FC2ブログ

TVアニメ・シリーズ『京都寺町三条のホームズ』は、なかなか良いと思います。特に殺人・傷害で無いところが・・・えッ?第11話「バレンタインの夜会」では、発砲事件が!?



京都寺町三条のホームズは、血生臭いところが無いだけで無く、第11話まで作品中に刑事・警官などの司法機関の人間が出てこない点で好感が持てます。
この辺は「氷菓」などと同じですが、氷菓などが〈高校〉と言う狭い枠の中で、主に高校生以下が対象と言う事で、かなり無理をしている観が強いのに対して、一応大学生以上が関わり基本は「大人社会の問題」を、扱っている事で無理やり感が余り無い(少なくても設定上は・・・)、基本は骨董の真贋判定というのが奇抜感を薄めていると、思われます(多分・・・)。

えッ?第11話「バレンタインの夜会」では、発砲シーンが!?


TVアニメ・シリーズ
『京都寺町三条のホームズ』DVD版



DVD第1巻

〈Amazonリンク済み〉



《原作小説シリーズとコミック版》


原作小説第1巻

〈原作小説第1巻~2018年9月現在10巻まで刊行〉


コミックス第1巻

〈コミックス第1巻~2018年9月現在2巻まで刊行〉


〈Amazonリンク済み〉


以下、本編クライマックス・シーンのネタバレとなりますので、当然経過と結果は省きます。
(ハテ?今までに、作品の物語に関して〈経過と結果〉にこだわった事って、有りましたっけ?)

一応、作品中に使用されたと思われる、実在する拳銃を挙げておきます。


全体がポリマーフレーム〈合成樹脂、所謂(いわゆる)プラスティック〉)製の為、「オモチャの銃」と当初揶揄(やゆ)されました。
ですが、現在ではその高度な実用性と耐久性が認められ、多くの国の司法機関や軍隊で正式に採用されています。

glock-17A.jpg

〈グロッグ17・実銃写真のハズです〉


ベレッタM9

〈ベレッタM92・実銃写真のハズです〉

現在最もポピュラーな銃で、アニメ作品中のシルエットに似ています。

他にも、合成樹脂を多用した拳銃の草分けと言われる、ヘッケラー&コッホ社製のVP70。
ただ少し特に銃口部分のシルエットが、似ていません。


HK・VP70

〈H&K・VP70〉


〈グロッグとH&Kを並べた珍しい写真です〉

HK70&Gl17A

こうして見ると、どっちもどっち、帯に短し
襷(タスキ)に長しとでも言いましょうか?


〈グロッグが実際に銃弾を発射した直後の状態〉
所謂(いわゆる)、ボルト・オープンです。

glock17オープン



〈グロッグとH&Kそれぞれホルスターに収まった状態です〉

glockとホルスター

HK・VP9ホルスターA


ちょっと断定は無理でしょうか?もちろん無理に断定する必要も、無いのですが・・・。








TVアニメ・シリーズ
『京都寺町三条のホームズ』

第11話「バレンタインの夜会」

タイトル


バレンタイン001

〈完全にアガサ・クリスティの世界、そして日本探偵アニメの
定番「この中に犯人はいる!」と言う画面構成の再現です。〉


バレンタイン003

〈いよいよ本命?の御登場です〉


バレンタイン004

〈この派手な出で立ちと笑顔は本来の、弱気な資質と態度を
隠す事が目的だったそうですが、今回はどうなのでしょう?〉


バレンタイン005

〈何でここで、御当人が登場する事で出席者が動揺するので
しょうか?元々、命に別状無く復帰できた「快気祝い」という
言葉もありましたが・・・伏線になっていませんねェ~〉


バレンタイン010

〈それよりも見物はこれからで、派手な衣装の裏側に
うまく隠されたヒップホルスター。これは、360度
取り付け可能な小型軽量の優れものです。〉


バレンタイン011


バレンタイン012

〈手慣れた動作で、スルリと抜くところところから、彼女の慣れを感じます〉


バレンタイン013

〈ちょっと残念なのが、彼女は人差し
指でガッチリ引き金を握っています。〉


バレンタイン014

〈ここからが演出の妙なのですが、前の場面と異なり引き金
から指が離れています。本来これが正しいのですが・・・〉


バレンタイン015

〈反転画像からは、一気です!指が引き金に掛かります。〉


バレンタイン021

〈指が引き金を引ききり、銃口から弾丸らしきモノが飛び出すと
同時に、同じく銃口から何か吹き出します。本来であれば、
マズルフラッシュ(銃口からの火炎)のハズですが・・・〉


