完全無断引用!『声優の地位向上のため、戦い続けた “声優界の父”永井一郎の足跡』






「バッカモ~ン!」

 腑抜けた現代日本にカツを入れるがごとく、毎週日曜日の夕飯どき、全国のお茶の間に響き渡ったあの声をもう聞くことができない。
 アニメ『サザエさん』の磯野波平をはじめ、数々の人気キャラを演じてたことで知られる声優界の重鎮・永井一郎が、01月27日、急逝した。テレビ番組のナレーション収録のために訪れていた広島市のホテルの浴槽内で倒れているところを従業員が発見。死因は虚血性心疾患と発表された。

 永井一郎といえば、アニメでは前出の磯野波平のほかに、『宇宙戦艦ヤマト』の佐渡酒造、『YAWARA!』の猪熊滋悟郎、『らんま1/2』の八宝斎、『ゲゲゲの鬼太郎』の子泣き爺といった味のあるおじいさんキャラのほか、『機動戦士ガンダム』ではナレーションから、デギンなどネームドキャラ、多数のモブキャラを演じるなど、役にとらわれない幅広い演技を披露。

 実写映画の吹き替えでは『ハリーポッター』シリーズのダンブルドア校長役で知られるほか、バラエティ番組でも数多くのナレーションを務めるなど、老若男女問わず親しまれた、まさに国民的声優、いや“国民的お父さん”の声の持ち主と言っても過言ではない。

 京都大学を卒業後、大手広告代理店の電通に通いながら演劇を学んだ永井は、愛川欽也らとともに劇団三期会に参加。
 その後、テレビ黎明期の頃より声優業を開始した永井は、老人役を多数好演。その評判からすぐにスケジュールは声優の仕事で埋まることとなったそうだ。

 その後は数々のテレビアニメに出演し、日本の声優の草分け的存在となった永井だが、その一方で声優の地位向上のために、最前線で戦い続けた闘士としての側面もあったことを忘れてはならない。

 かねてより声優の社会的地位の低さ、ギャランティーの低さを問題視していた永井は、1988年に「オール讀物」(文藝春秋社)にて「磯野波平ただいま年収164万円」と題したレポートを上梓。
 国民的アニメ番組のレギュラー声優にもかかわらず、同時代の生活保護世帯よりも低い収入というあまりにも厳しすぎる声優の現実をつまびらかにし、読者に衝撃を与えた。

 その後、永井は闘争と交渉を行い、より好条件のギャランティを設定できるようになった。2004年08月には、日本アニメーションらを相手取り、声優361人を代表して野沢雅子、内海賢二らと共に「ビデオ化時の声の二次使用料」の支払いを求める訴訟で勝訴している。
 また若手声優に対しては、技術を磨くよう苦言を呈すこともあり、“声優界の父”として大きな存在感を放っていた。

 永井一郎の逝去は声優界にとって大きな損失となるのは間違いない。
 しかし、彼が残した魂と遺産もまた計り知れない。彼の思いを受け取った永井チルドレンたちが、今後の声優界を支えていくことだろう。ともあれ、今はただ冥福を祈るばかりである。


(文中敬称略)





 オタクニュース・ポータル「おたぽる」は、アニメ、マンガ、ゲーム、フィギュアやTCGなどのホビーといった、いわゆる"オタク"コンテンツをテーマにしたニュース情報や既存メディアにはない切り口を提示した記事を提供するニュースメディアです。

『既存のニュースにはない切り口で』
『マニアックなニュースをいち早く』
『ジャンル横断的な場として』

 この3点を軸に読者の皆様が知りたい情報を、独自取材や違った角度からの目線を持って紹介をしていきます。読めば読むほどオタクになれる情報を、オタクであればあるほど面白い情報を、読めば「なるほど」と膝を打つような情報を、こうした情報を扱うのが、オタクに"なるほど"面白い! オタクニュース・ポータル「おたぽる」です。







協同組合 日本俳優連合


日本俳優連合30年史


本編 1986年~1990年


《ショッキングな実態公表》

1988(昭和63)年9月号の「オール讀物」(文藝春秋社)にショッキングな記事が掲載されました。
筆者は永井一郎氏。1984(昭和59)年9月から1986(昭和61)年8月までの1期間、外画動画部会の委員長を務めた声優の重鎮です。「磯野波平ただいま年収164万円」と題したそのレポートは、テレビの人気アニメーション番組「サザエさん」に主人公の父親(波平)役として毎週レギュラー出演している人間の年収が如何に低額であるかを赤裸々に記したものでした。
「国民的番組のレギュラー声優なのに、収入が生活保護世帯より劣るとは…」との副題が付けられているのを見て、はじめて、ヤヤッ! と感じ取り、真剣になって読むのですが、とても信じることの出来ないようなその内容には、心ある者は憤りを覚えずにはいられないものでした。

