《「時事ドットコム」より完全引用》回収菓子からニコチン検出=毒物混入防止法適用も-「黒子のバスケ」脅迫・警視庁



東京都青少年健全育成条例
この中でとんでも無い「18歳未満」に見える、青少年(女子も青少年です)のマンガなどの架空表現に関する規制に熱心なのは、東京都都庁内にある「東京都青少年・治安対策本部」という、立派な部署です。
また、今はこれもトンデモ法案の「特定秘密保護法案」の為に棚上げ状態の、『改悪児童ポルノ禁止法案』が現法案のまま通れば、当然執行機関は警視庁を始め、日本の公安機関全てが描かれたり創造された「18歳未満に見える青少年の猥褻表現」を摘発できます。ちなみにこの場合「架空の存在」を描いたり作りだしたモノを、マンガやアニメまたはゲームで表現した、実在の人物団体はもちろん。それを見聞きしたり所有する個人も、罪に問われます。被害者無き加害者です

ところが、現在全くと言っていいほど報道されていない、大規模な脅迫行為がまかり通っています
いわゆる『黒子のバスケ連続広域脅迫事件』です。
信じられない事に、昨年の秋頃から始まったこの悪質な脅迫は、なぜか報道される事もなく、イベントの中止や店頭から関連書籍やグッズの撤去などの、実害を発生させています。

詳しくは、以下の「時事ドットコム」の記事を御参照下さい。なお、例によって《無断引用》です。




 人気漫画「黒子のバスケ」をめぐる脅迫事件で、毒入りの菓子を置いたとする脅迫文が届いたため、コンビニ大手「セブン-イレブン・ジャパン」の店舗から回収された同作品のカード付きウエハース菓子から、毒物のニコチンが検出されていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。
 客が購入する前に店頭から撤去されており、健康被害は出ていない。


脅迫黒子01


 一連の事件で、同作品の関連商品からの毒物検出が明らかになったのは初めて
 警視庁捜査1課はこれまでの威力業務妨害容疑に加え、より刑罰の重い流通食品毒物混入防止法違反容疑の適用も視野に捜査している。ニコチンはごく微量で、致死量ではなかった。捜査関係者によると、10月下旬に報道機関や出版社などに届いた脅迫文には、千葉県内のセブンイレブンに「農薬を付けた菓子を作って置いてきた」などと書かれていた。この店を含む複数の店舗から撤去された菓子を警視庁が調べたところ、包装を破った跡がある商品を発見。中のウエハースからニコチン成分が検出された。

 たばこを水につけるなどして抽出したニコチンを付着させたとみられ、包装が破れた部分には「毒入り危険」などと書かれたシールが貼られていた。10月上旬~中旬ごろ、何者かが店頭の商品に紛れ込ませたとみられる。
 ニコチンは毒劇物取締法で毒物に指定されており、たばこ数本から成人の致死量が抽出できるという。
 作品の関連商品の撤去などを求める脅迫文は10月以降、書店やイベント会場など全国約250カ所に送られ、一部には「送付数は500カ所を超える」との記載もあった。コンビニのほか、大手書店やレンタルショップでも関連商品が撤去されるなど、各業界に影響が広がっている。

(2013/11/16・20:19)



まず不思議なのは、この事件が(明らかな脅迫、それも悪質な威力業務妨害を伴う事件)であるにも関わらず、ほとんどのTVニュースや新聞では取り上げられておらず、ほとんどの人は何も知らない!のは、なぜか?という疑問です。

営利誘拐事件のような、報道規制が必要な事件でも便乗犯や愉快犯が追従という可能性を考えても、既にこれだけ大規模にしかも長期間、どうやら「単独犯」と言う予想が付いている以上、むしろ広く一般に公開して情報収集の協力を仰ぐべきでは無いかと、愚考します。
また、《作者に対する個人的な恨み!》が動機であるという点まで、絞り込まれている上にこれだけ広域に、脅迫文を送り付けているのですから、上記の「東京都青少年・治安対策本部」や警視庁を始めとする、全国の公安機関が連携すれば、犯人を追い詰める事は容易のような気がします。

どうも、架空のこの世に存在しない人物を被害者にして、加害者を探求する事には熱心でも、「架空の物語の創作者に対する脅迫行為その作品による収益妨害・名誉毀損行為」には、余り熱心だとは思えません。
既にこの犯罪は、1年以上に渡って続いています

この状況に、「作者1個人を守り得ない」治安機関に、どんな「表現規制が可能なのか?」大いに疑問です。
とにかく一刻も早く真犯人(PCの遠隔ウィルスによる誤認逮捕など無きように……)を検挙し、誰もが安心してそれこそ《健全なスポーツ・マンガ》のイベントや、作品を楽しめる状況にして欲しいと、切に願います。

また仮に過去の何かに、作者の問題があったとしてもそれと作品は「別物!」作者の行為によって、作品を楽しんでいる人々まで、入手やイベント参加に苦労するのは、明らかに間違っています
またどの様な理由であれ、作品内容と作者が無関係であるならば、この作者の被る社会的個人的な損害を誰が償うのか?精神的な苦痛を、誰がどうやって償うのか?まさに法の公正と司直の公平性が、試されていると思います。








黒子のバスケ 1 (ジャンプコミックス)黒子のバスケ 1 (ジャンプコミックス)
(2009/04/03)
藤巻 忠俊

商品詳細を見る



黒子のバスケ コミックセット (ジャンプコミックス) [マーケットプレイスコミックセット]黒子のバスケ コミックセット (ジャンプコミックス) [マーケットプレイスコミックセット]
()
藤巻 忠俊

商品詳細を見る



黒子のバスケ 24 (ジャンプコミックス)黒子のバスケ 24 (ジャンプコミックス)
(2013/10/04)
藤巻 忠俊

商品詳細を見る



黒子のバスケ 9 [DVD]黒子のバスケ 9 [DVD]
(2013/03/22)
小野賢章、小野友樹 他

商品詳細を見る




黒子のバスケ 全9巻セット [マーケットプレイス DVDセット]黒子のバスケ 全9巻セット [マーケットプレイス DVDセット]
(2013/09/01)
不明

商品詳細を見る



黒子のバスケ 2nd season 1 [DVD]黒子のバスケ 2nd season 1 [DVD]
(2014/01/29)
小野賢章、小野友樹 他

商品詳細を見る



黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~黒子のバスケ DVD FAN DISC ~終わらない夏~
(2012/12/21)
小野賢章、小野友樹 他

商品詳細を見る



黒子のバスケ 2nd season 9 [DVD]黒子のバスケ 2nd season 9 [DVD]
(2014/09/24)
小野賢章、小野友樹 他

商品詳細を見る


〈その他グッズ多数〉


関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 黒子のバスケ
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line