バレンタイン022

〈弾道は過たず(あやたまず)、目標の眉間に突き刺さり
ます。実銃で実弾を発砲すれば、間違いなく大惨劇です〉


バレンタイン023

〈ここでシルエットながら、銃口から煙の様なモノが立ち昇り
ます。引き金から指は放されています。ですが発砲からこ
こまで、銃口の位置が変わっていませんし、上部のスライド
が後退した様子もありません。しかし展開の早さで、実銃が
発砲されたという雰囲気は充分です。〉


バレンタイン024


バレンタイン025

〈と言う訳でこれは、これは日本が世界に誇る成人用玩具銃。
現在はサバイバル・ゲーム(サバゲー)などでお馴染みの、エ
アガンあるいはガス銃。圧縮された空気やガスで、ゴム製の疑
似弾を発射するというモノで、その本物よりも本物らしい造形と、
ゴム弾とはいえそれなりの射程と威力を持つ事から、サバゲー
などの対人相手の使用には、まず相手に防弾ゴーグルの着用
などが、厳しく定められています。もし街中でいきなりこれを取り
出して、人に向ければ場合により警官の拳銃実弾が、自分に向
かって飛んで来る事になります。〉


バレンタイン030

〈めでたく、目的を果たした彼女は高笑いです。相手に当たっ
た時に、何か飛び知った様な描写がありました。しかし、当たっ
た当事者には額に赤いアザが残っただけです。サバゲーなど
の場合、当たった瞬間にペイントや粉末が飛び散り、命中の証
拠となるモノもありますが、元々高価なゴム弾が更に高価にな
る事と、全ての銃製品で使用できる訳では無いようです〉

さてこの時に使われた、エアガンの元になる実銃ですが、全体が見えるのは1カットだけで、特定は難しいと思います。
元々「オモチャみたいな銃」と言われた、グロッグ17ですがなんと言っても全体のシルエット。
特に銃口とその下の部分が垂直で、直線的なところはシルエットはよく似ている気がします。


glock-17A.jpg


〈グロッグ17の実射映像〉



この様に、実銃を用いた銃弾射撃は幾ら小さくともそれなりの反動を伴います。
その上、自動拳銃(オート・マティック)で有る限り一部のモノを除いて、薬莢をはじき出し同時にその為の発射ガスの後退という副産物の結果。少なくない煙を立ち昇らせます。当然暗い場所であれば、「マズル・フラッシュ」と呼ばれる火薬燃焼時の炎が銃口と場合によっては、エジェクション・ポート(排莢口)などからも一瞬光って見えます。

当然、日本でいかに成人が合法的に、高額を払おうとも入手できるのは模造銃で、圧縮された空気やガスが専用ゴム弾を発射するモノです。
ただいかに高額でも玩具に過ぎないとは言え、10メートル程度の有効射程距離を持ち、それだけで空のアルミ缶を打ち弾く(穴は開かなくとも、充分凹みます。)威力がある以上。TVアニメ・シリーズ「ソード・アート・オンラインⅡ」でも描かれていた様に、決してフザケテでも銃口を他人に向けるモノでは無いと思います。


ソード・アート・オンラインⅡ
第14話「小さな一歩」より

SAOⅡ001


SAOⅡ002

幼い時の体験が元で、異常に「」に対して、恐怖心を覚えるヒロイン。
GGOの物語の中で、それは克服されたのか?指鉄砲で彼女を脅し続けていた、不良〈?〉三人娘のボス的な娘が最近反抗的なヒロインに向かって、兄から借りた模造銃(エアガン)でより強烈に脅そうと、鞄から抜き放ちます。


SAOⅡ003

構えは様になっていますし、兄から教わったのか第1弾を発
射する為に、スライド後方の撃鉄がちゃんと起きています。
ですが、セフティ・ロック(安全装置)のレバーが、発射位置に
はありません。


