J-CASTニュース『「フィギュアは児童ポルノではない」 ブログ削除に抗議署名1000人、運営会社が謝罪』



言うまでもなく、「J-CASTニュース」の完全無断引用です。





 美少女フィギュアの写真などを掲載するブログに対して、「児童ポルノまたGMOメディアが運営するブログサービス「teacup.ブログAutoPage」だ。

 2014年03月31日、複数のユーザーが同社から
「このたび外部機関より、ご利用ブログに児童ポルノまたは それに類する疑いのある内容の投稿があるという指摘があり、 昨今の社会情勢の変化等を鑑みた結果、誠に申し訳ございませんが、 当ブログを削除させていただく事となりました」
という連絡を突然受けたとツイッターで明かした。

 しかし、それらブログには実在児童の画像の掲載はなく、組み立て式の「ガレージキット」と呼ばれるフィギュアについて、細かなパーツや塗装過程を写真とともに伝える内容などだった。利用規約の違反事項に該当する項目も見当たらずユーザーは、「年齢不詳(幼い?)美少女のフィギュアがダメなんですかねえ」「丹精込めて造った作品をわいせつ物扱いした奴らは絶対に許さない!」と激怒している。
 フィギュアを扱うブログ以外にも、イラストを主に扱うサイトにも削除連絡が届いたという。

 これを受けてフリーライターの廣田恵介氏が04月03日、署名サイト「change.org」で「フィギュアは、児童ポルノではありません。」というタイトルで1000人を目標とする抗議の署名活動を始めた。

 「イラストやフィギュアなど、被害児童の存在しない創作物、無生物に関して『児童ポルノ』なる呼称を用いることのないよう、強くお願い申し上げます。また同時に、『児童ポルノまたは それに類する疑いのある内容』などという曖昧かつ無責任な言辞によって個人の創作活動を阻害なさらぬよう、重ねて強くお願い申し上げます」

 などとGMOメディアに訴える文面だ。

 ツイッターで漫画家などによっても拡散され、「今後、こんな事がまかり通ってはダメだと思う」「実在の性虐待被害者を救わない行為、被害者に沈黙を強いる行為に、加担しないでいただきたい」と賛同の声が集まり、4日間で目標人数1000人を突破した。

 「児童ポルノは根絶すべきだけど、これは方向性を間違っている」

 04月09日、集めた1118人分の署名を発起人の廣田氏と「エンターテイメント表現の自由の会」、参議院議員の 山田太郎氏らが共同でGMOメディアに提出した。
 署名提出後に廣田氏はツイッターで、GMOメディアに指摘をした「外部機関」とは警察や政治団体などではなく「広告主」であると伝えた。また当初はブログを04月10日に停止・削除するとしていたが、今回の署名を受けて1週間期限を延長するという。

 ネットでは「児童ポルノは根絶すべきだけど、これは方向性を間違っている」などと批判する声が相次いでいるが、同社はJ-CASTニュースに対し、

「本件につきましては、お問い合わせを頂いたユーザーの方に、本日個別にご案内をさせていただいておりますので、現在のところ取材をお受けすることは検討しておりません」

としている。

 ブログ削除の予告を受けたあるユーザーは09日18時半に連絡が届いたと言い、全文をブログに公開した。

「今回のブログ削除に関するご連絡において『児童ポルノまたはそれに類する疑いのある内容の投稿』という不足した表現を使用したことにより、本来児童ポルノにあたらないものについても該当するかのような誤解と混乱を招きましたことを、深くお詫び申し上げます」

 という謝罪の記述があった。


という事ですが、まだ法案改正どころか論議もされていない状態で、これでは本当に先行きが危ぶまれます。
自由」とは常に「規制と規律」とのせめぎ合いだという事を、改めて噛みしめています。
規制と規律」で尤も畏るべきは、「行き過ぎた自主規制」だという事は、歴史が証明しています。

己が自由を守る為に他者の自由を不当に律する」という事態に、決して陥らない不断の決意が必要です。
そして、何より「自由」とは自身が「自由であるべき」と信じる者同士が、互いの自由を認め合う事

それが民主的な法と正義に対して、正しいと信じる相手の唱える自由を『どれだけ容認できるのか?』その自主的な、寛容と連帯だけが『一方的な価値観による強引な押し付け!』による『規制と規律』に対する、唯一の対抗手段だと思います。
他者の自由を認めぬ自由など自由と言わない!』考えてみれば、自由と民主主義とそれを守る法律を正しいとするならば、当たり前の結論を『時の勢い』とか『清廉潔白で純潔純情な正義』と言う建前の前に、どれだけ虚しく押し流された事か……ここに、政治的な『法律に名を借りた強権の発動!』が加われば、自由と民主主義の根幹は簡単に失われます。

