『マンガ論争9』通信販売のお知らせ:2013年08月20日「マンガやアニメは児童ポルノじゃないッ!」






▽「緊急特集 マンガは児童ポルノではない!」を巻頭に据えた、永山薫・佐藤圭亮・編 『マンガ論争9』 の通信販売取り扱い開始が告知されています。
▼Facebook: マンガ論争exp. https://www.facebook.com/mangarosohexp
▼永山薫@マンガ論争編集部 (Kaworu911) on Twitter https://twitter.com/Kaworu911

▽『マンガ論争9』 (永山薫・佐藤圭亮 編集、2013年08月発行) 概要
■緊急特集「マンガは児童ポルノではない!」: 児童ポルノ禁止法の与党改正案が衆議院法務委員会〔第183回国会〕に提出され、現在は継続審議扱いとなっています。子供の人権を擁護するための法律なのに、その改正案に反対する人が多いのは何故なのか?
 本特集では今年〔2013年〕に入ってからの経緯と、初めて興味を持った人向けのQ&A、国会における反対運動の牽引役である山田太郎参議院議員(みんなの党)直撃インタビューをはじめ、うぐいすリボン主催の論点整理講演会をコンプリート・レポート、表現規制反対運動の系譜など現状を知り、対話と議論を深めるための記事を満載。

■小特集「マンガ家さんとKindleさん」: マンガ家とKindleさんをはじめとする電書の熱い関係を探る特集です。
今回はいち早く電書で様々な試みをされているうめ(小沢高広)さん、鈴木みそさんのお二人に訊きにくいことも交えてインタビューしました。また、Amazonがアメリカでスタートした二次著作企画「KindleWorld」について兼光ダニエル真さんの論評を掲載。

■2013年上半期のトピックス: ▽「ヤングマガジン」の発売延期にまで発展した「手ブラ」騒動、▽森美術館「会田誠 天才でごめんなさい」展の巻き起こした波紋、▽TPP交渉と著作権、▽「アバンチュリエ」連載復活の森田崇さんインタビュー、▽市川孝一コミケット準備会共同代表インタビュー、▽「コミックメガストア」事件、▽京都と新潟に見る漫画文化事業、などなど。

■新連載: 中山蛙「蛙の漫画雑記帳」

■連載: あびゅうきょ「妄言通信出張編」

■漫画評論:批評の森: 岩下朋世(相模女子大学)「『世界』の描き分け、キャラクターの対話」

■表紙イラスト: 環望「(『ダンス イン ザ バンパイアバンド』よりミナ姫)」



参議院議員・山田太郎 オフィシャル WEBサイト

雑誌マンガ論争で児ポ法改正反対のインタビュー記事がのりましたリンク済み


マンガ論争9ミナ姫



もはや、一刻の猶予も無い事態です。
あの悪法(『ダウンロード禁止法』)のように、
ドサクサ紛れに安易に決定されたら事態は最悪です!
ダウンロード禁止法を畏れるが故に、日本のネット上では個人の
投稿動画から見事に!ポピュラー音楽が、流れなくなりました。
アニメ好きの、MAD映像の勢いもすっかり衰えました。
このような、非実在被害者に対して、
現実の犯罪者を作る法律!など、認められません!!



先日のコミケ前演説で山田太郎議員が演説されたように、
ここを正念場として動く必要があります・自県議員への反対の手紙や署名活動、デモ、反対集会や講演への参加、周知拡散活動等、やれることはいくつもあります。
「過激な言動はしない」「もう悪口を言っている場合ではない」「味方を後ろから撃つような行動を取らない」といった注意点を忘れず、各人で出来る活動を行っていきましょう。

〈ツイッター・クリック〉
Share photos on twitter with Twitpic



非常に上手く説明されているブログがありましたので、余計な事はせずに全文引用させていただきました。



真実を探すブログリンク済み』様より
全文引用!

