風前の灯火か?日本のアニメやマンガ文化!『フリージング』と言うアニメに見せる、究極に近い製作側の規制配慮は、何を語るのか!?



フリージング』と言う、アニメ作品があります。
2011年01月から04月まで、AT-X他にて放送されました。この秋(2013年10月より?)には、第2期が放映されるという事で、再びAT-X他にて再放送がされています。
それを見て思い出したのですが、過去にこの作品の余りの規制の激しさに、ブログの記事として取り上げました。

《規制があると明らかに◇♂☆▽♀!》TVアニメ・シリーズ「フリージング(Freezing)」の自主規制について……配信画像には、どこにも規制がない!(リンク済み)

ただこの記事には、ブログ引っ越しの時の後遺症で、画像がありませんので、かなり内容が分かり難くなっています。
そこで、ここでもう一度規制が入った場合と、入らなかった場合それぞれの画像を、比較検討してみます。ちなみに、この場合規制は常に飽くまでも《自主規制》ですので、それがどれだけ作品を無意味にするかが、分かっていただければ良いと思います

フリージング コンプリート DVD-BOX (全12話+OVA6話, 272分) アニメ [DVD] [Import]フリージング コンプリート DVD-BOX (全12話+OVA6話, 272分) アニメ [DVD] [Import]
()
不明

商品詳細を見る


今回は《自主規制表現》のみに特化して、
御紹介いたしますので、作品本編に関しては触れません


ここで御紹介するTV放映版第1期シリーズの、第8話はほとんど本編とは無関係の、いわゆる息抜き回?で、お遊び要素が強い為に、逆に規制されやすい場面が増えています。
ここで重要な事は、「で、ここまで隠せば『どーしてもこの下が見たいと、ビデオの売り上げが増える!』と、製作者はともかく販売側は本気で考えたのか?」と、言う事です。
本気だとしたら、そもそも映像作品を販売する能力に、問題があるとしか思えません。そして、これがいわゆる「当局による本当の規制(R-18指定等の本当の販売規制)を危惧した結果、製作現場の意向とは無関係に、勝手に自主規制したのだとしたら、それがどれだけ作品を無意味なモノにするのか!?の、実に良い見本だと思います。
これで、「規制強化が創作の現場に影響を与えるとは思えない!」などとしたり顔で言う人がいるとしたら、それは作品を観る目が違っているか、興味の無いシロモノならば、どうなろうとも構わないと言う無責任な人でしかないと思います


全て『フリージング第8話
〈配信映像なので規制は有りません〉



〈リンク切れの際はお許しを!〉

-----------------

規制光線入り無しの比較です。
光線入りが現在(2013年07月)再放映中です!


フリ8-00

フリ8-A00



フリ8-01

フリ8-A01



フリ8-02

フリ8-A02



フリ8-03

Fr8-002.jpg



フリ8-04

フリ8-A04



フリ8-05

フリ8-A05



フリ8-06

フリ8-A06



フリ8-07

フリ8-A07



フリ8-11

フリ8-A11



フリ8-09

フリ8-A09



フリ8-10

フリ8-A08



フリ8-46

フリ8-A46



フリ8-47

Fr8-030.jpg



フリ8-48

Fr8-031.jpg



フリ8-49

Fr8-27.jpg



フリ8-50

フリ8-A50



フリ8-51

フリ8-A51



フリ8-52

フリ8-A52



フリ8-53

フリ8-A53



フリ8-54

フリ8-A54



フリ8-55
フリ8-A56

〈ラスト・シーンはオマケです。以前に見た記憶が
無いのですが、最後はやはり女王を救出して(この
瞬間一時的に周囲の人々の記憶と行動を封じます)
ここは二人にとってのハッピー・エンドでしょう!〉