永井氏は

「サザエさん、家中で見てるよ。あれ、どれくらい貰うの。1本、30万くらい?」

いくら遠慮のないクラス会とはいえ、これにはぶったまげたと、記しています。

この書き出しで7頁にもなるそのレポートは、世間の常識と声優が実際に製作会社から受け取るギャラの額との違いを表現しているのです。
1本30万円のギャラを受け取ることが出来れば、年間52週の出演で収入1560万円。源泉徴収税10%を差し引かれたとしても年収は1404万円になります。

だが、実際のギャラは1本につき4万3200円。年52本で224万6400円。それに予告編への出演が年7回あって、それが出演料の10%だから4320円×7=3万240円。合計227万6640円。
ところが、これが全部永井氏の収入かというとそうではありません。所属事務所に手数料20%、手数料を差し引いた残高からさらに源泉税が引かれるますから、最終的には契約出演料の72%しか受け取ることが出来ません。その額が正確には163万9181円、丸い数字で表すと164万円にしかならない、というわけなのでした。

164万円を12ヶ月で割れば、1ヶ月の収入は13万7000円足らずになってしまいます。
永井氏が、手元にある「情報データブック」(平凡社刊)で調べてみたら、6年前の1982(昭和57)年現在で、標準4人世帯に対する生活扶助基準額が14万3345円。なんと、国民的人気番組のレギュラー出演者の収入は生活保護世帯よりも低いというショッキングな事実が分かったのでした。

永井氏は、その後、“闘争”と“交渉”で、30分番組の基本出演料を4万5000円と設定出来るようになります。
それに2001(平成13)年の時点では、1本の番組出演時には基準出演料に「目的使用料」80%が加算されるという出演料計算方式が確立しましたから、永井氏の「30分アニメーション番組出演料」は4万5000円×1.8=8万1000円が確保されるようになりました。しかし、そうはなっても…。

1年間の総出演料は8万1000円×52週=421万2000円。
これに予告編出演料が基準出演料の10%(1988年時点では出演料の10%でした)で、4万5000円×0.1×7回=3万1500円。両方を足した1年間の出演料総額421万2000円+3万1500円=424万3500円から所属事務所の手数料424万3500円×0.2=84万8700円を差し引くと339万4800円が年間収入額となり、最後にここから源泉税339万480円を差し引かれて305万5320円が永井氏の手取り収入になるというわけでした。

高視聴率を誇り、日本を代表するアニメに出演するベテラン俳優の出演料が年間305万円強。
永井氏はこの声優残酷物語を、是非広く、世間に知らせなければならない、と強調しているのです。


〈引用者註〉
「目的使用料」とは、いわゆるビデオ化や再放送での、利用料の事です。
この料金が、根本的に他の実写俳優と異なるのは、予め決められた額だけを先払いされる点です。つまり何回再放送しても、何回ビデオ化をしても現在の法律では、最初の契約時の金額しか受け取る事は出来ません。
何度繰り返し放映されても、テープからディスクへと、媒体が変わってもそれ以上の支払いを、裁判所は「声の出演とは効果音と同じ」という見解で、これでも増額したのだという姿勢です。
もちろん、通常の実写俳優と同じように再放送や、新たな媒体への再利用時及び、その売り上げ枚数による増加分の転嫁を求めた訴訟は、現在も続いています。しかし、飽くまでも「声の出演は効果音と同じ」で「犬の鳴き声にそれ以上の出演料を求めるのか?」という見解は、変わりそうにありません。
ただ個別に、製作会社と契約する時点でその点を考慮し、再放送やビデオなどの初回販売分を超えて、更に再利用した場合には、何%と言う契約は出来るようになったようです。もちろん、ベテランや名前の売れている人には、という条件は付きそうですが……。

そうは言っても、日本の場合どこのアニメ製作会社は青息吐息で、何とかやっている状態ですので、払いたくても払えないと言う、切実な事情もあるようです。
場合によっては、ビデオが売れれば売れるほど、赤字になると言う場合もあるそうですが、これは日本のアニメの製作事情が複雑で、中間搾取が多い事も影響しているようです。さらには、TV放映でも以前とは違って、ほとんど他業種のスポンサーが付かない事も、大きく影響しているようです。
このスポンサー問題は、アニメに限らず実写にも大きな影響を、もたらしているというお話しです。

アニメ製作の現場の残酷物語は、他にも色々あるようですが、今回は飽くまで突然に亡くなった《永井一郎氏の追悼》と、その功績を偲(しの)ぶ事が目的です。
本来の声優業とは別に、その地位向上に身を削るように並々ならぬ尽力をされた、永井氏のその功績に想いを馳せたいと思います。そして、今後のアニメ業界が他の異業種異業界と、せめて同様に思える収入を、関わる人々に支払えるシステムに変革する事を、切望する次第です。

それが、永井氏が残された「宿命(さだめ)じゃ!」と、いう気がします。



関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 声優、アニメ
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line