ITmedia ニュースより 『遠隔操作ウイルス事件の「真犯人」を名乗るメール06月01日、午前0時過ぎ報道関係者などに届いた』そうです。



ITmedia ニュースリンク済み』より全文引用です。


------------------

遠隔操作ウイルス事件「真犯人」メールが再び届く
早く片山さんに伝えて楽にしてあげてください



遠隔操作ウイルス事件の「真犯人」を名乗るメールが再び届いた。「片山さんに自作自演を指示し無実を一転させるよう仕向けたのはこの私」と、片山被告が犯行を認めたのを受けた内容になっている。
 遠隔操作ウイルス事件の「真犯人」を名乗るメールが06月01日午前0時過ぎ、報道関係者などに届いた。「今回片山さんに自作自演を指示し無実を一転させるよう仕向けたのはこの私です」と、事件で起訴された片山祐輔被告が犯行を全面的に認めたことを受けた内容になっている。片山被告が先月送信したメールは「真犯人」の指示に基づいて送信されたものだ、という。


編集部:注
このメールについて、片山被告は関与を否定し、弁護人はいたずらとの見方を示している。
新たな「真犯人」メール、片山被告は否定 弁護人は「いたずら」との見方
 遠隔操作ウイルス事件では4人が誤認逮捕され、威力業務妨害などの罪に問われた片山祐輔被告が無罪を主張していたが、先月、保釈中に真犯人を装ったメールを送信したスマートフォンを河川敷に埋める様子が捜査関係者に見つかるなどしたため、一転して起訴内容を全て認めている。



 新たに届いたメールは、片山被告が送り主からの指示を受けて先月のメールを送信した、と説明する内容になっている。真偽は不明だ。

〈記事には文面の写真掲載〉

届いたメールの一部
片山さんに自作自演を指示し無実を一転させるよう仕向けたのはこの私

 新たなメールは1日午前0時過ぎ、ITmedia契約ライターや落合洋司弁護士らに届いた。
 宛先はこれまでのメールと同じとみられる。差出人は「安部銃蔵」を名乗り、メールアドレスは「onigoroshijuzo11111011110」アカウントによるフリーメールだった。

 メールは「毎度忘れた頃に現れる真犯人でーす といってこの事件が忘れられた頃にでも現れようかと思っていたのですが これ以上片山さんを苦しめるのはさすがに気の毒なので特別にお知らせします」と始まり、「今回片山さんに自作自演を指示し無実を一転させるよう仕向けたのはこの私です」と述べている。

〈記事には文面の写真掲載〉

片山被告が犯行を認めるきっかけになった、5月に送信されたメールの一部
 片山被告に対しては、プライバシー情報を入手することで「従わなければ今まで入手したプライバシー情報を全て拡散する」と脅したのだという。片山被告が犯行を認めるきっかけになった先月のメールは「片山氏が保釈後に尾行されているということも当然わかっていたので、これも利用されてもらいました。あえて見晴らしの良い場所を彼自身に選択させました。彼は河川敷を選んだようですが、なかなかグッドなチョイスでした」という。

 「その後は適当に逃げて捕まったら自分が真犯人かのように振る舞い無実を一転させ有罪、というシナリオです」と、メールの送り主が“黒幕”であることを告白する内容だ。

 片山被告への指示は、具体的には専用のURLを「代行業者」を介して片山被告に伝えることで行ったという。「指示内容とメール文はネット上に載せておきました。当然ですが既に削除済みです。指示文は保存禁止にし、メール用の文章のみ彼の端末にコピペさせました」。「URLは記憶に残りにくいものにしたのでまず覚えていないでしょう。もちろん海外のサーバーです」「痕跡が残っているはずはありませんが、でもまあ頑張っていろいろ解析してみてください。何か手がかりが掴めるかもしれませんよ^^」という。

 「今回片山さんはよく頑張ってくれました」「それにしても世間の皆さんひどい手のひらの返しようでしたねぇ。まったくヒドイ世の中ですねー」とした上で、「この遠隔操作事件というゲームは5人目で締めくくろうと思っていますが、今後、警察・検察の行いによってはまた新たな被害者が出るかもしれないのでくれぐれも注意してくださいね」「もし以上の事を刑務所に入る前に少しでも話してしまったら、片山さんのプライバシー情報全て流出させるように脅してあります。でももういいです。終わりです。早く片山さんに伝えて楽にしてあげてください」と記されている。

 また「この前、2ちゃんねるにウイルスを貼ったら踏み台がたくさん集まりました。なのでまたいつでもゲームを始めることも可能です」と、2ちゃんねる「ニュース速報(嫌儲)」のスレッドIDを示している。このスレッドでは4月末、マルウェアへのリンクが投稿され、ユーザーが感染する騒ぎがあったことが報告されている。


------------------

引用終わり

何でこれが新聞TV等では報道されないのか?
そちらの方が気になります


「バカだねェ~、そんな事も分から無いの?」というような、常識的で解りやすい理由(営利誘拐事件の時の『報道協定』のような)があるのなら、それでも良いのですが単純に「イタズラ」と決め付けて、現被告を犯人として裁いて良いモノでしょうか?

