FC2ブログ

毎度おなじみ、森薫著「乙嫁語り」が目当ての『ハルタ・2017-12月号・Vol.50』です




今回ついに

来た!

来たッ!!


還って来たッ!!


ハルタ・2017-12月号・Vol.50


ハルタVol50A


〈Amazonリンク済み〉



まさか、絶対に、それだけは無いと思っていた人が!
偶然と愛と、儚い希望と運命に逆らい
導かれたかのように・・・己が自身の手で

出会えた!還って来たッ!!この物語で
最も幸薄く描かれた乙嫁が、ついに!

出会う事が出来た!!


乙嫁語03


〈Amazonリンク済み〉











乙嫁タラス

この物語史上、最も幸薄い『乙嫁』であり、あのイギリス人博物学者ヘンリー・スミス氏(一説によれば〈Wikipedia・リンク済み〉この物語の主人公?)が真面目に結婚を考えた、唯一の女性。
しかしその思いは、家父長制絶対の風習と嫌な男の策謀によって砂漠の露と消えた・・・ハズでした。


おっとここで忘れちゃいけない、お・知・ら・せ
毎度の事ですが、2018年1月に「ハルタ」の発売はありません。この辺が《書籍扱い不定期刊行マンガ誌》の、面目躍如でしょう!




「アンカラへ行く」というスミス氏の、たった一言を頼りに〈結納金目当てであてがわれた男性を泣き落としで口説いて?〉新婚旅行代わりに、カラザの街からアンカラへと向かい驚異的な運の良さ?で、アンカラの街であちこち寄り道をしていたスミス氏と、奇跡の出会いを果たします。
アンカラの街自体かなり大きな街で、ここで待ち合わせもしていない相手と出会うという事自体、あり得ない!に近いと思います。それを更に離れた場所から旅して来た挙げ句、色々あってやっとこさたどり着いたスミス氏と、いきなり出会うとは最早神懸かりとしか言えません!!
しかも彼女の〈事実上の〉新郎が、ここまで手を出していないという。良い人過ぎます!

ところで、約束のあの〈時計〉は、どこに行ったんでしょう?
ほら、スミス氏が結納金代わりに渡そうとして叶わず、砂漠に捨てたあの時計です。


タラス02A



タラス04A



タラス03A

取り敢えず準備が出来たら、一緒にアミルさん&カルルク君達のところへ戻るようです。
ですが、何だかこの二人の再会が不吉なフラグのような、周辺状勢です・・・。











関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : マンガ家・森薫、エマ・乙嫁・シャーリー他
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
WEB拍手
管理人のみに宛てて、メッセージもおくれます!
ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます


《何回でも拍手出来ます!》

line
メールフォーム
管理者のみ閲覧用

名前:
メール:
件名:
本文:

line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数



《投票所》
無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line