TVアニメ・シリーズ『武装練金』の最終回とは?



TVアニメ・シリーズ武装練金(ぶそうれんきん)とは、どんな作品だったのでしょうか?



概要

怪物に襲われて落命した高校生が錬金術の力で蘇り、戦士として錬金術の戦いに身を投じる姿を描いたバトル漫画。
『週刊少年ジャンプ』(集英社)において、2003年30号から2005年21・22合併号まで連載された。全79話。
その後、『赤マルジャンプ』2005年夏号に「武装錬金ファイナル」、『赤マルジャンプ』2006年冬号に「武装錬金ピリオド」が掲載され、物語は完結した。これについては、連載終了の時点で『赤マルジャンプ』に読切が掲載されることは決定していたものの、読切1話では残り全ての内容を描くことは困難と判断した和月が編集部と交渉した結果、読切2話の掲載を許可されたという経緯がある。
物語完結後の2006年、テレビアニメ化された。また2007年には星雲賞コミック部門の参考候補作に選ばれた。

ストーリー

 私立銀成学園高校の2年生・武藤カズキは、ある日の夜、廃工場で巨大な怪物に襲われていた少女を助けようとして命を落とす。
 しかし翌日彼は無傷で目を覚ます。携帯電話には「新しい命、大事にしなさい」と謎のメッセージがあった。自分に起こった出来事を訝む彼の前に再び謎の怪物とともに謎の少女が現れた。カズキの新しい命「核鉄(かくがね)」、少女の謎の武器「武装錬金」、そして人食いの怪物「ホムンクルス」…。
 謎の少女、津村斗貴子の口から語られるその言葉に、持ち前の正義感を発揮させたカズキは錬金の戦士として戦うことを決意した。

 カズキは斗貴子と共にホムンクルスを創り出した創造主を探し始める。その途中で戦ったホムンクルスの攻撃によって斗貴子がホムンクルスにされる期限が迫る中、二人は創造主が蝶野攻爵であることを突き止める。
 カズキは自らホムンクルスとなった蝶野攻爵を倒し、斗貴子を救う。
その後、カズキは正式に錬金の戦士となり、復活した蝶野攻爵改め、パピヨンを加えたホムンクルスとその信奉者の集団LXE(THE LEAGUE OF EXTRAORDINARY ELECTSの略〈超常選民同盟〉)との戦いに挑む。LXEとの戦いの途中目覚めた謎の戦士ヴィクターとの戦いの中武藤カズキの体に異変が起こる。錬金戦団に追われる身となりながらも、仲間にも助けられカズキはヴィクターと自身の体の真実を知る。

中略

テレビアニメ

テレビ東京系列で2006年10月04日から2007年03月28日まで放送(全26話)。
2009年09月26日より、BS11でも放送されている。再殺編以降の展開(第2クール)が多少異なるものの、原作内容のほぼ全て(「武装錬金ピリオド」まで)をカバーしている。7話では和月伸宏自身がゲストで声を当てている。

後略


と言う訳で、マンガ原作共々アニメも人気があったようなのですが、どうしても最終回が思い出せませんでした。
まァ、個人の記憶力や健忘症と言うことも考えられますが、上記の『フリー百科事典ウイキペディア』などによると、全26話全てがTV東京系列で放送された事になっています。


武装錬金 1 (ジャンプ・コミックス)武装錬金 1 (ジャンプ・コミックス)
(2004/01/05)
和月 伸宏

商品詳細を見る


武装錬金 全10巻完結(ジャンプ・コミックス) [マーケットプレイス コミックセット]武装錬金 全10巻完結(ジャンプ・コミックス) [マーケットプレイス コミックセット]
()
不明

商品詳細を見る


武装錬金 DVD_SET武装錬金 DVD_SET
(2013/02/27)
ジェネオン ユニバーサル エンターテ

商品詳細を見る


テレビ東京系列で2006年10月04日から2007年03月28日まで放送全26話。」

・関東広域圏/テレビ東京/水曜25:00~25:30

その上放映時間の変更等も、記述がないところを見ると、本当に最終26話までTV放映されたとしか、思えません。
しかし、個人的な記憶ではまず最終回の『ピリオド』を見た記憶が、全くありません。そして遡ると、ほぼ確実に第24話「キミが死ぬ時が私が死ぬ時」から最終回までは(要するにヒロインがデレまくる回は)、全く記憶にありません。