フリ8-A57

それにしてもラスト・シーンはともかく、いったいこの奇怪な規制光線に、何の意味があるのでしょうか?
裸だろうが、ドレスを着ていようが、とにかく「胸と股間の素肌が見えたら規制!という、この徹底ぶりはいっそお見事です。ちなみに、この状態でも内容を理解できるという人は、作品の関係者か(原作を知っているとか……)が、余程の超能力者でしょう。

特にこの第8話は本筋とは直接関係の無い、お祭りですのでかなり《アニメ・オリジナル》が多いようですが、これで納得できたら逆に尊敬していまいます。


フリ8-42


フリ8-43


フリ8-0094


フリ8-13


フリ8-28


フリ8-29


フリ8-30


フリ8-31

〈ほとんどなぜ規制光線が光っているのか分かりません!
どんな場面で誰が何をしているかは、映像で確認して下さい〉

-----------------

放送局のBS11デジタル公式ホーム・ページリンク済みに見事に一言で言い表した、コメントが寄せられていました。

何かわからないけどまぶしいアニメですね。」

実際のところどういう意図で、ここまで極端な規制を掛けたのかは分かりませんが、法律や公的な表現規制」の可能性がある限り、バカげた過剰な自主規制も、どこまで広がるのかは分かりません。
その可能性がある限り、必ず製作現場や販売・放送する側としてはなるべくリスクを回避したいと思うのは当然の事でしょう。その為に、作品の内容が変質し製作者達が不自由を感じ結果として萎縮し作りたいモノを作ろうとしなくなればその時点でマンガやアニメの根は簡単に絶たれてしまいます

創作ジャンルは、熱帯雨林のジャングルに似ています。
鬱蒼と繁り、地面には太陽の光も届かないほど、植物が繁茂していても、実は不毛な台地の上に、ほんの少しの腐葉土が被さって、支えているだけなのです。豊富な自然の作用による雨と、強い陽差しがその腐葉土を育てる植物達を、育てています。
しかし何かのバランスが崩れて、森の一角が崩壊すると、いともアッサリとそれまでは恵みの雨だったモノが、強い水流で軽く柔らかい腐葉土を押し流し。照りつける陽光が剥き出しとなった、台地を乾いた不毛の土地へと変貌させて行きます

その為に必要な力は、ほんの少しで良いのです。
同じ事が、一人の天才によって一代で築かれた!だからこそ繊細で脆弱な土台の上に成り立つ、アニメやマンガ産業はもちろん、ゲームやそこから派生する様々な創造物は、実は本当にはかなく脆いモノなのです。そしてその歴史の浅さが、文化的価値という名の政治力はもちろん実際に成果を上げている輸出文化としての経済力までも軽く見られています
一番の大きな理由は、この若く脆い新しい文化産業には、有力な企業や古くからの実力者との関連が、まるでありません。要するに政治的にも経済的にも、現在の実力者や社会を動かすような団体との関係が希薄で、分かり易く言えば無くなっても困る政治家も経済人も、あるいは影響力のある学者や有識者も、ほとんど居ないのです

困る実力者や大企業が無い以上、社会的な問題が起こった時に真っ先に血祭りに上げられる存在です
まさに格好の、〈犠牲の羊〉です。いつ何時でも世間の注目や社会問題から目を逸らせる為に今まさに着々とその為の準備が行われていると言っても、言い過ぎにはならないでしょう。
日本で唯一の日本が独自に作り上げた、例えその多くを一人の天才の才能に負っていたとしても、今や世界が認める日本の二大輸出文化産業なのです。そして、商業としての創造文化作品とは1本の傑作の影に何百何千という駄作や習作が、山と積まれて初めて生まれものだという事実は、既にハリウッドが映画産業で実証しています

そして、ハリウッドほどの社会的影響力を持たない日本のマンガやアニメ文化は文字通り今や風前灯火と言っても、間違いではないと思います。



〈リンク切れ予備?かな・・・〉


akibakei1

フリージング第8話

関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 児ポ法・メディア規制に反対です!
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line