『キャプテン・アース』2014年秋終了で気になったTVアニメ・シーズの最終回の1つです。




今期(2014年09~10月)に、最終回を迎えたTVアニメ・シリーズの中で、もっとも好対照で印象的な作品を、取り上げてみるつもりです。
その第1弾が、近年では珍しくなった半年間・2クールを、前期後期などの間を置かずに、ぶっ続けた『キャプテンアース』という、何とも表現に困るロボットアニメです。
手っ取り早く言えば、基本は1980年代までの少年少女が《なぜか?》巨大ロボットを操縦し、地球を攻める悪の《これも理由や行動原理が今一つ良く分からない》他の宇宙。別世界、別次元からの侵略者と、ある種問答無用で戦うのですが、その内に敵の攻めて来る理由や背景が分かると、敵は単なる悪の権化とは言えなくなる。そんな展開の、王道です。
しかも一時期メインメカの操縦者は、主人公以外ほとんどが女の子というハーレム状態がお約束にまで成りました。1970年代以前の、合体巨大ロボットものの場合は紅一点主義が貫かれていて、チームの一員は女の子でした。

1990年代以降、特に2000年代に入ると事実上ほぼ巨大特に合体ロボットものは、ギャグ的なコメディとしての扱い位にしか、登場の場が無くなりました。
様々な理由が考えられますが、元も大きな理由はこれは現在のアニメ製作現場全体に、言える事でもあります。実質的な、メイン・スポンサーだったオモチャ・メーカーが、その旨味を失って事実上ロボットアニメの制作から手を引いたのが、大きかったと言われています。
ロボットもしくは人が搭乗して操縦する、二本足の機械兵器が活躍する作品は、SFやファンタジーというジャンルを越えて、その後も現在に至るまで続きます。ですが、作品は深夜放送になり1クール・3ヶ月か間を空けて、2期シリーズという形式を取るものも、多くなりなりました。それらそれらで新しい作品展開を担い、決して無視できません。

ただ、いわゆる《巨大合体ロボット》が堂々と、敵のロボットメカとガチバトルという展開の作品は、ほぼ姿を消しました。
リアル・ロボット路線というジャンルが、当たり前となった今では、巨大なロボットが同じく巨大なロボットや、怪しい生物達と地上で格闘戦を行うという、非常識が通用しなくなったとも言えます。そんな中で敢えて、設定や背景的には現代の常識に添う形で、地上では小型の人型兵器として、そして宇宙に飛び出すとそこで外部パーツとして、様々なオプションを装着して、巨大ロボットとなります。理由は、地上を攻撃(正確には人類の生命エネルギー。この作品では「リビドー」と呼んでいるをものを、吸収するのが目的です)しようとする敵を、宇宙で迎撃する為です
この為の、合体及び出撃シーンは実に大仕掛けで、何と最初のコアとなる地上人型ロボットは、ロケットで打ち上げられます。正直これには、参りました。

そして主人公は、結局4人の仲間となりチームを組みますが、これも都合の良い事に主人公の恋人言って良い女の子と、自らを「魔法少女」と称する天才ハッカー!この女の子、実は巨大ロボットでキルトガングと名乗る、侵略勢力を迎撃するチームの責任者です。
ちなみに彼女の母親は、同じ組織の「天界道」と言う、静止衛星軌道上に設けられた巨大な宇宙ステーションの司令官です。なお二人は、以前は本当の夫婦でしたが、この物語の時点では離婚しています。そしてこの天界道こそ、アース・エンジンと呼ばれるキルトガングを迎撃する人型ロボットを、2段階に渡って巨大ロボットへと変型させる、リング形態の整備システムを制御しています。


