《ともかくさ、チャンと納税して、国民として義務を果たして主義主張を言いましょうよ。》だそうでが?



全記事の
《『今だにニートで何が「記事」だ?』と言うコメントを受け取りましたが、「ニート」とは?http://aonow.blog.fc2.com/blog-entry-623.html》に対するコメントがありました。




拍手コメント


1:実社会と自分が置かれている状況の把握も出来ず、受け売りの記事を掲載した「記事」を社会活動といえるのでしょうか?すでにひとり歩きだろうが、作られたものだろうが、死ぬほどの勇気もなく、趣味と社会批判に明け暮れ、親から餌を運んでもらっている現状は褒められたものでなく、また世間に堂々と報告するする乞食根性でしかありません。

2:すべてのヲタク、ニートに告げるのであれば、確実にあなた方は日本を軟弱乞食に向かわせている。今のアニメは独創性と職人技がありますか?過去の亜流ではないですか?そんなサブカルチャーを経済効果が有るからといって語る批評家は成長が止まっている。

3:ともかくさ、チャンと納税して、国民として義務を果たして主義主張を言いましょうよ。すぐに定義だ、社会が悪いんだとか言う前に。それでなければ「口を塞げ。批判が怖いのなら「耳」を塞げ。それでも置かれた状況下で自分の意見を押し通しかったら「この世では無理


どうやらこの方は、「ともかくさ、チャンと納税して、国民として義務を果たして主義主張を言いましょうよ。」と言いたいような気がします。
これが一般論なのかどうか分かりませんが、なぜ「未納税者にも選挙権はあるのか?」という、中学・公民レベルの理解を望みます。

この方のコメントは、「特定個人」や「ブログ記事」に対する批判と言うより、現在の日本社会のいわゆる「福祉と人権の問題に対する批判」だと思います。
さらに、「すべてのヲタク、ニートに告げるのであれば、確実にあなた方は日本を軟弱乞食に向かわせている。今のアニメは独創性と職人技がありますか?」という点から、《ヲタクやニート個別の意味は発言者の理解によるモノですは日本社会の敵》であり、あの衆議院議員の《小沢一郎氏》ですら『強者の論理』と言い切る、現政権の政策そのままです。
もちろん、政治政略的な見通しが有っての事でしょうが、それはそれとしてあの傍若無人・剛腕強面を、絵に描いたような元田中首相直系で、金丸氏の右腕とまで言われた人が、現政権を『強者の論理』と批判する。

何とも滑稽と言うか、本人の政治力の低下か政治の皮肉というか、立場が変わって自分が弱者の側に立って(いるのかな?)、初めて強権政治の恐ろしさというモノを、感じたのかも知れません。
「一億総中流時代」の幻想から、一気に「格差社会」へと転落し、しかも政策の根本を支える制度や法律は未だに、高度経済成長期及び明治の時代にまで、遡ってしまってしまっている。現代に合わないのは、当然です。さらに、「ヲタクやニート(コメント者の解釈による)」どころか、「住民票から消えた住民」問題が、静かにしかし深刻な問題として、地方自治体に広がっています。
この国は戸籍などにより、人口が比較的正確に捉えられていると、信じられて来ました。しかし、以前に発覚した「消えた高齢者問題」に端を発する、住民票上存在すべき90歳以上の高齢者が、実は存在しなかった!
この問題は、全国の地方自治体が一斉に85歳以上(何で85歳以上なのでしょうか?70歳以上でも60歳以上でも所在確認ならば、容易だと思うのですが……)の所在確認を始めましたが、なぜか2010年頃の時点でうやむやになっています。

