今ではこの設定は、使えないよネ?オリジナルTVアニメ・シリーズ『タクティカルロア』を見直しました!



いわゆる「早すぎた傑作(良作)!?」の1つだと思いますが、同時に「今、現在では社会状況的に作るのが難しい作品なのでこの時に作られて良かった!?」とも言えると、思います。
作品の詳細は、毎度の事ながら下記「フリー百科事典ウイキペディア」を、御参照下さい。
この作品がTV放映されたのは、2006年01月からと言うのが、驚きです。ですが、同時に現在及び近い将来では、この設定を使うのは無理だと思います。

そしてこれが、原作の存在しない「TVシリーズオリジナルアニメ」だと言うのも、本当に驚きです。






EMOTION the Best タクティカルロア DVD-BOXEMOTION the Best タクティカルロア DVD-BOX
(2010/07/23)
菅沼久義、中原麻衣 他

商品詳細を見る


タクティカルロア 1 [DVD]タクティカルロア 1 [DVD]
(2006/03/24)
中原麻衣、菅沼久義 他

商品詳細を見る


タクティカルロア 02 [DVD]タクティカルロア 02 [DVD]
(2006/04/26)
中原麻衣、菅沼久義 他

商品詳細を見る


タクティカルロア 03 [DVD]タクティカルロア 03 [DVD]
(2006/05/26)
中原麻衣、菅沼久義 他

商品詳細を見る


タクティカルロア 04 [DVD]タクティカルロア 04 [DVD]
(2006/06/23)
中原麻衣、菅沼久義 他

商品詳細を見る


タクティカルロア 05 [DVD]タクティカルロア 05 [DVD]
(2006/07/28)
中原麻衣、菅沼久義 他

商品詳細を見る


タクティカルロア 06 [DVD]タクティカルロア 06 [DVD]
(2006/08/25)
中原麻衣、菅沼久義 他

商品詳細を見る


タクティカルロア 07 [DVD]タクティカルロア 07 [DVD]
(2006/09/22)
中原麻衣、菅沼久義 他

商品詳細を見る


TV放映時にもかなり真面目に?観ていたはずなのですが、レンタルのDVDビデオで改めて通して観て、驚きました。
なんと、この作品全13話!だったのです‥‥‥。てっきり、24話前後だったと思い込んでいたモノですから、かなり驚くと同時にその密度の濃さに今さら、驚いた次第です。
実は見直した背景には、この作品に登場する主人公とも言える艦船や、西太平洋から東南アジア海域の設定など、かなり凝った内容になっている事に、気が付いたからです。敢えて加えるならば、「今だったらこの設定は危なくて使えないよネ!?」的なところもありますが、それはそれとして、2006年1月の放映当時にこの作品が、原作のマンガや小説・ゲームのある作品ではなく、完全にアニメオリジナルだと言う事も、知りませんでした。
これも改めて知ってショックを、受けました!今時、果たしてこれほどの作品を、アニメオリジナルで作り得るか?甚だ、疑問です。

そしてその結果、放映時から疑問だった事の多くが、理解できました。
この作品に対して、最初に抱く大きな疑問は「説明や解説が無さ過ぎる!特に戦術面が!!」という部分で、ほとんどが現行兵器の延長とは言え実際には架空の未来兵器ですから、その使用法などの説明があっても言いと思うのですが、全くと言っていいほどありません
しかも〈タクティカル〉=戦術的なというタイトルを付けていながら、これも全く戦術内容には触れていませんでした。

ただ、どちらも説明は無いまでも、描写やセリフ表現はリアルというか、分かり易く描かれていましたが‥‥‥。
そもそも「ロア」とは何か?が、タイトルにあるにも関わらず、結局よく分かりませんでしたが、物語の中で語られているような、超巨大な熱帯低気圧。つまり日本で言う、超大型台風の事でその原因はともかく、事象としては自然現象を示していた事には、驚くよりも脱力しました。