キャプテンアース
初めての出撃と合体シーン




キャプテンアース第02話戦闘シーン



今回御紹介した最終回では最後の最後にしか見られませんが、地上では一番小さい人型ロボット(アース・エンジン)だけで、戦うようになっています。


【Amazon.co.jp限定】キャプテン・アース VOL.1(オリジナル缶バッチ付)初回生産限定版[DVD]【Amazon.co.jp限定】キャプテン・アース VOL.1(オリジナル缶バッチ付)初回生産限定版[DVD]
(2014/07/18)
入野自由、神谷浩史 他

商品詳細を見る


【Amazon.co.jp限定】キャプテン・アース VOL.2(オリジナル缶バッチ付)初回生産限定版[Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】キャプテン・アース VOL.2(オリジナル缶バッチ付)初回生産限定版[Blu-ray]
(2014/08/22)
入野自由、神谷浩史 他

商品詳細を見る


【Amazon.co.jp限定】キャプテン・アース VOL.3(オリジナル缶バッチ付)初回生産限定版[DVD]【Amazon.co.jp限定】キャプテン・アース VOL.3(オリジナル缶バッチ付)初回生産限定版[DVD]
(2014/09/26)
入野自由、神谷浩史 他

商品詳細を見る


【Amazon.co.jp限定】キャプテン・アース VOL.4(オリジナル缶バッチ付)初回生産限定版[DVD]【Amazon.co.jp限定】キャプテン・アース VOL.4(オリジナル缶バッチ付)初回生産限定版[DVD]
(2014/10/24)
入野自由、神谷浩史 他

商品詳細を見る


〈5巻から9巻まで今のところ同じ表紙〉

【Amazon.co.jp限定】キャプテン・アース VOL.5(オリジナル缶バッチ付)初回生産限定版[DVD]【Amazon.co.jp限定】キャプテン・アース VOL.5(オリジナル缶バッチ付)初回生産限定版[DVD]
(2014/11/28)
入野自由、神谷浩史 他

商品詳細を見る




〈前略〉

《概要》
監督の五十嵐卓哉やシリーズ構成の榎戸洋司、そしてアニメーション制作のボンズなど、2010年に放送された『STAR DRIVER 輝きのタクト』のスタッフが再集結したオリジナルアニメである。
種子島を舞台に、不思議な記憶を持った少年を中心とした青春群像劇や、巨大ロボット「アースエンジン」と機械に精神を宿すデジタル生命体「キルトガング」との戦いを描く。

〈中略〉

《あらすじ》

種子島出身の高校2年生の真夏ダイチは、日常の生活に違和感を感じ、学業にも身が入らない日々を過ごしていた。
ある日、テレビのニュース番組で見た丸い虹に幼少時の体験を重ね合わせたダイチは、夏休みを利用して種子島へ旅立つ。そこでダイチは父・真夏タイヨウの墓参りをした後、幼少時の友達である嵐テッペイ・夢塔ハナの2人と出会った思い出の地である宇宙基地を訪れる。テッペイは昔、ダイチの目の前で手のひらから「丸い虹」を出して見せたことがあったのだった。

宇宙基地の地下へ足を踏み入れたダイチは、謎の少女・エーリアルと出会い、侵略者「キルトガング」が地球に迫る姿を見せつけられる。
地球を守る力を欲したダイチの手には、いつの間にか「ライブラスター」という銃が握られており、超国家的組織「Globe」(グローブ)の開発した有人インパクター「アースエンジン・インパクター」のパイロットとして出撃。何の説明もないままの出撃だったが、何とかキルトガングを退けることに成功した。
帰還後、ダイチはテッペイとハナに再会し、父の親友である西久保ツトムがGlobeの司令であること、キルトガングが地球人の持つ生命エネルギー「リビドー(オルゴンエネルギー)」を収集するために地球を襲うこと、彼らが地球にたどり着くと人類は絶滅することを知る。
その後、キルトガングは自分たちの仲間となるべく作られたデザイナーズ・チャイルドたちを次々と覚醒させ、執拗に地球を襲撃する。この事態に対しツトムは、ダイチ、テッペイ、ハナ、さらに自身の娘の夜祭アカリを加えた4人を、独立遊撃部隊「ミッドサマーズナイツ」に任命するのだった。

