京都の街を舞台にした『有頂天家族』に叡山鉄道、略して「叡電」が出た!!



京都市の北部、鴨川と高野川の合流する「出町柳」を始発とする、ローカル鉄道に《京福電鉄叡山鉄道」》及び、途中「宝ヶ池」駅(国際会議場が最寄りとして有名)より分岐し、単線の「岩倉」駅行き鞍馬線となります。
大河ドラマで、「源義経」がこの終着駅が最寄りとなる鞍馬寺で修行した事が知れて、少しは有名になったそうです。また鞍馬の火祭りの時は、大変な混雑となりますが、普段は実に簡素な路線です。

叡山線(もちろん叡山とは比叡山の事で、京都市側から比叡山の延暦寺に詣出るには、尤も便利な公共交通手段です。なお、京都では古くから「比叡山」の事を叡山と呼んでいます)は、「宝ヶ池」駅より分岐し、複線のまま比叡山入り口でもある「八瀬」駅へと向かいます(提携関係にある八瀬遊園の最寄り駅でもあります)。
基本的には、こちらが「叡山線」略して「叡電」なのですが、諸事情時により京都市内では昔ながらに「叡電」と呼ぶ人の方が多いようです。でも、新しい車体にはローマ字で「EIDEN」の文字があります?よくわかりません??

京都アニメーションが台頭した為か?近年では、「けいおん!」などとのコラボレーション企画で、新型のキララと名付けられた車両に、期間限定の装飾を施したりしてアニメ・ファンにも馴染みを増やしているようです。
そしてついに、現在放映中の『有頂天家族』にも、かの「叡電」が登場しました。
呼び名こそ、「叡山電車」でしたが、その正面や車内の描写は紛れも無く、在りし日の「叡電」そのものです。何と言ってもその特徴は、市営の路面電車と共に消えた日本最後のポール式集電機
ポール式集電機とは、現在の電車の特徴である頭上にある送電線からの、走行用のモーターの電源を集めるパンタグラフの代わりに、長い棒の先に付いた回転する滑車で、集電するモノです。
その構造上、走行車両の前方では使用できず、必ず後方にセットされます。その為、常に前後双方向に設置されています。当然、走行中は進行方向のポールは畳まれていて、終着駅で前後を入れ換えます。

この入れ替え作業、丁度手動で行く先の変更をするのと同じように、乗務員が手動で前後が逆転し今度は前方になる、それまでの後部で寝ていたポールを手動操作で外し、上に揚げます。
それが終わると、また手動でそれまで上がっていた、今度は後方となるポールを巻き上げるのです。このような構造の為か、このポール型車両は最大でも2両連結で、しかも当初は車両間に通路がなかったので、双方の行き来が出来ませんでした。


という訳で?どうせ深夜の市中を徘徊する
幽霊電車ゴッコならば、是非是非に路面電車にして
欲しかったの願うのは、我が儘でしょうか!?






これぞ懐かしの叡電!良く残っていました!
よくぞテレシネで
デジタル化して下さいました!!



〈お世辞にも情緒はないッ!「けいおん!」の街モデルが
京都洛北だって、御近所様以外で気が付きますかねェ~?〉

叡電03
〈有名な「けいおん!」コラボの今の「EIDEN」です〉

でもダメですねェ~!

軽金属製冷暖房完備で、イベント・ラッピングまでされては、まったく「叡電鞍馬線」の趣(おもむき)がありません。同じ京福電鉄の有名な「嵐山線」の方はどうなのでしょうか?
なお、この「嵐山」も「あらしやま」と読むのが一般的ですが、地元の人は今でも「らんざん」と呼び「らんざんせん」と呼んでいます。ですが、そう言う人も減って来ているのでしょうねェ~。


〈今回の『有頂天家族
第8話父の発つ日」に登場したと思われる幻の旧叡電〉


〈旧叡電のポール式は前方のポールが倒れています〉

叡電021



関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : ローカル線の旅
genre : 旅行

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line