ただし、物語の中で発生しその後の西太平洋地域の、地球環境を著しく変貌させるほどの、超大型台風は単純に非常識に大きいだけではありません。
本来ならば、どれほど巨大でも自らが引き起こす風と気流の関係で、動いて消滅するものです。ところがこの「ロア」と後に呼ばれた現象の特徴は、内と外で互いにうち消し合う、左右反対の渦巻き状気流が発生し、現状海域から全く動かないまま、永久機関のように互いに熱帯海面から水蒸気を巻き上げ、吹き下ろしを繰り返し続けている事です。
自然現象としては考えられない、特異な現象でそれ故「グランドロア(巨大な轟音)」と、呼ばれている訳です。
ただし如何に不自然でも、これだけの自然現象を人工的に生み出す事もまた、極めて不自然だという事で物語の中で、その可能性と小規模の再現実験の話しが出て来る訳です。
なおこの「グランド・ロア」によって発生した、大小さまざまな災害を「ケースオメガ」と称しています。しかもこの状況は、既に半世紀近くが経っているとされています。つまりこの非常識な、超大型台風が居座っている状態が、日常になっている近未来を描いている設定です。

ですので、全体としては漠然と21世紀後半というべき、時代設定です。
基本的には、完全にSFですが主役級とも言うべき護衛艦が、現在の即ちこの時代設定では旧態依然とした。現役の海上自衛隊護衛艦はるさめ(DD-102)をモデルに、他国で動態保存されていたフリゲート艦を、未来に蘇らせたいう設定になっているそうです。なお、この時点で海上自衛隊の全面協力を得た上で、作品中の艦のナンバーは「102」だと言う事です。


〈2014年現在・海上自衛隊護衛艦
はるさめ・DD-102」〉

はるさめ011

はるさめ03


〈作中の主人公的護衛艦「パスカルメイジ」〉

タクロア13055

タクロア1301

タクロア1313


そして今回、これら一連の見直しのキッカケは未だ他では見聞きしない、防御用高出力レーザー兵器の描き方です。
上記のフリー百科事典ウイキペディアによると、次の記されています。


THEL-CIWS(せる・しうす)
艦橋前の甲板より高い台座と、格納庫屋根後端に装備された最新式対空兵器。
名前は「Tactical High Energy Laser CIWS」の略。高速射砲やアルヴィースCIWSなど従来型対空砲が実体弾を空中に撒いて弾幕を張る「点」の対空手段であったのに対し、高出力レーザーを照射することで「線」または「面」による対空防御を行い、速度のあるミサイルでも複数同時に迎撃することができる。
但し、高出力ゆえに発射には多くの電力を要するため、頻繁には使えない。劇中では第13話冒頭において、ナクロマ共和国艦隊より発射された夥しい「アルファル」ミサイルを迎撃するために使われたのみである。発射(照射)から命中までのタイムラグが殆ど無く、光の帯が走ることも無いというある意味リアルな描写であった。
〈註:「光」を使って攻撃するので、撃った次の瞬間には目標へ命中(到達)する。〉
本艦装備中、唯一SF的な光学兵器だが、実際に同名対空兵器が開発されているという。

〈後略〉

・参照:フリー百科事典ウイキペディアリンク済み

CIWS(シウス、もしくはシーウス,Close in Weapon System)は、艦船を目標とするミサイルや航空機を至近距離で迎撃する艦載兵器の総称であり、個艦防御システムの1つである。日本語では「近接防御火器システム」などと訳されている。
なお、アメリカおよびNATO諸国では「シー・アイ・ダブリュ・エス」とそのまま呼称する。

〈後略〉



と言う訳で、先ずはその場面から。



TVアニメシリーズタクティカルロア
第13話最終回アウトワードバウンド




〈リンク切れ御免です!〉

先ずは、余りにも実態を知って、ショックを受けた!上記最終13話から、交戦兵器の使用表現です。
ちなみにこの近接防御兵器は、この物語この場面だけにしか登場しません。もちろん秘密兵器とかでは無く、常設兵装のハズなのですが‥‥‥。