〈後略〉


いやはや何が凄いって、今時迎撃用ロボット本体は小さくて、ロケットで打ち上げる!
でもって、天界道と呼ばれるいわゆる〈ラグランジュ・ポイント〉に浮かぶ、2つのリング内に装備された追加装備を順次結合・・・いや、明らかに合体して巨大ロボットになると言う。確かに理屈にはなっていますが、既に設定やら展開やら、ストリーリーすらもどこかへ、スッ飛んでいるような状況で、メカニカルな事ばかり真面目にやられてもですね!という感じなのですが、このメカや設定は大真面目でもストリートと展開が、もはや何おか言わんやという、脅威のアンバランスさがまさに賭け値無しの、この作品の魅力でしょう。


と言う訳で、いきなりで強引ですが最終回です




キャプテンアース第25話
最終回キャプテンアース









第25話予告





〈いつも通り後期のオープニングです〉

アース25-001

アース25-002

アース25-003

アース25-005

アース25-006

〈順当に主人公4人の紹介です〉

アース25-007

〈で敵キャラも総出演なのですが数が多いので代表して、「セ
イレーン(セツナ)」が唯一人間のリビドーからオルゴンエネル
ギーを抽出できる存在なので、これまでの指揮官でボスキャラ
的な扱いを受けていましたし、何と言ってもこの場での登場時
間が長い!ので、選ばせていただきました〉


アース25-008

アース25-009

アース25-010

アース25-011

アース25-012

〈腕を一振りすると、その指先の光が一閃!本体である、巨大な
ロボットの影のようにキルトガングが姿を現します〉


アース25-013

〈そしてそれを迎え撃つのが、4人の少年少女から成るこ
の「ミッドサーマーズナイツ」の面々。
基本的にキャプテンのダイチを始め、ほとんど大人達が
予定していたのとは異なる人物で、構成されています。〉


アース25-014

〈そして、そのキルトガングを迎え撃つ3機のアースエンジン
(インパクターとも呼ばれる人型巨大ロボット?)です。一番
手前の赤い機体はハナが操縦していますが、最終回で彼女
は主に宇宙船?ブルーメの操縦をします(しかも1度
乗ったら降りられない?生体部品!?)。さらに、その身体を
乗っ取られたりと、本体の方が忙しい?ので、この機体が実
際に登場したのはシリーズを通じて、1回位しかありません。〉


アース25-015

〈逆にこちらはキルトガングのアマロックも、主人公の父親を
倒しながら月面進出の基地を破壊されたりと、もっとも古株
です。なので?主人公機体とは、常にガチンコの正面対決
です。残念ながら、友情は芽生えなかったようです‥‥‥〉


アース25-016

アース25-017

〈ブルーメの中でハナの涙が、意味するものは?〉


アース25-018

アース25-019

アース25-020

〈キルトガング撲滅作戦『オペレーション
サマー
』の発動は、ブルーメの星系内長距離瞬間
移動能力がなくては、実現不可能です。そしてついに、敵
の母船がある天王星軌道まで、一気に飛び立ちます!〉


アース25-022

アース25-023

〈真夏ダイチがそのライブラスターで、撃つモノは?
キャプテン・アースの決断とは!?〉


アース25-024

アース25-025

〈第01話から登場する、主人公をロボットに引き合わせ
る、謎のランドセル少女です(前述のWikipedia・ウィキ
ペディアによると「エーリアル」と言う名前が見えます)。〉


アース25-026

アース25-027

〈最終回オープニングの、ラストカット。これまでのOPとの
一番の違いです。これまで各話数とサブタイトルはエンディ
ングの最後でしたが、最終回だけはここで出しています〉


後期OP主題歌『TOKYO Dreamer





日本音楽著作権協会」からの指示で歌詞が表記できません。〈以下よりの検索をお願いします

後期OPTOKYO Dreamerの歌詞




そして最終回本編の開始です!