 
漫画規制の裏に米国TPPと児童ポルノ改正案で漫画は潰される!TPP参加で同人誌は著作権侵害により"権利者関係なく"処罰対象に!(リンク済み)# 


日本人は日本に居るのでそんなに気が付きませんが、日本の漫画やアニメというのは今や世界中を席巻しており、文化の影響力を重視しているアメリカなどの国々から非常に警戒されています。
例えば、数億単位の部数を売り上げている人気漫画「ワンピース」なんかは、「子供に悪影響を与える」という理由で規制が酷いことになっているのです。(科学的には激しいコントの方が子供に悪影響を与える可能性が強いと出ているのにも関わらず、そちらは規制せず)


☆アメリカ版ワンピースが酷すぎると話題に 海外の反応
URL http://blog.livedoor.jp/janews/archives/6083329.html


アメリカという国はイメージを作り上げるために、ハリウッド業界などに多数の資金援助をしています。いわゆる文化戦争です。日本の漫画やアニメはあっという間に世界中に広がってしまい、今では海外でボーカロイド「初音ミク」のライブにアメリカ人が数万人単位で集まったり、日本のアニメが海外で最高視聴率を叩き出したりしています。


☆LAからリポート:「まだ震えが止まらない」――初音ミク初の米国ライブで何が起きたのか
URL http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1107/03/news001.html

☆アメリカ凄すぎ!ニューヨークの大学が初音ミクさんライブを開催!クオリティが本家を超えている!?
URL http://25sokunews.blog.fc2.com/blog-entry-105.html

☆【まどか☆マギカ経済圏】関連グッズの売上総額が約400億円に!
URL http://matomagi.doorblog.jp/archives/29335937.html


そのため、アメリカは日本の政治家に対して「マンガやアニメを規制しろ」と圧力を掛けてきており、数年前に話題になった「非実在青少年規制法」の話なんかも元を辿ってみると、アメリカやキリスト系の関係者に行き着きます。
つまり、日本のアニメや漫画が世界的に広がる→アメリカなどの国々は自国のコンテンツが圧迫される可能性と、日本の影響力拡大を恐れる→日本のアニメや漫画を規制させるというような状況なのです。
もちろん、アメリカ人の大半は日本のアニメや漫画には好意的なのですが、権力を握っている方たちが日本のアニメや漫画を脅威に感じています。
今話題のTPP条約にも日本の漫画やアニメを間接的に規制できるような法律が含まれていますが、これ決して偶然ではなく、「漫画やアニメを規制したい」というアメリカの目的が裏にはあります。


☆アニメや漫画に忍び寄るアメリカの脅威
URL http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n111813
引用:
現在、我が国におけるアニメ業界での例年の成長率はずば抜けて高い、欧州をはじめ、アジア圏そして欧米へと日本の独自の文化と言えるアニメや漫画が世界規模で進出してきた。

しかし繁栄している影でアニメの文化成長を不愉快に思う人間が徐々に高まりを見せている、特に杭の出て目立つのがアメリカの団体や宗教そして融資企業といった保守中心の業界団体である。特にメディアに対する、統制は厳しくグロテスク、フェミニズム、バイオレンスなどの分類がアメリカの法律の元、厳重に規制している。

そして3年前の春にある事件が発生した 。
それはアメリカの保守の団体などから日本政府に対し、アニメや漫画の表現規制を要求してきた。理由としてセクシャルな表現や暴力的なシーンを連想し性犯罪や凶悪犯罪の温床につながりかねないなどど根拠にもなくこのようなイチャモンをついてきた、そして規制するにあたってそのアニメの原点である日本に対してそのような表現の自由を損なうような重圧な要求をアニメ企業のみならず出版社や漫画家そして我々アニメファンやオタクに一方的に突きつけてきたのである。

もしこのような要求が政府のもとで成立されてしまえば、間違えなく 日本のアニメ産業は世界から突き放されアニメ業界そのものが衰退してしまう、
かつて80年代日本産業の礎であった自動車産業がアメリカの保守派が日本製品にボイコットされこれをきっかけに日本の自動車産業が衰退してしまったように、アニメもこのような状態に陥ってしまう危険があるからだ。

もし漫画やアニメが性犯罪の温床になっているのであれ、別に例えるなら”調理包丁は人を殺す道具になっているから、これからはコックだろうが料理人だろうが包丁を持っていれば殺人者
だと思え!”と言っていることが同じなのである。
:引用終了

☆TPP参加で「コミケ」はどうなる? 「2次創作」が罪に問われる可能性は
URL http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1304/17/news060.html
引用:
「現在コミケは夏冬とも50万人規模の入場者と3万5千サークルもの参加サークル数があり、世界でも例がないユーザー発コンテンツの祭典です。主催者側の調査では、そのうち75%前後が多かれ少なかれ既存のコンテンツのパロディ的な作品だと言われます。」