この事とほぼ時を同じくして、住民票と所在者の照らし合わせが、各地方自治体で始まりました。
すると今度は、〈潜在的孤立者〉の問題が出て来たのですが、余りにも数が多すぎて地方自治体レベルでは、対処不能という事態が続発しています。この〈潜在的孤立者〉とは、高齢独身者だけではなく老若男女を問わず、小学校に行かない子供を含めた、一家4人全員が含まれる場合もあります。
確かに住民票の記載はあるのですが、その住所に出掛けて行っても常に返事が無く、ただ通知や郵便がポストから抜かれている事が、そこに人がいる事を証明している。このような現状が、あちこちの市区町村から都道府県に持ち上げられましたが、全く予想していなかった上に、一体どこが管轄するかなどの問題が多々あり。
現在も多くの地方自治体で「とにかく、人がいるなら声を掛けて、出て来て貰う」という事を重点に置いて、取り組むのが現状精一杯と言う事です。どちらにしても市区町村レベルで聞かれる言葉は常に、「人手が足りない」です。
仮に「生活保護」を頂点とした、行政の支援システムを動かそうとしても、基本的にこれらは全て自己申告制です。そもそもが、地域や住民から〈孤立〉しているのですから、当然のように本人や本人が立てた代理人が、役所まで出向行かなかなれば話しは始まりません。ところが、そのスタートが切れないのです。

民生員などの関係者は、「住民票に載っているだけで、これだけ居るのだから、不在居住者がどれほど居るのかは、見当も付かない」と言っています。
引っ越しをした時に、住民票を引っ越し先の市区町村に出さなければ、当然そこの住民票には載りません。住民税等の請求は、前の住所に送られて何回も送り返されると、自動的にそこの住民票からも削除されます。
いわゆる「住所不定」状態となります。「住所不定」とは何も、ホームレスの人や派遣難民だけの、専売特許ではありません。


2012年01月、札幌市白石区で42歳の女性と40歳の知的障害を持つ姉妹が同居した部屋の中で餓死・孤立死した事件は記憶に新しい。
42歳で亡くなった長女は何度も生活保護の相談に役所に通っている。だが、生活保護は受け入れられず、結局、部屋で亡くなり、知的障害のある妹は携帯電話で外部にSOSを発信しようとしたが、うまく掛けることが出来ず、餓死してしまい、部屋で二人とも孤立死してしまったのである。
家族で同じ部屋で同居生活を送っていても孤立死してしまう時代に私たちは生きている。


料金の未払いでガスや電気などの、暖房器具は使えず01月の北海道札幌市は、夜は零下にまで冷え込みます。
姉の預金通帳は、前年12月の遅れていた家賃の振り込みで、ほぼ底を付いていました。それ以後、数週間はほぼ飲まず食わずで、凍死に近い状態で急死されたようです。

この間札幌市は、一度も姉妹の住居を尋ねたり、生活状況の確認を行っていませんでした。
「当事者からの申し出がない限り、その必要を認め無いと言うのが基本方針であったが、このような事態発生した以上、見直すべきは見直したい。」と、札幌市は言っていますが、ここでは数年前にもやはり生活保護申請を突っぱねた高齢者が、衰弱死しているのを発見されるという事態が、起こっています。

参考:『NHK持論口論「相次ぐ孤立死 どう防ぐ」http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/114532.html』他

さてこのような当事者達には、「発言する資格すらない!」と断じるので有れば、民主主義とは何なのでしょうか?
そして代わって、誰が発言してくれるのでしょう?更にはそういう方々を頼る事は、許されると言うのでしょうか?最後に、「記事」に関して、引用がどうのこうのという話しがありましたが。

1.正確さと信憑性の高さの問題から、「引用」が妥当だと思われる者は引用します。もちろん、引用元は明確にした上で。更に、意見や感想でもより簡潔に分かり易い表現が有れば、同感として引用する事もあります。

2.『蒼き鋼のアルペジオ』というTVアニメ作品に、「今のアニメは独創性と職人技がありますか?過去の亜流ではないですか?」と言うのは、かなり難しいと思います。そして過去の亜流ではない現代の「物語創作作品」があるので有れば、是非教えていただきたいモノです。

3.経済効果があるから、評価している訳では無い事は、「評価」という時点で当然では無いでしょうか?ちなみに、現在は現地法人への依託が盛んで、実際の直接の輸出による利益は、大きく減少していると思います。
蒼き鋼のアルペジオ』も、韓国で同時放映のハズです。



追記

2014年01月11日20:39拍手コメントの書き込み主様へ。

アナタは何かしていますか?何か、社会の為に頑張っていますか?