アース25-028

〈と言う訳で、前回の最後に出て来た、最終ボスキャラ登場で
す。この辺が現代風というのか、もはや人間の姿はもちろん、
知性体ではあるようですが、生命体か否かも判断出来ません。〉


アース25-029

〈敵の正体を見て、しばし唖然の主人公。まァ、それまで戦って
来た相手が人間型の姿をしていたのですから、当然でしょう〉

アース25-030

アース25-031

アース25-032


本来はキルトガングの、支援人工知能に過ぎなかった「ロビン」の地球上での、端末システムだったらしいのです(セイレーン口調)。
しかし、キルトガングの活動エネルギーである人類の「リビドー」や、その思考・思想・判断などを学習し、他のキルトガングと同じく、「エゴ」を増大させて行ったようです。独自のエゴを持ち、更に他のキルトガング達の成長を待つ為に、様々な人類支配計画をシミュレーションを繰り返す内に、いつしか全宇宙支配「神」になるという、欲望を持つに至ったようです。
キルトガングのエゴブロックは、自らの手でしか破壊できません。そしてそれを破壊すれば、彼らは地球からそのままでは出られない、人類と同じ種になってしまいます。ですが、エゴブロックのまま地球に降りれば、その膨大な人類のリビドーエネルギーを無限に吸収する事になり、結果として爆発(バースト)してしまいます。

この矛盾を回避すべく、パックと同一化したロビンは巨大なキルトガングのメカである、宇宙船ブルーメとその生体部品であり、エゴブロックを保護する人類種でもある、ハナの心身を乗っ取る事を画策していました。
これはダイチ達、ミッドサマーズナイツに取ってはもちろん。実際は、彼らと戦っていたキルトガング自身に対しても、言わば反乱です。自分達の道具に過ぎない人工知能が、巨大なエゴと莫大なリビドーを持ち、自分達を逆に手駒としようと言うのですから。
そしてそれが、まずハナの身に危険が及ぶと気付いたのは、自称《魔法少女》ことミッドサマーズナイツの、夜祭アカリ(よまつり・あかり)です。
彼女は他の人やモノが乗り込めない、ブルーメの代わりにブルーメとリンクして操縦可能な、アースエンジン戦闘宇宙運搬船・キヴォトス(ブルーメの上に乗っている、四角い箱のような船。ハナがブルーメを独自で操縦するまでは、4人全員がこれに搭乗していた。一応ビーム砲などの装備はありますが、事実上戦闘力は無いと言えます)を操りながら、ダイチ達の後方支援をしています。



アース25-033

〈ハナを渡すか!アカリの言葉に、キャプテン・アースが吠えます〉


アース25-034

アース25-035

アース25-036

アース25-037

〈ダイチとテッペイの、無差別攻撃にも巨大化したパックは、
傷1つ付きません。そればかりか‥‥‥〉


アース25-038

アース25-039

アース25-040

アース25-041

〈自らをブルーメと一体化し、ロビン・グッドフェロー化する為に味
方であるはずのキルトガング、アイアタル(アイ)のエゴブロックを
破壊吸収するパックいやロビンに、キルトガングも愕然とします〉


