森薫著の『乙嫁語り』が目的の『ハルタ・Vol11・2014・FEBRUARY』です。



まずお断りしておきますが、前回までの展開として「パリヤの恋物語」や「スミス氏の新たな旅行記」などを期待していた方は、かなり肩透かしかも知れません。
ですが、まず『乙嫁語り』以外の連載陣として、これまで拷問や虐殺の情け容赦の無い描写から、ある意味チョッと引きながら読んでいた、『狼の口~ヴォルフスムント~』が、遂に1つの山場を超えました。

もともと、歴史を元にした作品である事は、解っていましたが完全に史実を元に描いているのか、それとも史実を元にした架空(日本の時代劇で言えば「鞍馬天狗」みたいな)の物語なのか、良く分かっていませんでした。
しかしどうやら、間違いなく《オーストリア帝国からのスイス連邦国独立運動》良く知られている、〈ウィリアム・テルの伝説〉がこれに当たります。
年代としては、1291年のいわゆる「原初同盟」(盟約者団)の結成からの、物語となっている事がハッキリしました。

ともかくこれまで、ほぼ一方的に冷酷非情で残虐な、関所の代官がただ傲慢なだけではなく、才知に長け冷徹な戦術家であると同時に、自らも優秀な剣士という存在感が、ひたすら際立って見えました。
「卑怯というのは、同格の者が争った時に起こる事で、家畜や猟の獲物をどう仕留めるのかで、使われる事はありません」と、関所を通過しようとする商人や領民を遇していました。もちろん通行税や通行許可証の有無を、厳しく詮議していました。
さらには、本国(後のハンガリー帝国で、当時はハプスブルグ帝国)からの、徴兵要請に応えて支配下の山岳住民から、容赦なく男性を強制徴兵し、反抗したり家族が哀願すれば、その家族を容赦なく殺害や拷問して、男性を連れ去ります。ここまでの事が、本当にあったのかどうかは、良く分かりません。

少なくとも、この現スイス国は反ハプスブルグ同盟を近隣の山岳領域で組むと、この悪魔の代官が支配する関所要塞を、遂に陥落させたところまでが、今までの展開です。正直、この作品を読んでいて、初めて「ホッとできる」お話でした。
しかし、それは「ひとときの幸せ」と、締め括られています。当時の超大国、ハプスブルグ帝国に対して、この貧しく山深い山岳地にやっと暮らしている人々が、反旗を翻したのです。これからもまだまだ、不撓不屈の長い戦いが待っているハズです。

ちなみに現在の《スイス連邦国の成立は1848年》とされています。


狼の口 ヴォルフスムント 1巻 (BEAM COMIX)狼の口 ヴォルフスムント 1巻 (BEAM COMIX)
(2010/02/15)
久慈光久

商品詳細を見る


狼の口 ヴォルフスムント 2巻 (ビームコミックス)狼の口 ヴォルフスムント 2巻 (ビームコミックス)
(2010/10/15)
久慈光久

商品詳細を見る


狼の口 ヴォルフスムント 3巻 (ビームコミックス)狼の口 ヴォルフスムント 3巻 (ビームコミックス)
(2011/11/15)
久慈光久

商品詳細を見る


狼の口 ヴォルフスムント 4巻 (ビームコミックス)狼の口 ヴォルフスムント 4巻 (ビームコミックス)
(2012/09/15)
久慈光久

商品詳細を見る


狼の口 ヴォルフスムント 5巻 (ビームコミックス)狼の口 ヴォルフスムント 5巻 (ビームコミックス)
(2013/10/15)
久慈光久

商品詳細を見る


今回、他の連載陣も好調でどれも読み応えがあり、マンガ雑誌としてはお買い得だと思います。

決して、今回の『乙嫁語り』物足りないとか、期待外れという訳では有りません。
ただこれまでの展開と、いきなり異なる展開へと切り替わり、更に多くが説明不足のまま、次回へ続くという流れは、読む人によっては「何だ?」と思われても、仕方が無いと思います。ですので今回、敢えて『乙嫁語り』の推薦は致しません。


ハルタ 2014-FEBRUARY volume 11 (ビームコミックス)ハルタ 2014-FEBRUARY volume 11 (ビームコミックス)
(2014/02/15)
九井諒子、森薫 他

商品詳細を見る




しかし、超個人的な感想として、久々に。
本当に久々に、読み終えた後何とも言えない想いに捕らわれ、目頭が熱くなりました。もうこれは、作者である森薫氏の実力に、他なりません。

なぜかと言えば、今回のヒロインはまずいきなり、何かのファンタジー・アニメやマンガのように、その全身に鳥が寄り集まっているところから、始まります。
カラーではないので、断言は出来ませんか恐らくは、〈白い鳩〉ではないか?と思います。その鳥達が何かの気配に気付いて、一斉に飛び立つとその中から現れたヒロインは、これまでの乙嫁と達とは全く異なる、何よりも「美しい」と形容する以外には無い、珍しいキャラクターです。と同時に、これまでの〈乙嫁〉に見られた、何かしらに支えられた「強さと優しさ」を、全く感じさせないまさに、お人形のような美しさです。