 こうした二次創作は、相当数が現行法では既存作品の無断『翻案』となり、仮に裁判となれば著作権侵害とされそうです」
 つまり、現行の著作権法においてさえも、コミケに並ぶ二次創作物の多くは、著作者が持っている著作権の一つ「翻案権」を侵害している可能性があるというのだ。では、なぜコミケは堂々と開催されているのだろうか。
 「これまでのところは、刑事摘発や紛争に至ったケースはありますが、必ずしも多くはありません。というのは、オリジナルの作家や出版界側には、『あれは原作のファン活動の延長だ』という意識があるからです。ある程度シーンを盛り上げる側面もあると思っている。

 加えて、コミケから人気作家が生まれたり、現役の作家がコミケに参加するケースも増えてきた。ですから、黙認という程ではないのですが、いわば『放置』してきた。無論、行き過ぎがあれば怒る。つまり、プロ側とコミケ側は、ある種の『あ・うんの呼吸』で共存してきたとも言えそうなのです」

検察の判断で起訴・処罰できるとなれば、現場では萎縮が進む可能性も

 今のところ日本では、著作権侵害があった場合、著作者の告訴があって初めて検察が起訴することができる「親告罪」とされている。では、仮に、TPPに参加して、著作権が非親告罪化されることになると、同人誌を販売すると摘発されるということを意味するのだろうか。
 「権利者が怒っていなくても、検察の判断で起訴・処罰できるとなれば、現場では萎縮が進みそうです。特に、特定の二次創作を不快に思う第三者が『告発』すると、警察もある程度動かざるを得ないかもしれない。
 こうした危惧が、コミケに限らず、日本文化の特徴といえるさまざまな二次創作の場で語られ始めています。漫画家の赤松健さんは二次創作を守るための『黙認マーク』を提唱し、話題を集めました」

 このように説明したうえで、福井弁護士はさらに、日本の「コンテンツ政策」を次のように論断する。

 「一般に、『コンテンツ立国』『知財立国』というと、すぐに著作権などを強化する『知財強化』のことだと短絡されがちです。もちろん、海賊版対策など知財をきっちり守ることは大事です。
 しかし、同時に大切なことは、日本の文化やコンテンツ産業の強みを正しく理解し、その土壌を壊してしまうような制度を安易に導入しないことですね。特に、TPPのような多国間の包括条約の場合、一度取り入れてしまうと、試行錯誤でやり直すということが事実上できなくなります」
:引用終了


アメリカはTPPが失敗しても日本の漫画やアニメを規制するための土台を作ろうと別の手を打ってきています。
それは「児童ポルノ規制法」です。当ブログでは前に詳しく書いたので今回は省略しますが、この「児童ポルノ規制法」に漫画やアニメを含めようとする声が国会議員などから挙がっているのです。


☆児童ポルノ禁止法改定案、継続審議に
URL http://news.nicovideo.jp/watch/nw667468?topic
引用:
 通常国会が6月26日に会期末を迎え、自民・公明・日本維新の会の3党が共同提出した児童ポルノ禁止法改定案は継続審議となった。
 改定案は高市早苗自民政調会長らが5月29日に提出。会期中に一度も審議されておらず、廃案になるとの見方もあったが、26日の衆院法務委で閉会中審査(継続審議)が決まった。

 改定案では、写真やデジタル画像など児童ポルノの所持を禁止する「単純所持の禁止」を導入。「自己の性的好奇心を満たす目的」の所持には刑事罰(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)を科す。また漫画やアニメ、CGなどと性犯罪などとの関連性を「調査研究」するよう政府に求め、施行から3年後に「必要な措置」をとるとしている。
:引用終了

☆児童ポルノ禁止法改正案附則2条の「調査」は初めから表現規制の実施が前提だった! 山田太郎参院議員が衝撃の解説
URL http://news.livedoor.com/article/detail/7741767/
引用:
6月5日夜にニコニコ生放送とUSTREAMで放送されたみんなの党の三谷英弘衆議院議員と山田太郎参議院議員の生放送番組『みんなのさんちゃんねる』で、先月末に衆議院へ議員立法で提出された児童ポルノ禁止法改正案について山田議員が驚くべき事実を明らかにしました。

問題の法案では、附則第2条において非実在青少年の性表現が性犯罪を誘発する影響が存在するか否かに関する予備調査を3年間実施し、次回の法律見直しに際して必要な措置(=表現規制)を実施するかどうかを決める旨の規定が出版業界やアニメ業界を中心に猛反発を招いており、関係諸団体から相次いで反対声明が公表されています。一部では「初めから表現規制ありきでなく調査だけだったら無関係と言う結果をはっきりさせるかも知れないからいいじゃないか」と言う意見も出ていますが、番組内で山田議員が明らかにした条文の解釈に関する説明はそのような楽観的意見を根底から打ち砕くものでした。
:引用終了


