なぜ批判や非難?甲子園でのカット打法に超スローカーブ!



またか!という思いを、しました。
正直なところフィクションである、マンガやアニメの高校野球マンガは、「ドカベン」以来、現在は何と言っても女性の描く、男性(たぶん‥‥‥)マンガ&アニメ『大きく振りかぶって』とかアニメのみですが、王道の「ダイヤのA(エース)」は見ています。もちろん、「タッチ」なんかはまさにど真ん中、世代?でしょうねェ~。

ただ本物の高校野球は、最近余り面白いとは思えず、何だか強いところが勝つ!部員の多い有名や名門高校が勝つと言うパターンが決まって来て、たまにいわゆる「ノーマーク」のその時は無名公立高校が、あれよあれよと勝ち進んだりすると楽しんだりします。
ただ、最近より見なくなった原因に、高校野球も組織化情報戦化、そして技術的高度化が進んで、柔よく剛を制す。などと言う事よりも、あらゆる意味で大きくて数が多いチームが(お金持ちの学校が?)、勝つべくして勝つ事が多いようで面白くないところが増えています。

ところが昨年夏、面白い選手が登場し、明らかに甲子園を湧かしました。
学校はやはり野球の名門校と知られる、『花巻東高校(岩手県)』ですが、折からの東日本応援ムードもあってか、順調に勝ち進みました。その中で得に話題になったのが、の千葉翔太選手のカット打法です。プロ野球ではお馴染みの、黙って待っていたのでは、いつ自分に打ち頃のボールが来るかわから無いので(というより、情報戦が盛んな現在、普通に待っていても、苦手なタマで三振を取られるか、打ち損じてアウトに成る確率の方が高いでしょう)、どんなボールでもストライク・ゾーンに入る球は全て打てる!という、剛のバッターでもない限り、特に体格的体力的に恵まれない選手は、苦手な種類やコースの球をワザとファウルにして(これをカットする、カット打法と言います)、投手の失投や根負けもしくは計算違いの配球を逃さずに、安打にするという技術があります。
特に、日本のパ・リーグで活躍し数々の安打記録を更新した、現メージャー・リーガーにして、メジャー・リーグの連続安打記録すら塗り替えた、天才バッター・イチロー(鈴木一郎)選手が有名です。日本リーグ時代には、渡米してから現在では想像も付かない、華奢な体格だった事もあり、またイチロー選手には安易な球種やコースでは、必ず安打にされる為に、相手投手は例え四球になっても構わないような、難しいコース。または、球種で対応しました。
それに対して、イチロー選手は追い込まれると(2ストライク)になると、徹底的に相手の投げる難しいボールを弾き返して、ファールにする(カットする)自分がヒット(安打)にできるボールを待ちました。別に、これを非難する人も批判する人もいない訳で、まさにバッターとピッチャー、ひいてはバッテリーとの駆け引きと受け取り、それぞれの一投一打に手に汗を握り、歓声を上げたモノです。

当然これには天性の目の良さ、即ち選球眼や速いモノを見極める能力(動体視力)があり、更にそれを高める訓練をするだけでは無く、実際にボールを打つバットの振り方から走・攻・守と言われる、野球の基本。
これらの積み上げがあって、初めて体得できる高等な技術です。誰でも出来るなら、甲子園(全国大会)に出場するような選手は、出来て当たり前でそれこそ話題にもならないでしょう。

だからこそ2013年夏の大会で、『花巻東高校の千葉翔太選手のカット打法』は、話題になったのでしょう。
以下、当時のJ-CASTニュース完全な無断引用リンク済みです。




2013年08月23日18:38




夏の甲子園、全国高校野球選手権大会を準決勝で敗退した花巻東高校(岩手県)の千葉翔太選手のカット打法をめぐり、お笑いコンビ、ナインティナインの岡村隆史さんが、大会を運営した日本高等学校野球連盟と審判団を痛烈に批判した。
岡村さんが出演した2013年08月23日放送のラジオ番組 「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)での出来事で、岡村さんは千葉選手の身長が自身と同じ156センチメートルという小柄な点に「親しみを感じる」といい、シンパシーを感じているようだ。


《高野連には50件を超える抗議や問い合わせが》

花巻東の3年生、千葉翔太選手のカット打法をめぐっては、準々決勝の徳島県・鳴門戦後に、審判団が花巻東の野球部長と監督を呼び、「バントの定義」を記した「高校野球特別規則の17項」の確認を行ったことが発端だ。
審判団は、「千葉選手が相手の投手に球数を投げさせる狙いでカット打法を続けた場合、審判員の判断でバントとみなされ、スリーバント失敗で三振となる場合もある」と告げて、事実上、カット打法を「封印」させた。
それもあってか、準決勝で花巻東は宮崎県の延岡学園に0対2で敗れ、決勝進出を逃した。
これについて、日本高等学校野球連盟には50件を超える抗議や問い合わせが相次ぎ、08月23日になっても電話が鳴り響いている。「前日よりは減りましたが、(抗議や問い合わせは)まだ続いています」(高野連)という。
高野連に寄せられる電話のほとんどは、千葉選手を擁護する声だ。「2回戦でも同様の打撃をしていたのに、なぜ準々決勝後に(説明)したのか」「なぜあの試合だけなのか」といった説明のタイミングに対する疑問。「岩手大会でも同様のことをしていただろうに、甲子園まで持ち越したのはなぜ?」という声もあったという。