タクロア1301

タクロア1302

〈これがその未来的光線防御兵器です〉

タクロア1303

タクロア1304

〈カメラに使う超大型ストロボのように発光します〉

タクロア1305

タクロア1306

〈空中で何かが光ります。こちらに向かって来る
敵の対艦ミサイルが空中で光ります。
この時光の壁に、当たったと思われます!〉

タクロア1307

タクロア1308

〈次々と空中で爆発する、敵ミサイル!
ですので、発射から着弾まで時間差無し
だそうですが、まるで説明がありません!ハァ~〉

タクロア1310

タクロア1311

〈後には何も残りません!〉

物語の進行上は前後しますが、この光線防御兵器を使用する前は、防御用自動追尾ミサイルで敵に対艦ミサイルを、迎撃しています。
その発射システムが少し変わっていて、発射装置の後方からミサイルを自動装填する仕掛けなのですが、装填に人手が掛からない反面、いちいち装填してから発射するので、やや発射用意に時間が掛かります。しかしこのシステムの為に発射装置の規格にさえ合っていれば、異なる種類のミサイルも発射できるという利点があります。
実際に、この最終回ではそれまでの迎撃ミサイルより威力も射程もある、新型のミサイルに変わっています。


タクロア13019

タクロア13020

タクロア13022

タクロア13023

タクロア13024

タクロア13025

タクロア13026

タクロア13027

タクロア13028

タクロア13029

タクロア13031

タクロア13032

〈説明らしきモノもなく、この凝った描写画面のみで
見せるのがこの作品の、1つのやり方のようです
(お陰で放映時には、よく分からなかったりして・・・)〉

タクロア13033

タクロア13034

タクロア13036

タクロア13037

〈発射されたミサイルは見事に、
ことごとく相手のミサイルに命中します。〉

しかし、相手もこの程度は想定内なのでしょう、既に次の手を打っています。
迎撃されたミサイルの後ろから、回り込んで来るミサイルがあっります。今の迎撃ミサイルでは、間に合いません!その為に、先ほどの近接光線兵器を、使用する場面になります。
ですが、何もかもいきなりで説明無しですから、幾らキチンと描かれていても、そう簡単には理解できません!


タクロア13014

〈対艦迎撃ミサイル全弾命中!しかし、
回り込む誘導体艦ミサイル接近!
この時に光線防御兵器を使います。〉


上記の対艦迎撃ミサイルは、第13話・最終回に装備された特別製で、どうやら威力も射程も速度も、通常装備のミサイルを、上回っているようです。
以下が通常装備の、迎撃ミサイルです。なお兵器と認識されるまでは、空飛ぶ物体には日本語の「飛翔体(ひしょうたい)」という言葉を使うところも、現在の状況が反映されています。

註:面倒な言い方になりますが、方法は何であれ空を飛ぶ物体は全て、「飛翔体」という事になります。
これがロケット推進ならば、全てロケットですので弾頭が付いて、武器の場合にはロケット弾(ロケット兵器)となります。「ミサイル」とは逆に推進方法を問わずに、的にぶつける事の出来る「武器・兵器」を指しますが、元々日本語の「飛翔体」が「ミサイル」の訳語の為に、ロケット兵器とミサイル兵器が日本語の中では、混同されています。
極論を言えば、ダーツの矢も弓矢の矢も「飛翔体」であり、殺傷力があれば広い意味ではミサイルと呼んでも、良い事になりまが、これらはロケット推進ではありませんので、「ロケット弾」と呼びません。
要は、予め殺傷・破壊力を持った武器として作らた上で、自力推進で(ロケット推進でなくとも)空中を飛び、予め狙った目標に向かって飛翔する能力を持った兵器を、総称して「ミサイル」と呼ぶようです。
上記の防御ミサイルは特別製ですので、通常の防御ミサイルが第1話から、描かれています