今回機会があったので、最終回を含め後半のDVDをレンタルして、はじめて本当の?最終回を含めて、最後まで見て驚きました。
そこでてっきり、いわゆる放映の途中打ち切りや放映時間の変更が、あったのだと思い、調べてみたらこの通りです。この作品は、特に原作から異例づくめだっったようで、次のような記述もありました。

「~しかしこれは打ち切り作品といえど多少話数に融通の利く週刊誌などでは珍しい例(本誌アンケートで全く奮わなかったにも関わらず、アニメ化されるほど人気のあった『武装錬金』などは特例中の特例)」

週間少年ジャンプにおける最終回とは?》的な質問に対する答えの中に、こういった記述があります。
つまり公式のアンケートでは、振るわなかったモノの作品そのものには人気があった?らしく、『鋼の錬金術師』のファンから、《錬金術》という言葉を、「鋼の~」という物語の中のオリジナルだと思った読者から、抗議が来たという話しもあるそうです。

なお、この異例の最終回はTV放映開始前に当時の『赤丸ジャンプ』と言う月刊誌に、前後編の形で2回に分けて掲載された事も、異例中の異例だそうです
そして結果として、連載終了後からの放映となったTVアニメは、後半の内容ををやや変更しながらも、異例の最終回『武装練金ピリオド』も含めて、原作の全ストーリーをまとめた形で、放映されたそうです。

ですがどうしても、TV版の23話『BOY MEETS BATTLE GIRL』を見たかどうかの辺りで、非常に曖昧なのです。
そもそもこれほどキレイに?(御都合主義の極みのように……)まとまって終わっていれば、嫌でも覚えていそうなモノです。


後はひたすら、見た覚えが無いの放映されたとされたモノの愚痴でしかありません!取り敢えず、この物語がこのように強引でもキレイに終わっていたとは、意外でした。


TVアニメ・シリーズ
武装練金(ぶそうれんきん)』
〈記憶になかった、「至る最終回」〉

第23話
BOY MEETS BATTLE GIRL





〈この辺の場面には、見覚えが
あるような無いような……〉


第24話
キミが死ぬ時が私が死ぬ時






〈このようなサブタイトル、忘れようが無いし
そもそも、内容を見た覚えがありません!〉

第25話代わりなどいない




〈これはもうまったく、覚えがありません!
最終回の大逆転に向けて、うまくまとまっているし、
感動的ですらあります……〉


第26話ピリオド




〈御都合主義満載と言ってしまえばそれまでですが、
ここまで劇的で感動的にまとめられたら、納得する
しかない!と思いますが……
本放送の記憶が無い!!

ここまで、作者公認の「バッカプル!」ぶりを見せ付けたバトルアクション・アニメ・カップルは、ちょっと珍しいというか時代(放映2006年)を考えると、信じられない!
気がします。
特にアニメの後半は、既に原作が終了していた事もあり、どう終わらせるかに、悩む必要が無い?為か、アニメに暴走気味の大胆で荒唐無稽な表現が目立ちます。

恐らくこの当時、アニメ界最強(最凶?)の、暴走最終回をピック・アップしてみます。


〈まずはオープニングから!〉

武装001

〈これがヒロインの武装その名もバルキリー・スカートです!どうやって使うのかは本人聞いて下さい。ちなみにミニスカートで無いと使い難いとかで、主人公の学校に転校しながら制服をセーラー服を変えませんでした。いいのかなァ~〉

武装002

〈この物語の特徴の1つですが、学校中が主人公の正体やら、何をやっているかを知っている事があります。しかも、学校がボロボロになるほど戦っても、主人公とヒロインを応援しているシーンが、オープニングにあります〉

