新谷かおる著『クリスティ・ロンドンマッシブ』第3巻「ポーカースキャンダル」(前~ハイテンションは全7話完結済み)」



やっと出ました?新谷かおる氏のメディア・ファクトリー社刊「コミック・フラパー」に連載中の、『クリスティロンドンマッシブ第3巻です。


クリスティ・ロンドンマッシブ 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)クリスティ・ロンドンマッシブ 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2014/02/22)
新谷 かおる

商品詳細を見る


このシリーズの前に当たる、主人公の伯爵令嬢が少女(およそ12才くらい?)の時代を描いた、『クリスティハイテンション全7巻に比べて、だいぶ今一つの感じが抜け切れません。
そもそも今回の第3巻では、「ポーカー・スキャンダル」と言うタイトルの作品で、1冊が構成されています。ところが、この言わば大長編の内容が、これまでの短編や以前の『~ハイテンション』シリーズに詰め込まれた短編と比べても、圧倒的に緊張感から謎解き、本家「シャーロック・ホームズ」シリーズとの関係。
何よりも、『~ハイテンション』で大活躍した、スーパー・メイド二人の活躍に比べて、圧倒的に地味な脇役陣。これでは一体なぜ、公爵御令嬢(推定16歳以上)版にビルド・アップしたのか、皆目分かりません。

解る事はこのシリーズの中で、ホームズの宿敵として常に描かれる、モリアーティ教授が実は結構「良いヤツじゃないの?」という扱いくらいなものです。
今回も、表面上は穏やかにホームズと下町の料理店で顔を合わせ、まァそれなりに緊迫感はある物の、和やかに食事をして別れるシーンを、わざわざ挿入しています。恐らくは、別れ際でのホームズの最後のセリフが描きたかったのでしょうが、そんな事今さら言わなくても……的な感想を抱きました。

ただ今回は、本格的に将来このヒロインと連れ添うのであろう青年と、成り行きとはいえ親しくなる場面を挿入したかったのでしょうが、それにしても事件解決に手間と時間(物語内では3日間くらいのようですが)が掛かり過ぎです。
単行本1冊分となると、今までなら短編が大体3作は絡むのですが、1冊つを掛けて中身がこれですか?と言うのが、印象です。そもそも、色気で勝負するタイプの主人公ではないので、大人びても制約が多くなるだけで、お嬢様の我が儘に振り回される大人達の方が、よほど面白かったと思います。恐らくその展開のスピード感が、今回は気の抜けた炭酸飲料になっているように感じます。

大人にしたのなら大人らしく、公爵令嬢で無ければ解決できない、あるいは入り込めない社会制度や決まり事の中に、強引に割り込んで事件を解決する。
いわゆる、水戸黄門的な展開ですが、事実上爵位的には貴族の頂点(父親の物であって本人はその娘でしかないのですが……)で、後は王族ぐらいしか台頭に渡り合えない立場なです。これを利用しない手はないと思いますが、正直まだ伯爵の幼いヤンチャ令嬢のの時の方が、強引で身勝手で我が儘。だけど、最強メイド二人と常識的だけれど柔軟で発送豊かな、家庭教師(ガバネス)の助言の元、突っ走っていた頃の方が、躍動感と機知に富んでいて、多少展開に強引さや謎解きに無理があっても、それを無視できる軽快さが、感じられました。


クリスティ・ロンドンマッシブ 2 (フラッパーコミックス)クリスティ・ロンドンマッシブ 2 (フラッパーコミックス)
(2013/03/23)
新谷かおる

商品詳細を見る


クリスティ・ロンドンマッシブ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)クリスティ・ロンドンマッシブ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2012/06/23)
新谷かおる

商品詳細を見る


なぜか今回ヒロインの成長に伴い、スーパー・メイドの1人で2丁拳銃使いと、優秀な家庭教師を手放し、代わりに超人と魔法使いと超能力者を、新たにメイドに雇い入れています。
何か意味が有るのではないか?と思っていましたが、この3巻に至るもまるで意味が無いばかりか、むしろ抜けた穴の大きさが目立つだけです。果たして、今後持ち直せるのか否か?今後の展開に、期待するばかりです。



こちらは、ホームズを知っている人も知らない人も楽しめる、優良物件です!


関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 新谷かおる・マンガ家
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line