劇場版アニメ『風たちぬ』喫煙場面問題に関して。




全文無断引用http://www.nosmoke55.jp/action/1308kazetatinu.pdf(リンク)〉

2013年08月12日


映画「風立ちぬ」制作担当者 様


日本禁煙学会 理事長 作田学


『映画「風立ちぬ」でのタバコの扱いについて(要望)』

映画「風立ちぬ」なかでのタバコの描写について苦言があります。現在、我が国を含む177か国以上が批准している「タバコ規制枠組み条約」の13条であらゆるメディアによるタバコ広告・宣伝を禁止しています。この条項を順守すると、この作品は条約違反ということになります。(別冊をご参照ください)
教室での喫煙場面、職場で上司を含め職員の多くが喫煙している場面、高級リゾートホテルのレストラン内での喫煙場面など、数え上げれば枚挙にいとまがありません。
特に、肺結核で伏している妻の手を握りながらの喫煙描写は問題です。夫婦間の、それも特に妻の心理を描写する目的があるとはいえ、なぜこの場面でタバコが使われなくてはならなかったのでしょうか。他の方法でも十分表現できたはずです。
また、学生が「タバコくれ」と友人にタバコをもらう場面などは未成年者の喫煙を助長し、国内法の「未成年者喫煙禁止法」にも抵触するおそれがあります。事実、公開中のこの映画には小学生も含む多くの子どもたちが映画館に足を運んでいます。過去の出来事とはいえ、さまざまな場面での喫煙シーンがこども達に与える影響は無視できません。
誰もが知っているような有名企業である貴社が法律や条約を無視することはいかがなものでしょうか。企業の社会的責任がいろいろな場面で取りざたされている昨今、貴社におきましてもぜひ法令遵守をした映画制作をお願いいたします。
なお、このお願いは貴社を誹謗中傷する目的は一切なく、貴社がますます繁栄し今後とも映画ファンが喜ぶ作品の制作に関わられることを心から希望しております。
どうぞその旨をご理解いただき、映画制作にあたってはタバコの扱いについて、特段の留意をされますことを心より要望いたします。



と言う実に穏当で、妥当な御意見ではありますが、
個人的にはやはり「的外れ」で、「余計なお世話」で有る上に、
こうして文化は死んで行く」と、言わざるを得ません。


この声明文が、極めて穏当で作品そのものは尊重しながら、言うべき事を言うという点に関しては、実に全く文句の付けようがありません

しかし、次の点で大きく間違っていると、言えると思います。

1.創作作品の内容表現に関係者でも無いのに口を出すべきでない。
どの様な団体であろうと、あるいは偉大なる個人であろうと、「自分ならこうする~」的な発言は飽くまでも、個人か内輪の感想としてのみ成立するのであり。
それは正当な鑑賞手続きをした者のみの特権であり、全く関係の無い第三者が作品とは異なる次元の、どのような根拠であろうと、それを元に勝手に作品内容の改竄を提案する権利はないッ!
これは大袈裟ですが、「表現の自由」に関わる問題です。

2.どんな創作物であれ法律や条令などの強権を背景に内容に関与すべきではない。
まァ、これをやったらお仕舞いですが、まさに「表現の規制」です。
今まさに、話題の「児童ポルノ規制法改正案改悪論!」ここに、関わりがあります。どの様な規制であれ、一旦「過剰な表現は規制する」という決まりが法律や条令で決まると、それを取り締まる人々が誕生します。しかし、このような「表現やそこに込められた思想や信条、考え方」のどこに線を引くのか?
その無意味さは、小説ではそれ以来起訴そのものが無くなり、写真では「どこまで見えるのか?」で常に問題となる「チャタレイ夫人の恋人猥褻物陳列罪。を巡る警察や検察。及び裁判所と出版社との不毛とも言える攻防……。
厳密に解釈すれば、猥褻物とは人間の性器であり、女性の胸がこれに含まれるか否かは、法律的解釈と医学的解釈で大きく別れますが、現在の日本の法律上は「乳首と断定出れば猥褻」なのだそうです。
つまり人間同士が、性交の上で女性の子宮の中で受精し、それによる女性の妊娠出産に至る、大変に日常的で社会的。何よりも、生命誕生という自然の神秘に対する畏敬と、その過程の生物科学的な不可思議を、最初の段階から「猥褻物」という、いわば汚物扱いをしているのですから、そこから教育的な解釈や指導に、展開のしようがありません。