武装003

武装004

〈オープニングのでの「一心同体バッカプルの証二人でトドメッ!」です……もう勝手にヤッタンさい!!〉

ここまでがオープニングで、この先が最終回からの抜き出しですが、冒頭のシーンは月と地球の間に広がる、宇宙空間です……一応。


武装005

武装006

武装007

武装008

武装009

武装010

〈二人が、特にヒロインが何で防護服を脱いでも、真空の宇宙空間で平気なのか、突っ込むのは野暮と思って下さい……〉

武装011

武装012

武装013

武装014

武装15

武装017

〈この裸で抱き合うイメージ?シーンは、当初からの作者にはあったそうですが、編集サイドから「不自然だ~」?などの意見があって、通常の制服シーンで描かれたそうです。アニメが原作者の、原作では出来無かった表現を、実現した希有な例と言えます。もちろんその逆に、原作にあった多くの残虐シーンなどは、アニメでは大幅にカットや修正をされているそうです。何しろヒロインの決めゼリフが、「臓物(はらわた)ぶちまけろッ!」という、当時としても過激の表現一歩手前でしたから……今では、まず無理でしょう〉

武装018

武装019

〈どうやって、ロボット(にしか見えない武装練金!)の手の中で無事に大気圏を、突破できたのかは、考えないで下さい!そして、このヒロインの笑顔にこの物語の、全てが集約されているのだと思います〉

武装021

武装022

〈そして登校シーンです。武装練金を外して、落ち着かないと言いながら。相も変わらず主人公の学校の女子の制服とは異なる、セーラー服とミニスカート姿です。これも、もうお約束なのでしょう〉

武装023

武装024

〈当然二人を出迎える、先頭の主人公の妹を含む級達も、ヒロインの制服などを気にしちゃ、いません!〉

武装025

武装026

武装027

〈みんなに向かって、仲良く手を握り合ってレッツ・ゴー!です。本当、バッカプルですネ。でも、それが、平和で良い事なのです!!〉

武装028

という事で、ここからはエンディングの流し込みから、止め絵の画面にセリフが吹き出しで書かれます。
このエンディングは、シリーズ前半で流れたエンディング・ソングで、内容的にはヒロインよりになっています。後期のつまり、この最終回の一話前までのエンディングが、敵であるはずのナルシストのパピヨン・ソング(これに驚いたのは出演者ばかりではなかったようですが……)だったので、ここでヒロインが持ち直した?感もあります。

武装029

武装030

武装031

武装032

武装033

武装034

武装035

武装037

武装038

武装039

武装040

武装041

武装042

武装043

武装044

武装045

武装046

武装047

〈最後は、想い出の場所でキスではなく、「顔の傷跡に触れる」と言う、誰にもさせた事のない行為を、ヒロインがさせるところで終わっています。既にキスは、済ませていますから……〉

どう考えても、これほど「最強最凶?)の、バッカプル誕生!(正確にはヒロインは、現在はあの兇悪なバルキリーを持っていないので、最強とは言えないかも知れませんが、性格が兇悪凶暴?なのは見ての通りです)」で、まとまるお話。
しかも、どういう訳か変態ナルシスト・パピヨン侯爵まで、当然のように街を徘徊するという、トンデモないハッピー・エンディング!これを見ていて覚えていないとは、とうてい思えません。

ではなぜ、「見ていないのか?」色々調べてみましたが、本放送時点で「見ていない理由」は、放映されなかったか放映されても見る事が出来ない状態(放映時間帯等が変わった)としか、考えられません。

取り敢えず、荒唐無稽でありながら強引且つ円満な(?)解決をみていた事に、今さらながら拍手です



〈オープニング『真っ赤な誓い』フルヴァージョン〉




〈初期エンディング『ホシアカリ』TVバージョン〉




〈初期エンディング『ホシアカリフル・バージョン〉




〈初期エンディング『ホシアカリ』最終回バージョン〉




〈後期エンディング『愛しき世界』フルバージョン〉




ヒロインの声を演じた人はもちろん、原作関係者も度肝を抜かれた、まさに《パピヨン賛歌!


関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 武装錬金
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line