アース25-042

〈味方を犠牲にして、ハナの乗るブルーメへエンタングル・リンク
したパックは、「夢塔ハナ」と永遠に生きると嘯(うそぶ)きます〉


アース25-043

アース25-044

〈ブルーメに取り付いたパックが、邪魔なアカリが操縦する
戦闘宇宙運搬船キヴォトスに攻撃します。アカリはその直
前に、キヴォトスをブルーメから分離します。〉


アース25-045

アース25-046

アース25-047

〈キヴォトスがブルーメから離れた直後に、ブルーメに
異常が発生し、ハナと連絡ができなくなります。〉


アース25-048

〈ブルーメの中のハナは、球体の液体に浮いています。
両手は、操縦装置の上で固定され、正面の大事な部分
を隠す様な形である影は、ハナのライブラスターです。〉


アース25-049

アース25-050

アース25-051

アース25-052

アース25-053

アース25-054

〈ついに、ハナがブルーメごとパックに乗っ取られた事を、
アカメが理解して何よりハナの人格まで乗っ取られて、そ
の姿まで変わった事に愕然とします。〉


アース25-055

アース25-056

アース25-057

〈パックがハナを排除せずに、その身体を乗っ取ったのは何
より、そのライブラスターが使えなかったからのようです。〉


アース25-058

アース25-059

アース25-060

〈肝心のライブラスターの引き金を、何度引いてもハ
ナに取り付いたパックでは何も起こりません。無限の
力は発動せず、ライブラスターは姿を消します。〉


アース25-061

アース25-062

アース25-063

アース25-064

〈アカリの説明では姿はハナでも、中身がハナでない以上は
ライブラスターを撃つ事は出来無い。自分の手で、ライブラス
ターの無限の力を得られない以上、それが出来る人間や知っ
ている存在を、まずは自分の宇宙から全て
排除する事を、パックもはやロビンでありその巨大な機体を、
ロビン・ビッグフェローと称する存在が、表明します。〉


アース25-065

アース25-066

アース25-067

〈ロビンの決定には、全てのキルトガングも含まれています。〉


アース25-068

アース25-069

アース25-070

〈そして、天王星軌道上に浮かぶキルトガングの母船オーベロ
ン内で起こる爆発は、ブルーメから作られたロビン・グッドフェロ
ーがキルトガングを一掃しようとするものです。この時、結果と
して一時的にダイチ達と共闘します。ですが、彼らの力を合わせ
てもには、ロビン・グッドフェローには傷1つ付けられません〉


アース25-071

アース25-072

アース25-073

アース25-074

アース25-075

アース25-076

アース25-077

アース25-078

アース25-079

アース25-080

アース25-081

アース25-082

〈混戦の中で、ロビンのビーム攻撃を避けきれない、ダイチ
に対して、アマロック同様最も古株のキルトガングで女性体
の高速を誇るモールキン(モコ)が、飛び出すとダイチの機
体を下に蹴り落とすようにして、自身が身代わりにビームを
受けます。借りを借りっぱなしというのは、性に合わない!〉


アース25-083

〈モールキンは「(ダイチが)風が気持ちいい事を教えてくれた」
と答えます。これに触発されたように、アマロックがモールキン
に代わって自らのエゴブロック爆発で、ロビンのビーム攻撃を
跳ね返し、同時に攻撃を仕掛けます。キルトガング部隊の事実
上の司令官であるセイレーンが「生きるとは死ぬまでにやると
言う思いの強さ」という決意を新たに、自らのエゴブロックを賭
けて最後の勝負に出ようとし、残った2機も付いて行きます〉


アース25-084

アース25-085

アース25-086

アース25-087

アース25-088

アース25-089

アース25-090

アース25-091

アース25-092

アース25-093

アース25-094

〈しかし3機のエゴブロック爆発も、ロビンには傷1つ
付けられません。しかし、サスガにエネルギーを消耗
したのか、リビドーを吸収する為に、地球に向かって
エンタングル・リンクします。1機だけで外部装置無し
に、跳べるというところがまた凄いッ!〉


アース25-095

アース25-096

〈ですがアカリは、相手に出来て無限の力を持つライ
ブラスターと、その力で動くアースエンジンに出来無
いはずは無い!と、ダイチを叱咤します。〉


アース25-097

アース25-098

〈まァ、最終回だから何でも有りかと思いますが、ここ
へ来るまでの苦労は何だったのか?と思っては、いけ
ないのでしょうが、見事にキャプテンもライブラスターで、
エンタングル・リンクして天王星軌道から跳びます。〉