並行して当然の事ながら、一旦規制されればそれを根拠に拡大解釈はドンドンと進み、今回の作品内容にほとんど意味の無い様な、真面目な団体からの真面目な声明文!
この声明文自体は、《議論の対象》としては、とても良いと思います。まさに学校で映画鑑賞をした後に、この声明文を児童や生徒に読ませて、喫煙に関する理解を深める教育には最適だと思います

しかし実際には、そうはならないのです。
この声明文にも有る通り、一旦決まりが出来てしまうと、何であろうとその《表現》は《悪い事》になってしまいます。非常に日本的で従順な、《悪を描く事は悪》という考えで、納得されてしまいます。
それが、現在審議されているはずの《児童ポルノ法改正案》の最大の問題である、《表現規制》なのです。

マンガであれイタズラ描きであれ、《児童の裸を描いたら犯罪》という、無茶苦茶な表現規制です。
自分の子供はもちろん、関係者で保護者の諒解と注視の下でも、写真や動画撮影はもちろん、何と《絵画の作製》まで、犯罪となります。当然、彫塑彫刻も、同様です。
では現実にはモデルが存在しない場合、有名な藤子・F・不二雄氏のマンガでアニメにもなった、「エスパー魔実」のヒロイン魔実の父親は画家で、いつも娘・魔実のヌードをデッサンしたりしていますが、当然彼は逮捕されるはずです。
これは、作品内では実の娘ですが、作品そのものが《非実在世界》であり、その中での描いて描かれてと言う事に関しても、まったくの《フィクションであり実在の人物や団体とは全く関係有りません》ですが、それを『現実に表現した創作者は犯罪者』では、誰がどう見ても完全無欠の《表現の自由に対する規制》でしかありません。
そして、なぜ「表現の自由を規制すのが危険なのか?」それは、「なぜ表現するか?」を考えれば、簡単に分かる事です。
そこには個人や集団の考え、思想や信条、信念や願いという様々な想いが、形となって現れているからです。それに規制、つまり全く関係の無い第三者が、非常に曖昧な基準を元に結果として《良し悪しを判断する》歴史上何度も繰り返された、「思想・信条の自由を弾圧」する、尤も効果的な第一歩です。
ここから、一気に人の考え方や精神性を、《公共の名の下に》に、統制という名で弾圧し、押し潰す事が可能となるのです。だからその1歩は譲れません!

今回の声明文が持に良い見本です
作品に対する敬意と、製作者への制作態度に真摯なまでに、配慮しながらもいつの間にか《自分達が判定者》になり、国際的な基準や法律等の規制を背景に、製作者や製作の現場に圧力を掛ける
それが善意で有ればあるほど、始末が悪い事になっていまいます。何しろ、当事者は「正しい事、良い事」をしているつもりですし、あるいは本当に見方を変えれば、そうかも知れません。しかしその事実は、その当事者のと当事者の周囲のみならず、他へも波及効果を上げてしまいます。


「あれほどの作品ですらダメなら、こんな作品ではこういう表現はダメだな」という、暗黙の圧力による、見ない形無き規制が、本来の作品のあるべき形を歪めてしまう。
全ては結果論ですから、出来た作品が取るに足りなければそれで終わってしまいますが、もしかするとその事さえなければ、別の結果があったかも知れない。そして何よりも、作り手の主張が作品のテーマが、伝わらなかったりテンションが下がったり、挙げ句は歪んだりする可能性もあります。だとすれば、そもそもそこから、派生するはずだったモノや、事が伝わらずに終わる事が、どれほどの問題を孕んでいるのか?

規制を望む人々は、『創作する事を規制するのではなく』飽くまでも、作られたモノに問題が有るのか無いのかから議論し教育に生かすところから、初めて貰いたいものです。


関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 児ポ法・メディア規制に反対です!
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line