タクロア01002

タクロア01003

タクロア01004

タクロア01005

タクロア01006

タクロア01007

タクロア01008

タクロア01009

タクロア01010

〈こちらの方が日常的なのか、
描写が細かくてリアルです〉

タクロア01011

タクロア01012

タクロア01013

〈そして更に打ち漏らして接近する、
敵の対艦ミサイル対する防御兵器〉

タクロア01017

タクロア01018

タクロア01019

タクロア01020

タクロア01021

タクロア01022

〈上下2連砲身の重機関銃ですが、
目標の発見・照準・発砲まで全自動
と言うのが、見せ場のようです。〉

タクロア01014


そしていよいよいよ?ですが、この護衛艦最大にして最強の武器、いわゆる「クルージングミサイル」のようですが、要は対艦ミサイルです。
目標に対するデーターを入力されると、それを目指して自力で方向を調節しながら飛ぶという、圧倒的な対艦ミサイルです。ただし、飛ぶ速度と敵に発見され難い、低空を飛ぶ為に海面の自然現象にまでは、対応し切れないようです。もっともそこまで低く飛ぶからこそ、例え相手が発見しても迎撃に時間が掛かると言うのでしょうが‥‥‥。


タクロア01023

タクロア01024

タクロア01025

タクロア01026

タクロア01027

タクロア01036

タクロア01037

タクロア01038

タクロア01040

タクロア01041

タクロア01042

タクロア01043

タクロア01044

タクロア01045

タクロア01045


第1話の発射場面と、オープニングの壮絶な発射シーンを組み合わせてみました。
当然これを相手も察知して、迎撃する訳です。こちらと、同様に。


タクロア01046

タクロア01047

タクロア01048

タクロア01049

タクロア01050

タクロア01051

タクロア01052

〈これは見事に迎撃された状態を、
艦内で確認しているのだと思います。〉


お互いの条件が同じだと、潰し合いになります。
ちなみに主人公の艦は、「民間の警備保障会社が保有する護衛艦」ですので、その仕事は「依頼主を守る!」と言う点に集約されています。
ですので、如何に敵が弱体化しても逃亡する以上は、追い掛けてトドメを刺す必要はありません。むしろそれは、越権行為とか過剰防衛になりますから、通常は行われません。しかし、この物語の第1話のスタートが、いわゆる「海賊?による護衛艦狩り!?という、極めて剣呑な状況に陥っています。
更には連合軍(洋衛軍)が極秘開発した、試作の新造戦艦?特にステルス(相手に探知されない、見えない)能力に優れていますが、これを実験演習中に海賊に拿捕されるという、大失態を起こします。しかもその件を隠蔽した為に、更に事態が拗れて主人公艦との一騎打ちとなります。

本来は護衛する顧客の船を、無事に逃がせばそれで任務完了のハズが、始めから「護衛艦狩り!」ですから、標的は主人公艦です。
しかも相手は、水中に船体の半分以上を隠す事が出来るという、最新鋭艦です。そこで、主人公側は思い切って停滞し続ける、超巨大低気圧周辺に発生している、〈スパイラルバンド〉と呼ばれる、これすらも巨大な積乱雲が生み出す、大荒れの海域に突入し、いかに新造戦艦と言えども隠れていられなくすると言う、荒技を見せます。
相手はてっきり、この無茶な行動は逃げ切る為の算段と判断を誤り、存在を隠す有利を捨てて追跡します。しかしその荒天を抜けた直後に、待ち伏せていた主人公艦からの対艦ミサイル攻撃を受けます。
荒れ狂う海域を抜ける為に、ステルス性を犠牲にした、その僅かな隙を突いたのでした(第2話より)。


タクロア01053

タクロア01054

これが半世紀以上、突如発生したまま居座り続ける、超巨大台風「グランドロア」の姿です。
周囲には幾つもの小型台風とも呼べる、巨大な積乱雲を発生させグランド・ロア内部へはもちろん、周辺に近付く事さえ困難になっています。しかも中心部より重力異常も発生し、その高く成層圏近くまで盛り上がった積乱雲は、激しく上昇と下降の気流を繰り返し、海上の艦船はもちろん上空の航空機すら飛行を困難にしています。


タクロア02001

タクロア02002

タクロア02003

タクロア02004

タクロア02005

タクロア02006

タクロア02007

タクロア02008

タクロア02009

タクロア02010

タクロア02011

タクロア02012

タクロア02013

タクロア02014

タクロア02015

タクロア02016

タクロア02017

狙い通りに命中し、敵艦は大破しますが対艦クルージング・ミサイルの1発は、大波にのまれてそこで爆発四散します。
このような場所だからこそ、相手も攻撃されるとは思っていなかったし、主人公側も「無茶は承知!」の一瞬の勝機に掛けた結果でした。