そもそもこの事件は、警察と検察による4人モノ誤認逮捕!により、世間の衆目を一気に集め、しかもその中2人は「自白」までしていた事から、一気に大事件となりました。
何しろこの事実は、大雑把に言って「現在の捜査機関により逮捕・起訴された場合、100%近く有罪となる確率があり、しかもその内の1/2は、〈虚偽の自白〉まで行っている」事が、文字通り白日の下に晒された訳です
同時にその前後に、冤罪事件及び死刑判決の再審決定!という事態まで、連続して発生しながら、特に警察と検察などの捜査機関は、とても謙虚に反省などはせず、既に再審決定を下した裁判所が「人間と許さざる状況にある」として、死刑囚の即時解放を決定したにも関わらず、警察と検察はその威信から「再審決定を不服」として、上級裁判所の判断を仰ぐ決定をしています。

このような状況下で、どんな怪しくても(ちなみに「パソコン遠隔操作事件」の現被告は、早くからネット内では〈真犯人〉として疑う人が多かったようです。ただ警察が早々と無実の4人を逮捕した事と、その原因である第三者のパソコンを、ネットを通じて遠隔操作し作動できるプログラムを作った事と、その痕跡を見事に消した手際などから)決定的な物的証拠が無い以上、裁判の「疑わしきは被告人の利益に」と言う原則に照らしても、「無罪」は、確定的と思われていました。
ところが、裁判所が保釈するほど緊迫感の無い被告が、その保釈中に《ワザワザ自分で物的証拠を作ってその証拠を尾行監視されていると考えるのが常識的な状況で、選りに選って川の土手に埋める!?》という、超常識外れの事を行い!当然の如く、その証拠は捜査員により掘り返されて、発見され保釈取り消しの上に再収監されました。

そして、一転してこれまでの「無罪主張」を覆し、「全て自分がやった!」と、起訴事実を全面的に認める常識的には信じられない、SFかホラーか!?と思わせるような、奇怪な展開になりました。
事実彼が真犯人だとは、ちょっと容易に信じられません。大変申し訳ないのですが、彼の能力では最初の脅迫メールをネット上から、第三者のパソコンに忍ばせて送信させ、その痕跡まで抹消するなどという事が出来るとは、これまでの経歴上信じられないのです。

是非、検察・弁護側双方による、裁判官立ち会いの元、被告人自身に同様の行為を、実証試験をして貰いその所要時間や、手際を第三者の専門家により事件のモノと同一かどうか、判断して貰いたいと思います。
何しろこの偽メールでは、4ヶ所が4ヶ所で全く異なる方法が、用いられたらしいからです。この実証無くして、被告を有罪とする事は、再びこの国の司法と裁判制度に、大きな禍根を残す事になると思います。

現在届けられたメールは、予想された「イタズラ」の範囲内です。
そして、その可能性は低くないと思いますので、弁護側が取り合わないのも解りますが、そもそもの「脅迫メール」自体が、極めて愉快犯的な「イタズラ」性の高いモノであった事を考えると、これは決して放置すべきでは無いと思います。
今後、類似の幾つかの、「真犯人メール」が登場するかも知れませんが、それら1つ1つを潰して行く事により、初めて本当の「真犯人」に、辿り着けるかも知れません。

少なくとも、現被疑者の証言を鵜呑みにする事は、明らかに酩酊状態の精神状態の人の言う事を、信じる事と同列だと思います。
今回の件に関して、「自分が犯人であるかのように証拠を作り偽証した」偽証罪と捜査妨害?や、世間を騒がせた騒乱罪などの罪がある事は必須です。
ですが、そもそもの誤認逮捕を生んだ捜査側の問題。保釈された被告に対する、弁護側の対処の問題など、この件によって明るみに出た現代の犯罪捜査手法や、司法の在り方など問われる問題は多いと思います。





関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 大手メディアが伝えない情報
genre : ニュース

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line