目的は森薫著『乙嫁語り』の「後ろ盾」です「ハルタ・2013・NOVEMBER」より。



今回も29頁、こんなものでしょうか?それとも少ない!?
サブタイトルは「後ろ盾」だそうですが、さて何を意味するのでしょう。

辞書的な後ろ盾とは。

うしろだて【後ろ盾/後ろ楯】
1.《2が原義》陰にあって力を貸し、助けること。また、その人。後ろ見。「有力な―をもつ」
2.背後を守る盾。後ろを防ぐもの。


さて、この場合は〈2.〉の本来の意味でしょうか?
それとも現在通常に使われる、「陰にあって力を貸し、助けること・モノ・人」の事でしょうか?少し気になります。


ハルタ 2013-NOVEMBER volume 9 (ビームコミックス)ハルタ 2013-NOVEMBER volume 9 (ビームコミックス)
(2013/11/15)
森薫、入江亜季 他

商品詳細を見る


さァ、カルルク君と彼を「聟殿」と呼ぶ、アミルさんの実兄・アゼル君との直接対決!
ですが、健気にもアミルさんの前に立ちはだかって、守る姿勢を見せるカルルク君も実戦経験と言うよりは、圧倒的な年齢差で、文字通り子供扱い。そりゃカルルク君が12~13歳で、アミルさんが20~21歳。その実の兄で有れば当然、アミルさんよりも年上な訳ですから、武器の差でもなければ素手では、勝負は目に見えています

ですが、兄のアゼルさんにはもはや、カルルク君の一族と争う意思は……どうやら、元から無かったようです。
裏切りの、バダン一族の残党が再び襲って来ると、実の父親を放り出して?妹と婿殿を助けます。そしてそこに、アゼル君の従兄弟仲間が、救援に駆け付けバダン残党を一掃したのもつかの間、今度はカルルク君の側の定住民達が、攻め込んだ敵であるアゼル君を集団で襲います
慌てて止めようとするカルルク君ですが、既に頭に血が昇っている一族を押さえる事は、不可能です。だって、アミルさんでさえ、手も足も出ない乱戦なのですから……。

と言う訳で、どうなるアゼル君?
お兄さま!
アミルさんの悲痛な叫びが響く中、以下次号は2013年12月14日、発売予定だそうです。



関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : マンガ家・森薫、エマ・乙嫁・シャーリー他
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line