《「1回戦、2回戦がよくて準決勝でアカンて、遅くないですか」》

お笑いタレントの岡村隆史さんの指摘も、まずはその点から。「県予選や(甲子園の)1回戦、2回戦もよくて、準決勝でアカンって遅くないですか?」と疑問を投げかけた。
続けて、通常の打撃か、バントなのかの判断が、そのときの打者の動作(バットをスイングしたか否か)によって、審判員が判断することになっているルールに触れ、「主審が決めることなら、そのときに主審が決めればいい。審判が(準決勝で千葉選手のカット打法をバントと判断し)アウトって言い、そこで問題になりたくないから、その前に『ややこしいことになるから、やめたほうがよろしいで』って(花巻東へ)圧力かけたんちゃうか? 審判団が」「審判団はそれでいいの?」と、痛烈に批判した。


《高野連「断じて圧力などありません」》

一方、高野連は「断じて圧力などありません」という。「審判団が(花巻東の)部長と監督に『高校野球特別規則の17項』について確認したところ、『知らない』と言っていたので、その旨を説明し、紛らわしい行為には注意するよう伝えただけで、禁止したことはありません」と説明している。
とはいえ、一つも負けられない大会で、審判団のひと言が高校生のプレイを委縮させてしまったことは否めない。準決勝の試合後、号泣する千葉選手が「自分のやりたかったことができなくて悔しいです。野球人生の中で一番悔しい」と話したことが、それを物語っている。
ちなみに、水島新司さんの野球マンガ「ドカベン」に、「カット打法」が出てくる。主人公・山田太郎が明訓高校3年生の夏の神奈川県予選決勝の白新高校戦で、白新高校の白山選手がファールでカットしまくって、里中投手を疲れさせた。
この場面では結局、ドカベンこと山田捕手は無理せず四球で歩かせ、盗塁死を狙った。
ただ、意図的にファールを打つ技術は、簡単ではない。おそらく花巻東の千葉選手も、この白山選手のように、粘りのカット打法と俊足を武器に甲子園常連校の花巻東でレギュラーの座を獲得したのだろう。


この件には余り知られていない、公然事実があります。
もちろん隠し事や、悪い事ではありませんが、この問題に対に対して当然出るだろう発言が、いつの間にか消えていたのです。その発言とは、この年からTV朝日の「熱投甲子園」と言う番組で、解説を担当した元プロ野球選手で投手だった工藤公康氏が、同じTV朝日系列でその前番組となる「報道ステーション」でも、大会2回戦が終わってこの〈花巻東高の千葉翔太選手のカット打法〉はやろうと思ってもなかなか出来無い技術で、大変に素晴らしい!と、絶賛していました。
もちろん、同選手の足の速さや、バッターの時だけではなく常にグラウンド全体を見て、プレイしているという点にも言及していました。

まァ、朝日新聞社主催の大会ですから当然かも知れませんが、同じく「熱投甲子園」でも「報道ステーション」でも、この件には2どとふれられる事は、ありませんでした。
個人的には、「高野連と審判団が何を根拠にどういう状態を、三振にすると警告した」のか、専門家の解説を期待したのですが‥‥‥。


そして2014年の夏、今年もまたこの手の「甲子園」だから「高校野球」だからという、理想と幻想が入り交じった状態の批判が、とあるプレーを巡って飛び交っています。

以下、これもJ-CASTニュース完全無断引用です。



元フジテレビアナウンサーでスポーツ実況などでも定評のあった岩佐徹さんがネット上で袋叩きにあっている。
 夏の全国高校野球に出場している東海大四高の西嶋亮太投手の高い山なりの「超スローボール」について、これを投球術とは呼びたくないし、こういうことをしていると「世の中をなめた少年になって行きそうだ」などとツイッターでつぶやいたからだ。
あまりの反響の大きさに岩佐さんは、感想を述べているだけで西嶋投手を攻撃しているのではない、と釈明したのだが、高校野球や西嶋投手のファンの怒りはなかなか収まらないようだ。