アース25-099

アース25-100

アース25-101

アース25-102

〈エンタングル・リンクで次元跳躍中にも関わらず、
ハナの体でロビンはダイチに無駄な努力だと、語
り掛けます。しかしダイチは、「絶対に諦めない!」〉


アース25-103

アース25-104

アース25-105

アース25-106

アース25-107

アース25-108

アース25-109

アース25-110

〈月の傍の軌道上に出現した、ロビン・グッドフェローに
地球の防衛隊特に衛星軌道上の基地がまず、反応し
ます。アカリの母親で、地上の防衛隊司令官の元妻で
ある基地司令が、出現した物体の正体を知ります。〉


アース25-111

アース25-112

〈ここで初めて、敵に乗っ取られ変型したブルーメの
姿を、地球の人々が知ります。衛星基地司令官の脳裏
には実の娘と、娘同様のハナの存在がよぎります。〉


アース25-113

アース25-114

アース25-115

〈同時にその情報は、地球の種子島にある迎撃本部にも
送られ、即座にブルーメが変型したモノだと判明します。
と同時に、その後からもエンタグル・リンクしてくる物体
を、キャッチします!それが‥‥‥〉


アース25-116

アース25-117


キャプテンアースこと、真夏ダイチの操るアース
エンジン。「ハナも青い地球も、守ってみせる!」キャプ
テンの叫びが、天を突きます。そしてここから、前期の
OPソング「ビリーバーズハイ」が鳴り響きます!〉


アース25-118

アース25-119



前期オープニング映像

ビリーバーズハイ








日本音楽著作権協会」からの指示で歌詞を表示できません。
以下よりの検索をお願いします

ビリーバーズハイの歌詞



アース25-120

〈ついに、キャプテン・アースとハナとブルーメを乗っ取った、
ロビン・グッドフェローとしてパックの全面対決です!〉


アース25-121

アース25-122

アース25-123

アース25-124

〈見事に巨大な槍?の一撃を、左腕一本の犠牲でかわし
ながら、その槍の腕に取り付くと同時に残った右腕のビー
ムを放ち、文字通りの血路を開きます〉


アース25-126

アース25-126

アース25-127

アース25-128

アース25-129

アース25-130

〈アースエンジンの頭部に、こんな強力なビーム兵器が
あるなんて、誰が予想したでしょう?〉


アース25-131

アース25-132

アース25-133

アース25-134

アース25-135

アース25-136

〈機体を破壊されながらも、遂に巨大な敵の一部を、大きく
損傷させる事に成功しました。その亀裂?から一気に内部
へ突入するアースエンジン!〉


アース25-137

アース25-138

アース25-139

〈既にアースエンジンの、第2段階。第2エンジンが火を噴いて
います。更に敵巨大ロボット内部は、まさに迎撃兵器だらけ!〉


アース25-140

〈迎撃兵器の網を喰い破る為に、キャプテンは
第2エンジンの切り離しと自爆を決意します!
ごめん2号機・・・
この辺にさり気なく、キャプテン・アースこと真夏ダイ
チの心情が垣間見えて、ますます盛り上がります!!〉


アース25-141

アース25-142

アース25-145

〈第2エンジンの爆発が、敵の迎撃システムも破壊し
単体になったアースエンジンが、更に突き進みます!〉


アース25-146

アース25-147

〈この元ブルーメの中枢部、今はロビン・グッドフェロー
の中心で身体を乗っ取られたハナがいるところです〉

アース25-148

アース25-149

〈キャプテン・アースが今はロビンとなった
ハナに、ライブラスターを向けます。〉

アース25-150

アース25-151

アース25-152

アース25-153

〈しかし、ハナの姿を撃つ事は出来無い!ロビンが、
不気味な囁きと共に接近してきます。〉


アース25-154

アース25-155

〈賭けに勝った!目の前で消えたライブラスターに、
ロビンが勝利を確信します。しかし、それは根本的な間
違いでした。ダイチの目的は、ハナを取り戻す事です。〉


アース25-156

アース25-157

アース25-158

アース25-159

アース25-160

〈意表を突かれ、いきなりキスをされたロビンは、困惑
します。最初から、ハナを取り戻す為に近付く手段だっ
た事に、ロビンが気付いた時には遅すぎました。〉


アース25-161

〈「テレパシーキスだとォッ!?」〉


アース25-162

アース25-163

〈ハナの意識と記憶が覚醒し、その体から弾き出
されたロビンの、悲鳴に近い言葉と同時に、ハナ
の体が元に戻って行きます!もしアカリがいれば、
よくやった!」と喝采を送るでしょう。〉


