遂に理由もなく一方的にオリジナルの「フィギュア」&「ガレージ・キット」公開サイトを、一方的に閉鎖するそうです。



余りにも理由が不明瞭で、やり方他が強引なので〈一応正当な理由で閉鎖された経験のある〉当方としましても、とても他人事ではありません。

対象となったブログの問題は、「掲示された写真に《児童ポルノ的な物》が含まれるという、それも『外部からの指摘』に基づき、「何のどこが問題なのか?」という一番肝心な、ブログ製作者の質問には答えず(答えられず?)、一方的且つ短時間(1週間有りません!)で指摘すらされていない「該当図画の削除」か、別ブログ・URLを立ち上げての移転を、強制するという無茶苦茶なモノです。

こちらの場合は、要請当事者が日本音楽著作権協会JASRAC)で有る事がハッキリしており、規定に乗っ取った「削除該当行為=著作権法違反:歌詞の一部及び全部の掲載の無断掲載」と言う指摘があり、それに基づいたブログ主宰者側の「期限内に該当記事全ての削除要請と、それが為されなかった場合の『ブログ閉鎖』処置勧告」でしたが、今回の場合はまったく違います。

誤解の無いよう、該当記事全てをそのまま、コピー掲載させていただきます。


〈完全引用・転載〉


《先ずは通知文》


ご利用のブログ(http://red.ap.teacup.com/fatcatasahi/)

「”太った猫”の独り言」について重要なご連絡です。


急なお知らせとなりますが、4月10日に現在ご利用のブログは停止・削除いたします。

このたび外部機関より、ご利用ブログに児童ポルノまたはそれに類する疑いのある内容の投稿があるという指摘があり、昨今の社会情勢の変化等を鑑みた結果、誠に申し訳ございませんが、当ブログを削除させていただく事となりました。

なお、事態の緊急性から、お知らせから停止までが短期間となりますため、代替策として下記の2案を用意させていただきました。

1) ご希望のURLをご連絡戴き次第、
 数日以内に空のブログを用意してお渡しすることが可能です。

2) ご利用のブログが停止された時点のデータを、
 こちらで用意した空のブログに移動することも可能です。

 旧ブログ停止後1ヶ月半程度でご希望のURLの移行先ブログにデータの移動等を行い、閲覧パスワードをかけた状態でお渡しします。

上記2案の両方ともをご希望いただいても結構です。


新規に用意するブログのログイン用とくとくID、パスワードはこのブログと一緒です。

当ブログが削除される前に、とくとくIDのメールアドレスがご利用可能であること、設定中のパスワード等を必ずご確認ください。



なお代替策のご希望については当ブログの削除前、4月10日までにご連絡ください。

ブログが削除されますと、ご対応が難しくなります。


《上記に対する質問文?》


お忙しい中ご回答ありがとうございます。

以下の点にご回答願いたく思います。

1.児童ポルノもしくはそれに類するという指摘であったのに今回の肌の露出の多いフィギュアの記載が急遽追加された点

2.児童ポルノもしくは類するというものに貴社は,肌色のプラスチックがご指摘のものを想起させるという点で今回の指摘にいたったのか

3.そのような画像を削除依頼がありますが,該当記事の指摘がなければその記事を削除出来ないと言うことをご理解のしたうえでのご指摘でしょ うか

4.ブログにおいてサーバーを間借りしている以上,貴社の判断には理解を示さなければならない点承知してはおりますが,当ブログが公序良俗, もしくは,児童ポルノ法に抵触するという指摘がごもっともであれば,こちらも反省し,該当記事を削除した上で謝罪しなくてはなりませんが,フ イギュアさえもその対象とするその根拠をご提示下さい。

5.今回の貴社の行為は,公序良俗に反しない範囲での個人の表現の自由を侵害しているか否かという点においてご回答頂きたく存じます。

よろしくお願い致します。


《上記に対する返信?『”太った猫”の独り言 引っ越し版』リンク済み》


”太った猫”の独り言
管理者さま

このたびは、お問い合わせいただきお手数をおかけいたします。
突然のお知らせでご不快の念をおかけし、誠に申し訳ございません。
GMOメディアサポートセンターteacup.です。

今回のブログ削除は、弊社無料サービスの存続のため、
ブログの内容の健全化等を目的としたものです。
また社会情勢の変化により、インターネットサービスの健全化は急務となっておりますので、ご理解をいただけますと幸いです。

具体的にどの投稿に問題が存在したのかという点につきましては、
個別にはお答えいたしかねますが、弊社内で18歳未満と見受けられる児童のイラスト、フィギュア等の肌の露出の多いもの、児童を性の対象として扱う扇情的なポーズ等の画像が存在するブログを青少年保護の観点から削除対象としてご連絡を差し上げております。

ただし、ユーザー様のブログにおきましては、全体がそのような投稿ではなく、ごく一部であったため、できればURLを移動し、今後、通常利用の場合はそのような画像を削除して稼動していただくか、あるいは青少年保護の観点から、未成年の目に触れる可能性のなきよう、パスワード等をかけてご利用いただくことをお願いいたしたい所存でございました。

永らくご利用をいただきましたユーザー様にこのような件をお願いいたします段につきましては、非常に忸怩たる思いでございますが、何卒、ご理解の厚情をいただけますようお願い申しあげる次第です。

