他が上ってくるのを防ぐ為に、柵が設けられています)、溜池や用水掘りに鯉が居ても水田への水路には、大きな魚は入れない様になっています。
もちろん小さな幼魚は、入り込むでしょうが成長すればするほど、水深の浅い水田や水路では動き辛くより大型肉食鳥獣の、格好の餌となります。
水田と用水路は、冬には水を抜かれますから、1年以上鯉が留まる事はできません。

前述の街の用水路には、元々鯉以外の魚が居ません。
少なくとも、人工的に品種改良された錦鯉が、人の手で放流したものが起源である事は、今も昔も変わりません。


錦鯉の放流は何故「絶対に」あってはならないのか - MistiRoom
http://mistclast.hatenablog.com/
entry/2017/05/03/132129



【タウンニュース多摩区版】五反田川に錦鯉800匹放流 自然呼び戻す活動続く
http://www.townnews.co.jp/
0203/2016/12/16/362233.html


以上の記事に詳しいので、如何に《現在の「錦鯉」を含む鯉の放流が危険か?》と言う事は、人工の池や堀。
観賞用に作られた噴水プールなど以外の、天然もしくは半天然(護岸工事をした河川など)の河川湖沼では、無茶苦茶に大食漢で雑食性。ご飯やパンはもちろん、ミミズや他の魚を含むあらゆる水生生物の卵や、稚魚・幼虫(トンボの幼虫のヤゴや、メダカなら成魚も更には水生昆虫は、卵から成虫までお構いなし)もその驚異的な成長力と寿命で、一匹でも多量に更に繁殖力も旺盛なので、アッという間に増えて他の水生生物から水草・葦などの半水生植物の芽など、兎に角よく食べてよく育ちます。

ハッキリ言って、「鯉も棲めない様なら死んだ川」と言えるでしょう。
鮒と金魚の放流にも大きな問題は有りますが、鯉はそれらの幼魚や卵すら餌にします。ですので最後まで生き残るのは、鯉でそれすら棲まなくなった河川湖沼は、文字通り死んでいます。
更には、本物の外来種であり今や環境省から『要注意外来生物』に指定されている、「ソウギョ」はもちろん「ハクレン」や「モクレン」は〈完全草食性〉と言う事で、水草や川辺の植物とそこに住む昆虫をはじめとする小動物をも犠牲にしますが、敢えて他の魚や小動物は餌にしません。その為、未だに繁殖域が限定されています。
何しろ彼らの旺盛な食欲を満たすと、生息域全体のあらゆる植物を壊滅させてしまいますから・・・。
」の何が怖いといえば、その旺盛な食欲と雑食性であり、口に入るものなら何でも食べてしまう悪食から、驚くほど成長速度が速く、繁殖力が強い事も挙げられます。更に、川魚としてはこれも驚異的な寿命と言う点も、脅威として挙げられます。危険外来種と有名なブラックバスですら、長くても寿命は20年余りとされていますが、鯉は50年以上の生存が可能です。
つまり、「古い世代はなかなか減らず、若い世代がドンドン増える為に、更に生息域を広げて行く」という、気が付いたら「この場所(河川湖沼)には、鯉ばかり・・・」と言う結果になる訳です。あの、ミドリガメが大人になったアカミミガメと同じく、他のイシガメやクサガメなどの固有種を駆逐し、アカミミガメばかりの場所になるの同じ事です。

この記事の話題になった放流団体では、「子供たちとのヤマメや錦鯉の放流などの事業を展開してまいりました」と述べておられますが、間違いなくそのヤマメの稚魚は鯉の餌となる事でしょう。
不思議なのは、本来生息域の異なるヤマメと鯉を同じ場所に放流する?と言う事も、謎です。ヤマメは「渓流釣り」の範疇で、底の浅い流れの速い清流を好む魚です。逆に鯉や鮒は、流れの緩やかな池や沼など、湖沼を好む魚です。水深も繁殖期などを除けば、比較的深いところがある方を好みます。
荒川の上流と言えば、ヤマメはさすがに難しいのですが、ウグイやオイカワもしくはアユは無理でも、それを追ってハスなどのやはり清流を好む魚が多かったところです。まァ、鯉や鮒はどこでも育ちますが・・・。しかし選りにも選って、一番繊細なヤマメですか?
山女魚(ヤマメ)と書く位、臆病な魚です。釣り大会用にニジマスなど共に放流するのならいいのですが、定着を願うのは鯉の放流が無くてもムシが良すぎる気がします。

この記事の最後に、魚の放流に関する補足があるので、こちらも引用しておきます。


このままでは「全ての放流はよくないことなのか」と言われてしまいそうなので、補足します。
放流が有効なのは概ね以下のパターン。

1.経済活動のため(鮎やヤマメの放流がこれに当たります)
2.危機的状況にある絶滅危惧種の繁殖のため、「遺伝子汚染のリスク覚悟で、専門家の立ち会いのもと」で行う場合
3.「完全に死んだ環境」をゼロから復活させる場合

〈以下略〉










ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

line

『ゴキブリを倒すときのウェポンは何?1位「新聞紙」2位「ゴキジェットプロ」3位「雑誌」 | 「マイナビウーマン」 』より、ゴキブリに関して。




ゴキブリを倒すときのウェポンは何?1位「新聞紙」2位「ゴキジェットプロ」3位「雑誌」 | 「マイナビウーマン」
http://woman.mynavi.jp/article/130701-023/


いやァ~、上位にはやはり最も手近で確実な、直接攻撃兵器が見事に並びました!その後にも、バルサンやコンバットという近代兵器に並んで、「スリッパ素手熱湯」などの、ローテク兵器が並びます。

ちなみに、「コンバット」派ではあるのですが、値段が高い事と今一つ効果が実感できないので、現在は「メーカー製のホウ酸団子」を使用しています。
色々ありますが、目で見て餌の食べ具合が分かるので、1週間ほど経っても食べた痕跡が無いと他の場所に移せるのが、良いところです。パソコンなどの機器があるところや、台所や食事をする場所で、強力な殺虫剤は使いたくありませんし、集合住宅ではバルサン的な物は遠慮した方が、無難な気がします。
基本的にはホウ酸団子も、コンバットも食べた成虫だけではなく、その糞を通じて他の仲間や、食した親の卵にも影響を与えるそうなので、それなりの効果は期待できます。
ただ、撲滅は無理だと諦めています。

そしてここに、例外的なある種ゴキブリ進化の頂点を極めた、究極の人間生活環境適応ゴキブリ、「チャバネゴキブリ!」が、存在します!!


以降はゴキブリ写真のオンパレードですので、
御覧になってからの苦情は一切受け付けません!

続きを見る

ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 昆虫/その他小動物
genre : アニメ・コミック

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line