作者もそれを強調したいのか、これまでのあらゆるキャラクターとは異なり、《目に瞳が有りません!》この為、言わば口にしなくとも、行動しなくとも(できなくても)感じる事の出来る、「生きる強さ!」や「心に秘めた意思!」が、まるで感じられません。
ですが、自分の口からは何も言わない。周囲からは、「愛されている、幸せな方」と思われて、それを疑う事も無い、初めての子持ち(生まれたばかりの赤ん坊)ヒロイン。そうこの女性は、若くして金持ちで心優しい、ただ少し彼女よりは年老いた夫の居る、レッキとした《人妻》です。

そしてそこへやって来て、鳥達を飛び去らせたのは、あのスミス氏と案内人のアリ君(名前を探すの苦労しました!)です。
この金持ちの家は、それまでの遊牧民や定住民。あるいは漁業をやって、生計を立てる人達とは異なり、恐らくは商売で財をなした人の家なのだろうと、思われます。とにかく大きな家(アラビア風の館?)で、使用人も大勢居ます。
例によってスミス氏は、自分を紹介してくれた人物の、人脈の大きさに呆れるばかりです。今回の家では、女性は人前に出るモノではなく、従って若い奥さんの紹介もありません。その為、この二人はまだ直接出会ってはいません。

しかし、4人は妻が持てるという立場と習慣の家で、例によってスミス氏は大いに戸惑い気味です。
そして若い夫人は、自分1人しか妻を持たない、優しい夫との久々に過ごす一緒の夜に、何かを期待していたようですが、客人の接待と仕事に疲れて帰って来た夫は、年齢の問題もあるのか若い妻のおねだりを、「明日な、明日」ともったいない!いや、素っ気ない言い方であしらってしまいます。
この家の中庭には、どこから水を引いたのか噴水のように、常に水を流し続ける彫像のある、大きな人工の池があります。そこが若い奥様の、お気に入りの場所なのでしょう。
夫が早々に眠ってしまった為に、夜中に寝所を飛び出すと、その池で水と戯れると、お気に入りの美しい花を手折ります。

そう、お気に入りの美しい花。
美しい庭に、贅沢な水が沸き出し続ける大きな池。そして、恐らくは美しい夜。
にも関わらず、若い奥様はまったく、気が晴れません。最後の、この若奥様の夜遊び?のシーンはまる4頁。
最後の丸1頁が、1枚の絵となっているシーンまで、久々に一切のセリフも擬音も無しです。今時、これだけ文字の無い絵だけで、コマ割りだけで、この美しい……もしかしたら、美しいだけの若い奥様の、切ないほどの寂しさが胸に迫ります。
それだけなのに、哀し位の切なさが、胸に迫り目頭を熱くしました。

それにしても、この若奥様が第4の乙嫁だとすると、それとたぶん出会うスミス氏が、まさかの不倫?略奪愛!?以外に考えられない、この展開ですが余りにも、そういう展開とは無縁のただ美しいだけの、覇気の欠片も無いただ寂しいだけの、赤ん坊もいる若い人妻。
頼むから、スミス氏。何も考えずに、事態を混乱……させそうな、予感です。あの人、結局訳有りの寂しい既婚者に、弱いんです……よネ!?


乙嫁語り 6巻 (ビームコミックス(ハルタ))乙嫁語り 6巻 (ビームコミックス(ハルタ))
(2014/02/14)
森 薫

商品詳細を見る


乙嫁語り 5巻 (ビームコミックス)乙嫁語り 5巻 (ビームコミックス)
(2013/01/15)
森 薫

商品詳細を見る


乙嫁語り 4巻 (ビームコミックス)乙嫁語り 4巻 (ビームコミックス)
(2012/05/12)
森 薫

商品詳細を見る


乙嫁語り(3) (ビームコミックス)乙嫁語り(3) (ビームコミックス)
(2011/06/15)
森 薫

商品詳細を見る


乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)
(2010/06/15)
森 薫

商品詳細を見る


乙嫁語り 1巻 (ビームコミックス(ハルタ))乙嫁語り 1巻 (ビームコミックス(ハルタ))
(2012/09/01)
森 薫

商品詳細を見る


森薫拾遺集 (ビームコミックス)森薫拾遺集 (ビームコミックス)
(2012/02/15)
森 薫

商品詳細を見る


シャーリー (Beam comix)シャーリー (Beam comix)
(2003/02)
森 薫

商品詳細を見る


エマ 10巻 (BEAM COMIX)エマ 10巻 (BEAM COMIX)
(2008/04/25)
森 薫

商品詳細を見る



エマ  全10巻 完結セット  (Beam comix)エマ 全10巻 完結セット (Beam comix)
(2010/11/01)
森 薫

商品詳細を見る




関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : マンガ家・森薫、エマ・乙嫁・シャーリー他
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line