アース25-164

アース25-165

アース25-166

アース25-167

アース25-168

〈お互いの記憶と意識を共有する、テレパシーキス。
この行為自体は既にダイチとハナの間では、当然の
事となっていました。たぶん、どちらもこれがある限り、
浮気は出来ません!
(ど、キッパリ!)〉


アース25-169

アース25-170

アース25-171

アース25-172

アース25-173

アース25-174

アース25-175

アース25-176

アース25-177

〈「やっぱり来てくれた・・・」と言うハナに、
「ゴメン、チョッと遅れた」と答えるダイチ。〉


アース25-178

アース25-179

〈「夢塔ハナという生体部品を得て勝ったつもりか!?も
はやそいつにはこの船(ブルーメ)を操る力は無いッ!」
何か根本的にダイチ達とは、相容れないモノのようです。〉


アース25-180

アース25-181

アース25-182

〈黙って、その巨大なエゴブロックに、改めてライブラス
ターを向けるダイチに対して、ロビンは開き直ります。〉


アース25-183

アース25-184

アース25-185

アース25-186

〈「私を破壊すれば、この速度と質量であの青い星に落下し、
その結果は大規模な気候変動を引き起こし、すべての生命
と地球を死の星に変える事になる。それでもいいか?」どうも
このパックだかロビンだかの交渉には、脅迫と交換条件しか
ばかりのようです。この事に、初めてハナの口元が歪みます〉


アース25-187

アース25-188

〈いつもの「~嘘はもうしません」の言葉と同時に、ライブラ
スターが放たれます。撃ったのはハナです。撃ちながら
お前は嘘を吐く!」と叫びます。
~私はあの星でいつ死んでも
後悔のない生き方をしたい!

それはダイチにとって、父の言葉と同じでした。〉


アース25-189

アース25-190

アース25-191

アース25-192

アース25-193

〈ダイチも改めて、容赦なくライブラスターを放ちます。〉


アース25-194

アース25-195

アース25-196

アース25-197

アース25-198

アース25-199

アース25-200

アース25-201

〈二人の銃の光線が螺旋状に、絡み合いながら巨大な
パックのエゴブロックの防御壁を、遂に貫きます。ついに
この嘘吐きの肥大化したエゴの固まりである、ロビンも
最期の時を迎えます。しかし、どこまでも潔くありません。〉


アース25-202

アース25-203

アース25-204

〈「お前達も道連れにしてやる!」と、内側から巨大な
機体を撃ちまくり、破壊する二人に向かって叫びます。〉


アース25-205

アース25-206

アース25-207

アース25-208

〈遂に巨大な元ブルーメ出会った機体も、爆発し。
頭部のみが残っていましたが・・・〉


アース25-209

〈生きる意味に、ダイチや皆と地球で生きる意義を見出した、
ハナが率先してダイチの手を取って、脱出しようとします。〉


アース25-210

アース25-211

〈しかしその手が離れ、どうなった!?と、
最終回最後まで、お約束?を忘れません。〉


アース25-212

〈そしてここから、この最終回のみのエンディング・ソング
ハナの歌と言える『夜明けのひとりごと』です。〉


アース25-213

アース25-214

アース25-215

アース25-216

アース25-217

アース25-218

アース25-219

アース25-220

〈テッペイとアカリがようやく、ご到着です。ライブラ
スターを持たないアカリは、テッペイと一緒にアー
スエンジンと同じネビュラエンジンで、エンタリング
して帰るしかありませんが、結局こちらはこちらで
お仲が良しィ~ようで!」です。〉