現時点では実写だけが範囲になっているので大きな問題ではありませんが、漫画やアニメの規制を主張している議員が多いので将来的には危ないと言えるでしょう。
なにせ、この法案を作り出したのは自民党なので、アメリカから「漫画やアニメを含めろ」というような圧力があれば、直ぐに実行する可能性があります。

いずれにせよ、日本の漫画やアニメは世界的に広がってしまった影響で、日本人が意識をせずとも世界的な文化競争に巻き込まれてしまったということなのです。今後も日本の漫画やアニメを規制しようとする勢力や動きが出てくると考えられますので要注意してください。


うーん、マジで頭が痛くなってくる……鬱蒼と繁る熱帯雨林のジャングルでも、実はその豊かな土壌は表土のみで、迂闊に開墾したりして一部の表土を剥ぐと、そこからどんどん雨水が溢れて、土を押し流すそうです。
そうなると、熱帯雨林ですから……まるで洪水で池の水が溢れるように、周囲の表土がどんどん失われ、その上に生い茂った多様な植物層や、動物の生活圏までも崩壊させ、驚くほどの短時間に不毛の大地に帰るそうです
長い時間を掛けて築き上げられた、多様な生物共同体が一度失われると、その再生には気の遠くなるような手間と時間が掛かる事は、現在各地で行われている必死の再生計画が、全てを物語っています。一度崩壊した文化は復元は出来ても再生は不可能だそうです

一体こんな、トンデモ法案を出したり支持したりする人々は、不毛の大地を見て歓声を上げるのでしょうか?そして、「自分には関係も興味も無い」と中立を気取って賛成した人々は、その事も「自分には関係無い」と横を向くのでしょうか?
この国が誇る、二大独創文化それも輸出産業の根元を、完全に根絶やしにした上で……米国のハリウッド映画ですら、無数のB級どころかC級まで含めたらその駄作や問題作は山積み。しかし、その広い裾野と山から、一部の優秀なクリエイター達が輩出する事と、文化として広がりを維持する為には、その山を維持する為の経済的な裏付けはもちろん公共の理解と協力も不可欠という伝統があります

それらが圧倒的な不利な中で、日本のアニメとマンガ。
そしてその二つの集大成とも言うべき、電子ゲームは発展しました。それは一重に、一般的に一律な宗教的な信仰の束縛が、無かった為と言えるでしょう。法治国家を自負する欧米でも、この縛りからは逃れられずに、自由なクリエイティブ表現は不可能でした。
しかし、この国はこの件に関しては幸いな事に、年末にはクリスマスを祝い、大晦日には寺院の108回(以上だと言われていますが……)の鐘の音を聞いたり、自分で鐘を突いたりした後。当然のように、神社に初詣に出掛ける。それが全く違和感無く、存在できる社会だからこそ、自由なクリエイティブ産業が他の先進国を差し置いて成立したのです

中には余りの突飛な発想に、サスガの製作者も頭を抱える物が多かったのですが、その結果がまさに世界を席巻する、ヒット作の誕生になるのですから世の中分かりません
当初「セーラー・ムーン」のアニメ化企画書を渡されたキャラクター・デザイナーは、苦悩したそうです。「本来、中学生のセーラー服を着ている少女が、多少短くなって飾りが付いたとは言え、同じセーラー服で何処が変身だ!?」全くです。
ですが、既に少女マンガとしてそれなりにヒットしていた、作品の原作者は強気で「原作に忠実に」という姿勢を、変えなかったと言います。結果的にこれが当たって、大ヒットなった訳ですが、初期のまだセーラー・ムーンが唯一人の頃を見ると、後の爆発的な売れ行きを想像する事は、まず絶対に不可能です。
間違いなく作っている当事者も、当たるとは欠片も思っていない!そんな、作りです。

自由な表現」と言うのは、こういう偶然の事故のような表現の作品ですら、大ヒット作にしてしまう可能性の事です。
これを「セーラー服を淫らに短くする事や派手な(?)装飾で女性を強調するのは学生としてはいかがなものか?」と言ったら、今なら大爆笑モノで済むでしょう。しかし、この児童ポルノ改悪案が通れば、立派な犯罪として成立するのです。

そんな時代には、したくありません。


関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 児ポ法・メディア規制に反対です!
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line