残るのは、専制独裁という結果だけです。
近代において、この専制独裁が文化を守った例は、皆無と言えます。


と言う訳で、少し古い?記事ですが、同じJ-CASTニュースより。




J-CASTニュース
2013年06月30日の記事より



 児童ポルノ法改正について、自民党の片山さつき衆院議員が、初音ミクをたとえに擁護したと受け取られ、物議を醸している。
 「意味が分からない」というもので、片山氏はツイッターなどで説明に追われている。
 東京青年会議所主催で2013年06月30日に参院選の各党代表者討論会が行われたときのことだ。漫画やアニメについても調査研究対象にした児童ポルノ法改正案について、ネット上で過度の規制があるのではと不安の声が出ていることが話題になった。
 コーディネーターのメディアジャーナリスト津田大介さんが、出席者の片山さつき議員にそのことを尋ねたときに、片山氏は初音ミクをたとえに出してこう説いた。

「初音ミクがある日突然引退したり、亡くなったら、あしたのジョーの力石のお葬式並みになると思うんですけども。まあ、そういうアイコンが作られてる中でね、その中にどんどん若い人が入ってしまった中で、その児童ポルノ的な、扇情的なものをしょっちゅう見せられて、それが犯罪に走らないと言い切れるのかどうかと」


「ニコニコ生放送でも中継されて話題に」



 討論会は、ニコニコ生放送でも中継されており、その様子はブログなどでも紹介されて、波紋を呼んだ。
「何言ってるのかさっぱりわからん(笑)」「ジョーは葬式してもいいけど、初音ミクはダメってこと?キャラが女だと性犯罪?」「こんなのが規制しようとしてるのかよ」…
 疑問の声は片山氏のツイッターにも、次々に寄せられた。

 これに対し、片山氏は7月3日、「実在しないキャラクターの児童ポルノを規制すべきか、の論点で、初音ミク並のリアルな動きの女児を主人公にロリコンボルノが描かれたら、それには誘発効果あるかもしれない、という仮想的な例ですよ」とツイートで説明した。さらに、「ドカベンの妹の入浴場面などには犯罪誘発の恐れはありえないでしょう」とも付け加えた。

「誘発効果で犯罪に走るとは言っていない」

 初音ミクのファンから、ミクの利用者も危険分子になるのかとツイッターで聞かれると、片山さつき議員は、「彼女は(18歳以上かどうかは別として)『女児』の設定ではなく『女性アイドル』の設定に私には見えますので児童ポルノの年齢的対象に入らないと思います」と返した。つまり、ミクがそのままロリコンポルノになると言っているわけではないらしい。
 片山氏はこのほかにも、ツイッターでいくつかの質問に対応していた。
 とはいえ、片山氏の一連の発言を見ると、ロリコンポルノのアニメや漫画は、その誘発効果で犯罪に走らせる可能性があると言っていると読めなくもない。

 この点について、片山氏は、取材に対して、次のように説明した。
「誘発効果で犯罪に走るとは、私は言っていません。誘発効果はあるかもしれないし、ないかもしれない。そのことについて、法案では調査研究すると言っているわけです。私は、アニメなどを取り締まれという強硬派な推進派ではありませんよ。児童ポルノの単純所持禁止についても、罰則がないのは日本だけだと言っているわけで、強行しようとは思っていないんですよ」
 ネット上で発言が疑問視されていることについては、「批判というよりも、考え方の違いだと思います。私は、気が付いた限りで丁寧に応対しているつもりです」と話している。


と言う訳ですが、もう少し詳しくこの方の自説をと言う場合に、出されるのがこのがこの映像です。
この方の持論は、「実写であれ絵であれ人形であれ、幼女・童女・美少女(現在の法律では18歳以下は皆青少年。16歳で結婚できる女子も、未青年という事で現行法のままだと、これもいわゆる児童ポルノの対象になります。未青年とは、18歳以下全てに適応されます。)を模した(姿形をした)ものの、裸や淫らな(どんな?)ポーズ(水着等も含まれます)をした姿を見た青少年(18歳以下の未青年は男女を問わず)、実在の女性に対して、猥褻な欲望に《取り憑かれる可能性がある!》という信念」です。
この確信に満ちた、考えがどこから来るのか?何を根拠にしているのか、解るようで解りません。この方の言い分としては、「分から無いのがおかしいのであって、これは紛れもない事実!」だそうですが、それを科学的に証明した根拠は、世界中どこを探しても見付かりません。
その事実は認めながら、「それはそうではないと言う証拠にはならない」と言うのですから、まさに議論の余地無しです。


〈直接この件に触れているのは6分過ぎ位からです〉




関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 児ポ法・メディア規制に反対です!
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line