アース25-221

状況の分から無い天界道基地司令は、敵の爆発に
実の娘と娘同様に可愛いハナの安否が、心配です。


アース25-222

アース25-223

〈見上げるアカリの実の父親で、ダイチの育ての親
でもある地上の迎撃総司令官?も、心配気です〉


アース25-224

アース25-225

アース25-226

〈コアブロックを破壊しながらも、地球人の姿(アバター)を
持っていたキルトガング達は、無事に月に戻れた様です。
しかし、しかし一番始めに自爆したアマロ(アマロック)は、
早々に自分探しの旅に、出たようです。もはや彼らには、
地球でその姿で、地球人として生きるしかありません。
(キルトガングの月基地は、月の裏側に突き刺さるように
して、ダイチの父親が命と引き換えに破壊した物の中です。)〉


アース25-227

アース25-228

アース25-229

〈セツナ(セイレーン)に、ハナのピッツに似たラッパと
いうリスのような動物がすり寄ります。彼女がセイレー
ンとして覚醒して以来、どこかに隠れていたようです〉


アース25-230

アース25-231

アース25-232

アース25-233

アース25-234

〈まるでどこかの水面に経つようなダイチの腕の中で、
ハナが再び眠っています。その向こうに謎のランドセル
少女(エーリアル?)の姿がありますが、その姿が消え
ると同時にリスのようなハナの友人、ピッツが現れます。
ですのでその正体では?という説があります。ですがも
う一つ、ハナのライブラスター?あるいは、ダイチ達全員
のライブラスターの魂、何しろ宇宙を滅ぼすエネルギーが
あるそうなので・・・とも、考えます〉


アース25-235

アース25-236


最終回が25話という半端に、ちょっと気にはなるのですが、そのせいかやや詰め込み過ぎの感のある、最終回でした。


アース25-237


ですが、ここに至るまでの全24話とこの最終回で、まさに大団円という感じの見事で綺麗な、終わり方でした。まさに昭和世代と平成世代の良い意味で融合された、御都合主義の連続ロボット・アクション・アニメ!の、決定版!!

何しろ途中では、電気機関車に牽引された、移動列車基地!(笑っていいんです!いや、笑うべきです!!)が登場し、その貨物車両1両が90度回転すると足場を伸ばして、人型ロボット(アースエンジン)を射出(超伝導カタパルトで?)するのですから‥‥‥。
そんな事を大真面目にやりながら、まさに友情・努力・勝利の昭和の3原則を守りつつ、恋愛はもちろん親子の愛情、小動物との友情、そして敵味方を越えた感情!も、描く平成時代の現実的感情主義?も盛り沢山で‥‥‥やや、盛り沢山すぎたかも知れません。

ですが最後まで、「お姫様を目覚めさせたのは王子様のキスでした!」と言う王道路線を、がっちりキープ。
例えそのお姫様が、毎晩寝ている彼にキスし続けていた、《キス魔!》であろうと、彼女はキスした相手と知識と記憶を共有できる、テレパシストで、実は眠っている相手ならば「一方的に相手の全てを読みとれる!」のだとしても、今時の健全中学生は大丈夫!?ッて、何が?

等々、突っ込見所は満載ですが、その満載を帳消しにしてもお釣りが出るほどの、爽快な最終回!
だったと、思います。まァ、実は百聞は一見にしかず!なんですが。


〈前期エンディング「アメジスト」〉





日本音楽著作権協会」からの指示で歌詞を表示できません。
以下よりの検索をお願いします




〈最終回のみのエンディング
夜明けのひとりごと
フルコーラスも歌詞も見当たりません〉







〈リンク切れ用予備〉

キャプテンアース第25話
最終回キャプテンアース








関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 最終回はどう?
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line