困った事にTVアニメ・シリーズ『進撃の巨人』にさほど盛り上がりません。むしろ『翠星のガルガンティア』の方に期待しています。




進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [DVD]進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [DVD]
(2013/07/17)
梶裕貴、石川由依 他

商品詳細を見る


進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
(2010/03/17)
諫山 創

商品詳細を見る


翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 2翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 2
(2013/09/25)
石川界人、金元寿子 他

商品詳細を見る


原作マンガも話題を集め、まさに待望のアニメ化……なのですよネ、『進撃の巨人』は。
ところが困った事に、そもそも原作からですが、ほとんど興味を惹かれません。もちろん好き嫌いや、趣味の問題もあるのでしょうが、このお話は前提となる設定が自体が、まるで理解できません。
つまり大雑把に言ってしまえば、ファンタジーなのかSFなのか?一体舞台がどういう世界なのかが、まるで理解できません。もちろん、理解できない方が悪い!どの様な物語りでも常に、その世界観を共有する必要は無い!!と、言われてしまえば終わりですが……。

その結果、どうしても登場人物達に、何の思い入れもできません。
特にTVアニメ・シリーズとなった場合、その出来が良いと当然のように、人物に見入ってしまいます。しかし、設定という前提の部分でそれが阻害されると、せっかく「カッコイイ」とか「カワイイ」とか思っても、それ以上の感情移入が出来無くて、むしろ「これは作品全体が何かの謎掛けなのか?」とすら、思ってしまいます。
そもそも本当にこの物語の「人類」とは、この場所にいる人々で全てなのでしょうか?そして当然のように出て来る、この世界の自然法則すら無視した、まるで天からの災厄を具現化したかのような、《巨人とは何者なのか?》あるいはそれが、この物語のテーマに結び付いて居るのかも知れませんが、余りにも分から無い事だらけです。

せっかく音楽と言い、動きといい、背景といい、とにかく出来の悪いところを探す方が難しい!とすら言えるアニメ作品なのに、その「理解の前提」が、「理解できない!」では、お話になりません。
一番困るのは、本来この手の物語の不変のドラマツルギーとも言える、「敵の正体を知る、探る、追求する楽しみ!」が、ほとんど得られないのですから、頭が痛くなります。

ただ人間の体、それも男性を巨大化しただけにしか見えない「巨人」は、どうやらこの世界の設定上の「生物」ですら無いようです。
更に男性形態のみであり、生殖能力や繁殖能力はなく、人間を食べている時以外では、何をしているのかも不明!さらに、人間以外を食べるのかどうか?少なくともそのような描写は、今のところアニメでは描かれていません。もちろんどこから来るのか、どうして来るのか等々の、あらゆる根元的な原因が不明!というのでは、もはや物語りそのものの存在意義が、不明です。
なぜなら、解決策……即ち、必要最低限の生き残り策が、見えて来ないのですから。もっとも、「いやこの物語は、それを探す物語なのだ!」という意見もあるのでしょうが、それにしては相手の正体が、訳が分からな過ぎです。


というような勝手な解釈の続きしか有りませんので、
お気を悪くされても責任は持てません。



では、『翠星のガルガンティア』はどうか?
この作品は、知る限りアニメ・オリジナルな作品で、原作のようなものは存在しません。従って、通常の方法ではこの先の展開は、予想不可能ですが物語としての設定は、明解にSFです。このわかりやすさ(設定のシンプルさ)が、『進撃の巨人』と大きく異なっている部分です。

更にそのSF設定も、これまでの作品展開を見る限り、非常に単純で余り複雑な構成ではありません
要は何等かの理由で、地球が大氷河期を迎えた人類は、その全てが凍て付く前に、宇宙へとその生存の可能性を求めて、進出したようです。この宇宙進出を果たした人類は、地球と同様の生存可能惑星を発見する以前に、異形の知的生命体と遭遇し、実はこの辺の理由が曖昧で不明なのですが、なぜか存亡を賭けた戦いを繰り返す事になります
どう考えても、逃げるとかその生命体の存在しない宇宙に、活路を求めるとかという、無難な選択肢があったような気がしますが、何等かの理由で戦わざるを得ない、状況になったようです。それもなぜか互いに、その存在を宇宙に認められない、殲滅以外の選択肢が無いかのような、特殊な状況となっています。
ただ主人公の世代には、もはやそのような理由は問題にさえされな。つまり忘れ去られた過去として、現実の人類社会は戦闘を目的とする、効率優先の純戦闘組織体へと、変貌しています。
そんな中で全人類は宇宙に脱出し、地球は寒冷化した死の星となった教えられていた主人公が、事故で偶然にも現在の地球へと飛ばされます。そこは寒冷期が過ぎて、惑星全表面がほぼ海中に没した形の、地球でした!そこには、恐らく脱出以前と比べれば圧倒的に少数でしょうが、生き残りの人類が居ました。そして、その水の惑星の海面を漂う船団を作り、移動しながら生活する、水上生活者としてそれなりに発展しています。