どうぞよろしくお願い申し上げます


はいはい、フィギュアもダメってもう少し法律、児童ポルノ法の勉強ぐらいしておいでくださいな。

 つーわけで 引っ越しますよ


〈引っ越し先:”太った猫”の独り言 引っ越し版リンク済み

そもそもフィギュアが、どうして『児童ポルノ』と言う犯罪に結び付くのか?という、大前提がに全く触れず、ただひたすら「昨今の社会的情勢に鑑み」と言われても、フィギュアやガレージ・キットを作る人や、そのオリジナル化の過程や出来映えをブログで公開する事もこの内容では、「弊社内で18歳未満と見受けられる児童のイラストフィギュア等の肌の露出の多いもの」という、社内で見る人の感覚だけが基準という、曖昧さとか恣意的とか言う事が恥ずかしくなる基準です。

いや基準にすら、なっていないと思います。
この内容をそのまま解釈すれば、「水着姿のリカちゃん人形の画像」すら、《18禁対象》と、なりかねません。いや、既になっています!
さらには、モデラーと呼ばれる人達が、仮にリカちゃん人形を素材にして、それをオリジナルに加工し胸や顔付きを変えたりして、別のキャラクターとして「肌の露出が多い戦闘服」を着せて、「リカちゃん人形を元に、~の何とかキャラを作ってみました!」と、公開する事も許されない訳です。

そしてここが一番のポイントですが、この事で一体誰が被害を受けるのでしょうか?
例にした「リカちゃん人形」を元にしたという事で、リカちゃん人形の製造・販売元が著作権侵害を訴えるかも知れません。しかしこれは飽くまでも、現在市場流通をしている例として上げただけです。

完全オリジナルの人形を作ったとしても、状況が変わるとは思えません。
これが表現の規制や、創造の自由を束縛する最も容易で、簡単な方法です。
何しろ、実質的な被害者が存在しない!上に、主観による直感だけ!で容易に犯罪者を作り上げる、実に有効な手段です。

言葉を変えれば、いわゆる「悪人顔(あくにんずら)」をしていると判断された人を、その段階で「悪人であり、犯罪者である」と決定するようなモノです。
証拠や証人によって、「いつ誰がどこで何を、どうした!?」のかを明確にした時に初めて、いわゆる事件性が発生します。そして、それが法に照らして犯罪行為であると判断されると、その犯罪行為の実行責任者を特定し、容疑者として取り調べ、その結果によって初めて、被疑者として法の裁きを受ける必要があるか否かを、法定で審理される。
当然司法官が、容疑者の行為を犯罪であると立証すると同時に、弁護士がその容疑者の犯罪行為の有無から始まり、法廷で裁かれる必要があるか否かを問い、最後は必要な量刑まで被疑者側に立って検証する。

即ち、法廷で有罪判決を受け、その量刑が確定するまでは『推定無罪』の原則が、法治国家の有りようです。
しかし犯罪事実の存在しない、今回のような処分はまさに思想信条の自由を放棄し、法治国家の概念を無視する、まさに専制独裁国家の有りように他なりません。どんなに美辞麗句で飾られようと、「ただ人の独断と偏見により、その行為を犯罪とみなし、罰を与える」以上は、証拠証人が不要の専制的警察国家と言われて反論の余地はありません。

面白いのは、「エロはダメだが、グロは良い?」とでも言うのか、人に嫌悪感を与えるかもしれない不気味な、気持ちが悪くなる事物を描こうが、創作しようが罪にはなりません。
あるいは、このままこの児童ポルノ禁止に名を借りた、表現や思想規制が罷り通るので有れば、やがては「清廉潔白で純潔無垢」でなければ、「社会に存在価値はない!」という、どこかの国と同じ様な「水清くして魚棲まず」どころでは済まない、本当の意味での「悪徳の社会」と化するのかも知れません。

百家争鳴こそ自由共存の証」願わくば、この故事を懐かしむような社会にだけは、なって欲しくないモノです。



・付録:『GMO』とは?



〈前略〉

ティーカップコミュニケーションリンク済み

・2004年07月-ブログサービス開始。
・2004年10月02日-筆頭株主のアイズファクトリー(2005年01月01日GMOに吸収)が株式交換によりGMOの子会社になる。
・2004年07月にGMOグループ参画を発表していた。
・2008年06月01日-本社所在地を東京都台東区東上野に移転。
 社名もGMOティーカップ・コミュニケーション株式会社に変更。
・2009年04月01日-GMOティーカップ・コミュニケーション、GMOメディアに合併し解散。


『グループの主な事業(サービス名)』

●ドメイン名事業(お名前.com、ムームードメイン、VALUE DOMAINなど)

●レンタルサーバー事業(お名前.comレンタルサーバー、GMOクラウドPublic、ロリポップ!、ラピッドサイト、CORE SERVER.JP、GMOアプリクラウドなど)

●インターネット・プロバイダー事業(interQ, ZERO、ベッコアメ、GMOとくとくBB)

●セキュリティ事業(グローバルサイン)

●決済支援事業(GMOペイメントゲートウェイ、イプシロンなど)

●インターネット証券事業(GMOクリック証券、FXプライムbyGMO)

●インターネットメディア事業(くまポン、9199.jp、JWord、ふくびき.com、freeml、壁紙.com、mypop、teacup、JUGEMなど)

●ネットリサーチ事業(infoQ)

《後略》


・オマケ






関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 児ポ法・メディア規制に反対です!
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line