SAOⅡ004


SAOⅡ005


イヤほんと、この作画担当の綿密な事。銃口が2重になっていて、内側の金属バレル(銃身)をその外側に密着して、本物そっくりの合成樹脂製の銃身が、覆っている事が分かります。
そして、実銃には不可欠なライフリング(金属製の実弾を、直進させる為に刻まれた)銃身内部を斜め平行に走る、刻みの凹凸が銃口部分に見えません。エアガンは圧縮空気を利用して、ゴム弾を発射するので刻みは空気漏れの害
にはなっても、有っても意味は無い上に法律で「観賞用の本物そっくりのモデルガンであっても、銃口と銃身内は塞がれていなくてはならない。」この為、観賞用に海外から銃身や機関部を潰された、本物を個人輸入しても、税関で厳しく取り締まられます。むしろダミーでも、可動部分がそれっぽく動く、国内産のモデルガンの方が、マシなくらいです。



SAOⅡ010

しかし今のヒロインは、心中では震えて
いても、外に怯えた様子は見せません。


SAOⅡ011


SAOⅡ012


SAOⅡ013


SAOⅡ014

何度引き金を引いても、ダメなものはダメ!


SAOⅡ015

兄からの借り物が、動かない事もあってかパニックになる娘。


SAOⅡ020


SAOⅡ021

その手から、優しくしかし素早く銃を取るヒロイン。


SAOⅡ022


SAOⅡ023


SAOⅡ024


SAOⅡ025

実に鮮やかな、ガン・スピン。自動拳銃の場合、普
通はやってはいけません!暴発の危険があります。


SAOⅡ030


SAOⅡ031

セフティ・ロックの説明をした後、彼女は改めてレバーを押し上げ、ロックを解除します。
もちろん、引き金に指を掛けていません。その上で、銃をじっくりと見て、「コルト・1911・オートか、お兄さん良い趣味しているね。」と、銃と持ち主のセンスを褒めます。
ちなみに、コルト・1911・オートとは通称「ガバメント」。史上初めて、45口径の45ACPと言う自動拳銃用の大型銃弾を使用し、1911年に米軍の正式採用拳銃となりました。1985年に米軍が、正式拳銃としてベレッタM92を採用するまでの、ほぼ1世紀近くをアメリカともに歩んだ、まさに拳銃のレジェンドです。
使用カートリッジの45ACP(オート・コルト・ピストル)を開発し、その強力な銃弾を使用する自動拳銃を産みだした人こそ、自動銃器の天才ジョン・M・ブラウニングその人でした。


SAOⅡ032


SAOⅡ033


SAOⅡ034

周囲を見渡すと、ちょうど10メートルばかり離れた場所に、予
め用意されていたかの様に、台座の上に空き缶があります。
素早く狙いを定めると、引き金を引きます。


SAOⅡ035

何か有り得ない角度から、銃弾の
弾道らしい線が描かれています。


SAOⅡ036

銃口から、残ったガスが煙の様に漂います。


SAOⅡ042

ゴム弾に隅でも弾かれたのか、空き缶が綺麗に宙に舞います。


SAOⅡ043

てっきり次の標的は自分たちかと、怯える女子3人組。


SAOⅡ044


SAOⅡ045


SAOⅡ050

「お兄さんの言う通り、人に向けるものじゃ無いネ」と言い
ながら、優しく丁寧にエアガンを返すヒロインに驚く不良娘?


SAOⅡ051


SAOⅡ052

思わず力が抜け、膝が折れる様に
崩れ落ちるボス格の不良娘。


SAOⅡ053

地面に、座り込みます。


SAOⅡ054


SAOⅡ055

共に座り込む二人と共に、呆然とヒロインの背中を見送る、
不良娘?三人組、尤もこの時はヒロインも一杯一杯でした。

つまりこれは、『京都寺町三条のホームズ』でやったように、いかに復讐?が目的であれ、エアガンやガス銃を人に向けてはいけない。
ましてや実際に発射して当てた場合、当たり所によれば取り返しの付かない、事態になるかも知れません。更にこれが不法改造のような事をして、ガスの圧力を上げたりゴム弾をもっと堅いもの。プラスチック製や、先端に金属の棘のようなモノを付けるなどする事は、完全に犯罪行為となります。









関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 推理漫画
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
WEB拍手
管理人のみに宛てて、メッセージもおくれます!
ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます


《何回でも拍手出来ます!》

line
メールフォーム
管理者のみ閲覧用

名前:
メール:
件名:
本文:

line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数



《投票所》
無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line