タクロア05001

〈主人公艦(奧に見えます)と僚艦「コールマン」〉

タクロア12002

〈主人公艦「パスカルメイジ」と、この当時の通常護衛艦や
戦闘艦の正面比較ですが、拡大してあります。余り正面を
比較する鮮明な映像が無いのですが、違いは歴然です。〉

この時期既に、艦船のスクリュー推進の時代は終わっているようで、現代の護衛艦のイメージを残す主人公艦ですら、その推進機関は「超伝導プルパルサー」とか「水流ジェット」などのSF設定的なものです。
さらに「量子コンピューター」が一般化しているらしく、艦艇規模に対して乗員は約50名と現代の半分以下です。そしてその結果、他の新造護衛艦や戦闘艦はステルス性の向上や、速度に対する抵抗を減らす為に、結果的に平面的で画一的なデザインとなった。と、言われています。
突起の少ない平坦なデザインに、船体中央部を細くし両端に安定の様のバルジを、まるで翼の先を水中に沈めた様な主人公艦の僚艦「コールマン」などが一般的です。また大型艦になると、同じ理由で双胴艦なども、多く見られます。
その為、その性能はともかく主人公艦は、実に悪目立ちをするデザインだと、言えるかも知れません。


〈この時代の標準的な護衛(フリゲート)艦で
主人公艦「パスカルメイジ」の僚艦「コールマン」〉

タクロア13050

タクロア13052

タクロア13053

タクロア13054

見た目では現代のフリゲート艦(日本の海上自衛隊で言う護衛艦)を、動態保存状態から約半世紀ぶりに復元すると同時に、未来の技術で大幅に改装した武骨な主人公艦に比べ、実にスマートです。
ステルス性を重視し平面構成を多用し、速度や機動性能を重視した結果。、船体中央部の節水面積をなるべく狭くし、船体中央部を細くする代わりに、両側に翼のように甲板を伸ばしその先端を水中に沈めて、バルジ(基本的にはウキですが、内部に動力や補助燃料タンク、そしてその構造自体が魚雷などの攻撃から、船体を守る防御壁の役割もする、優れモノです)による安定と細い船体に収まり切らない機能も、装備できます。
巨大な戦闘艦になると、双胴船なども登場しますが、とにかく「人を殺す事も出来る船」としての護衛艦というよりは、大型のクルーザー(外洋船)にしか見えない、ある意味でおしゃれな船です。

しかも、戦闘能力は主人公艦に負けず劣らずでも、その搭乗員は旧型艦を改装した主人公艦よりも、少なくて済む!?という、大きなメリットもあります。
ただ主人公艦は、艦の規模に対して明らかに多すぎる、武力性能を持っています。その為に幾分、同じクラスのコールマン級と比べると、速度が遅いという欠点があるそうです。そして構造的に、安定性に劣る為、場合によっては武器使用に、船体構造が耐えられないと言う、ある種致命的な問題もあるようです。
もっともその事が、第2話や第13話の最終回で敵の見込み違いを誘い、逆転への布石となったようですが、作品中では明確な説明はされていません。

実は、「タクティカル戦術的な」の部分でより地味で、説明がロクに無く見過ごされがちな場面が、他にも散見されます。
ですが、取り敢えず今回は「光線兵器を使用したら時間差無しで目標に当たる!から、その光線の軌道や効果範囲を描く必要は無い!」という、前代未聞の表現演出を特に強調したいと思います。


〈リンク切れ予備・第13話〉






関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 軍事と兵器
genre : 趣味・実用

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

タクティカルロア

タクティカルロア、懐かしいですね。
このアニメ、好きでした。

御訪問ありがとうございます!

HINAKAです。

はつゆき2

今回、改めて見て出来の良さに、驚いています。
これほどまともな、海上戦闘シーンはもしかして、未だに無いのかも知れません。最初見た時には、女性ばかりのクルーと、突っ込み所だらけの内容にばかり目が行って、このリアリティに気付きませんでした。

またの御訪問を、お待ちしております。

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line