この段階で、宇宙進出した人類の歴史改竄が行われていた訳ですが、純戦闘員としてのみ育成された主人公には、余り興味ある事実でありませんでした。
ですが、現在の地球の海中には自分達か相手か、どちらかが殲滅しない限り、自分達の未来は無いと信じて戦っている相手と、同種の生物が海中生活に適応して生息している事を知ります。この辺で主人公に、戦う事以外の柔軟な考えが出来れば良かったのですが、何しろ磨き抜かれた純粋培養の戦闘員ですから、その前に「戦い殲滅する!」事が重要となります。

さてこの辺で、いわゆるタイムパラドックス的な人類と、異類生命体の海中から宇宙への進出が、実は主人公達の出現によって為されたとか、他の理由によるものとか、幾らでもSF的な展開は考えられます。
ただ1番大きな問題は、実はそれほど高度で科学的な問題でも、そもそもの発端物語りでも無いのです。ここまで描かれれば充分理解できるように、この物語に於ける最大の問題は、まさに今も昔も変わらない永遠不滅の人類の命題、《価値観の差》ってヤツです。
これバッカリは、同じ人類同士で幾千年に渡っても、解消できない!人類史上最大の、《諍いの種!》って、ヤツです。

海上での船団生活という、本来で有れば不適応な自然条件に、何とか適応して生き延びて来た、現在の人類社会にとって、最大の価値観は人間同士であろうと無かろうと、まずは「共存共栄!」です。
ところが、宇宙に進出し異種生命体の交戦の歴史を積み重ねた、純戦闘種族化した人類にとって「敵とは殲滅対象以外の何ものでもない!」と言う事です。これはもう、対立概念以前の問題と言えるでしょう。
そうここではまさしく、『進撃の巨人』の「巨人」こそが、宇宙進出した人類と言っても、いいかも知れません。ただし、『翠星のガルガンティア』における、水上生活人類はただ巨人に蹂躙されるだけの、「壁の中に隠れ住むだけの人類」では、ありません。
「共存共栄!」という理念に従うので有れば、その為のいわば生存のための戦いを、躊躇する事は無いでしょう。そうでなければ、自然の恩恵としての魚介類。魚やその他の生物を捕らえて、食べる事は出来ません。

という訳で、今後の展開がどうなるのかは、当然分かりませんが、現時点(8話前後)で分かる事は、『進撃の巨人』はまるで先の展開が読めないし、これまでの展開も理解できません。
しかし『翠星のガルガンティア』は、SFとしての突っ込みどころはともかく、これまでの展開の状況は理解できるし、何よりも主人公の気持ちが分かります(共感するかどうかは別にして……)。
そして有る程度、今後の展開も人間または人類同士のドラマとして、予想と理解が出来る展開であるという期待は、間違いなく持てます(もっとも得にSF作品の場合、これを裏切られる事は日常茶飯と言って良いのですが……)。
現在のTVアニメ・シリーズ進撃の巨人』の最大の問題は、これはかなり局所的で、意味のないことかも知れませんが……。
あれだけ生臭く人の生死を描き血と肉片を描いていながら、なぜあれだけ大きな「巨人」達の死体からは腐臭がしないのか?

いやそもそも、あの巨人達は生物ですらないのだから、どんなに人間に似ていてもそれは姿だけで、死んだら(活動が止まったら?)煙となって消えるだけで、腐る事も朽ちる事も無い。
と言うのであれば、「なぜ人間を喰う?」最初の疑問に、戻ってしまいます。この世界の設定では、最初から人間もまた腐る事も、朽ちる事も無い生物だ!として、描かれているので有れば別ですが……。
喰われた人々は、どこへ行ったのでしょう?

翠星のガルガンティア』では、既に海中に済む生物と宇宙で人類と戦っている生物が、生物学的にはほぼ同じだと言う事が、早々と明らかになっています。
それに、ガルガンティアの世界はその言葉もあるように、確かに「臭い」と言える匂いが、存在する世界です。それは、あの宇宙生物と同じ海中生物もまた、同じであろうと思われます。
ほぼ真空で、いわゆる無重量の宇宙空間では、基本的に「腐る、朽ちる」という現象は起きません。そこを狙ったとすれば、やはり『翠星のガルガンティア』侮り難し!です。




オマケ〈彗星のガルガンティア
第8話離別
(リンク切れ御免)




関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 進撃の巨人
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line