「~ロリコン戦闘アニメで台詞も表現も作画、動きも全てヲタク向け。どうせマスかくアニメでしょうが、何故少女、ツンデレ、甘え系じゃなきゃいけないの?真面目なSFは作れないの?真面目な恋愛ドラマは作れないの?~」
と、ネット内でいいからコッソリとではなく、大々的にアナタが目の敵にしている(様に見える)ヲタクやマニアに告げたらどうなのです?あるいは、Yahoo!などの質問箱に投書してみたら、いかがですか?もしかしたら多量の賛同者が出て、「神」に持ち上げられるかも知れませんよ。

余りにもバカバカしいので、今後のこの手のコメントには、何も応じません。

そもそも、『蒼い鋼のアルペジオ』のどこに、ロリコン要素があります?
ああ、小娘が出て来れば、全てロリコンなのですネ。それで見ている人が夢中になると、信じているのですか?真面目なSFって何ですか?実写映画『2001年宇宙の旅』ですか?もちろん、実写の『スター・ウォーズ』シリーズでは無いのでしょう?

真面目な恋愛アニメ?有りますよ、アルペジオと同時期に放映されていた、甘々の三角関係ドラマ『ホワイト・アルバム2』余りにも甘過ぎて、ビデオ・ディスクのCMで登場人物に「他人の三角関係を見て、何が楽しいんだ?」と言うと「人の不幸は蜜の味」と恋敵が答え、オチは「悪趣味だな」で終わる作品です。

そして、もっと露骨な作品と言える、ゲームの「艦隊コレクション」を行う人などは、人間のクズなのでしょうネ。
昨年11月中旬時点でのユーザ数は、120万人程度と言われています。課金制度を極力廃した、PCのブラウザでも1人で楽しめる手法が、受け入れられたと言われています。ですが、ハッキリと「18禁」のゲームですので、「~どうせマスかく~」と言う点は、まさに的を得ています。
どうでしょう、120万人以上を相手に同じ事を、言ってみたらどうでしょうか?
「~結局デザインはコスプレ重視ですよね。それがアニメにとって良い事ですか?アニメ大国日本って誇れるのですか?貧乏文化ですよ。」とどこかの芸能コメンテーターが言う、見てきたように問い掛けてみるのも、1つの方法でしょう。

そして最後に、日本が誇る黄金文化って、何ですか?
当然あるのでしょう?胸を張って、世界に誇れる有意義で資産価値の高い文化が!
そうでなければ、対象をただ闇雲に非難するだけに特化したモンスター・クレーマーに過ぎませんよ。

と言う訳で、バカバカしいのでこれでお仕舞いです。
そうそう「~弱者側の論理で語っているようですが、要は被害妄想~」と言う根拠は何でしょうか?そう言い切るからには、当然弱者の側から現在の強権政治に「もの申す手段」を現実的に、1つや2つでは無く、お持ちなのでしょう?

出し惜しみをしないで、見せて下さい。
実行して下さい。是非、弱者の立場で「~世の中に貢献してます~」と言うところを、教えて下さい。
ああぁ~、もしかして自分は強者だから、弱者は踏み付ける側なのでしょうか?それでは、仕方ありませんネ。
「パンがなければケーキを食べれば」では無く、最近では「パンがなければ肉を食べれば良い」と近隣国の、一代強者?も仰っているようですし。



関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
genre : 心と身体

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line