《問題視された岩佐徹さんのツイート》
「少なくとも、投球術とは呼びたくない。意地でも。」

西嶋投手の超スローボールは甲子園大会開催前から注目の的になっていた。
 身長1メートル68、59キロという体から投じられる球は指を離れたとたんにテレビ画面から消えてしまう。上空に高く投じるからで、その球がテレビ画面に再び現れ、キャッチャーミットに吸い込まれていく。
甲子園では90キロ以下のスピードは計測していないためどれくらいの速さなのかは表示されないが、西嶋投手はインタビューで「58キロくらい」と語ったことがある。バッターのタイミングを狂わせたり、自身の投球リズムを整えたりする際に使っているという。
2014年08月14日、大会第4日第2試合に登板した西嶋投手は、強力打線との誉れが高い九州国際大付属高校のバッターを翻弄し続けた。6回裏ツーアウトの場面では、3番バッターに2球続けて超スローボール。次の球は137キロ。実況アナウンサーは、
「早い!!早く見える!!!」
と絶叫した。この回は3番4番に連続2塁打を浴び1点取られたが、結果は6対1で勝利し、翌日15日のスポーツ紙ではこの話題で持ちきりとなった。
そうした中で、元アナウンサーで野球にも詳しい岩佐さんが14日にツイッターで、
「東海大四のピッチャーのスローカーブ・・・ダメとは言わないが、少なくとも、投球術とは呼びたくない。意地でも。こういうことやってると、世の中をなめた少年になって行きそうな気がするが。ハハハ。」
などとつぶやいた。これに対して怒りを感じた人たちが岩佐さんのツイッターに罵詈雑言のリプライを投じた。


《「遊び心で使っている」と考える専門家も》

「こいつ何様?」
「老害発見」
「ええ大人が夢抱く球児に向ける発言ちゃうやろ?」

などといった非難とともに、西嶋投手の超スローボールはコントロールを伴った投球技術だ、とか、人と違うことをするのがどうして世の中を舐めることになるのか、頑張っている高校球児を貶めるような発言は許せない、などといった苦情が殺到した。岩佐さんはこれに対し、
「ウへ、恐ろしい。袋叩きに遭ってる。攻撃してるわけじゃなくて、こういうのはやだねえ・・・と、感想を述べてるだけなんだが。」
と弁解したもののネット上でもなかなか騒ぎは収まらなかった。
専門家は西嶋投手のピッチングをどう見ているのだろうか。元朝日新聞記者で高校野球のテレビ解説経験も豊富なスポーツジャーナリストの岡田忠さんは、
「私は甲子園大会を30数年以上取材してきましたが、あのようなふざけた球を投げるピッチャーを初めて見ましたよ」
と打ち明ける。「ふざけている」というのは、スローボールを投げるフォームをバッターに見せてそのままスローボールを投げていること。スローボールというのは、普通、早いストレートを投げるフォームから繰り出すから威力を発揮する。だから西嶋投手の超スローボールは本来ならば「武器にはならない」ものだという。だから、バッターとの間を外すためだったり、余裕があることを見せつけるパフォーマンスだろうとし、
「遊び心で使っていると思いますから、それを深読みしたり、分析しようとしても意味がないことだと思います」
と分析している。


昨年夏の「カット打法」のように、ほとんど関係者がそうだとは思わないまま、解釈とすればそれと有り得る
ルールが、一応高校野球規定にあるのならば、地方大会の段階で注意や警告すべきだけれど、しなかった!昨年はこの大会運営(主催・朝日新聞)と審判団の、注意か警告か分かりませんが、そのタイミングに明らかに問題が有りました。しかし今回の問題は、ルールーや規定の上では何の問題も無い投球方法の問題で、しかもあれだけ大きく山なりにカーブしながらも、チャンとストライク・ゾーンに入った上での1ストライク。

これはもう、外野(の外野か?)が何と言おうと、投げる方が自信を持ち必要を感じて投げる以上、キャッチャー以外は誰も文句を言えないと思えます。
態度が悪いとか、「舐めている(何を舐めていると言うのか?)」とか言うのは、全く次元の異なる話しで、要はバッターが打てばいいだけです。まァ、外から色々言っていらっしゃる偉い(たぶん?)方々も、文句があるなら大会が終わってから、頼んで投げて貰って打てば良いのだと思います。もし自分が打てもしないのに、ルール上何の問題もない投法や球種に、間違っても「高校野球らしくない」などと言う、倫理観や感情論を持ち込むので有れば、そもそも夏の甲子園大会自体の、運営方法から見直して欲しいモノです。

どう考えても、まだ成長途中の高校生の肉体で、真夏の炎天下に何時間も試合をさせる!しかも連日!!
今さら、準決勝と決勝の間は、1日空けてなどと言っていますが、そもそもはそれ以前の問題でしょう。個人的には、またこの小柄で華奢な体の、小さなエースが大きな縦のスロー・カーブで、体の大きなバッターを手玉にとって欲しいとは思います。
ですが相手も、地方大会を勝ち抜いて来た、猛者達です。初めて見るのならともかく、今の時代に1度甲子園で投げられたボールであるなら、攻略法も見付けているかも知れません。果たして別の相手にも、2度3度と通用するのか?
純粋な観戦ファンとしては、それもまた見たくあります。ただ、この小さなエースには、心からエールを送りたいと思っています。













関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 高校野球
genre : スポーツ

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line