TVアニメ・シリーズ『グリザイアの楽園』第9話で登場しているのは最近有名な御存じ旧日本帝国海軍《イ400型巨大潜水艦》のレプリカのようです。



現在TV放映中のグリザイアシリーズ第2期『グリザイアの楽園』編では、最初からエンディングに奇妙なタイトルの影がありました。
どう見ても大きな船のように見えて、気になっていたのですが第8話の最後の場面で登場し、納得しました。やはり、巨大潜水艦だったようです。


【Amazon.co.jp限定】グリザイアの楽園 第1巻(全巻購入特典:「描き下ろしB2布ポスター」引換シリアルコード付)(渡辺明夫描き下ろし収納BOX付き)(初回限定版)[DVD]
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00W0PCYUM/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00W0PCYUM&linkCode=as2&tag=blogsonetn046-22">【Amazon.co.jp限定】グリザイアの楽園 第1巻(全巻購入特典:「描き下ろしB2布ポスター」引換シリアルコード付)(渡辺明夫描き下ろし収納BOX付き)(初回限定版)[DVD]</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=blogsonetn046-22&l=as2&o=9&a=B00W0PCYUM" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />" target="_blank" title="<img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/a/o/n/aonow/20150618063529e40.jpg" alt="DVD楽園1" border="0" width="434" height="606" /><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/a/o/n/aonow/20150618063921e58.jpg" alt="DVD楽園21" border="0" width="460" height="650" />">DVD楽園21


しかもデザインが、現在の戦闘用潜水艦のような紡錘形(涙滴型・葉巻型など)ではなく、第二次大戦時に勇名を馳せた、ドイツのUボートと同じく水上航行艦に近い、いわゆる〈水上船型〉をしていたので、もしかして!?の期待がありました。
正体は、「ドイツの愛好家が造った(精巧な?)レプリカ!」だそうです。この場合のレプリカは、姿形だけを再現した「模型」ではなく、動力その他の実用性能も再現した(再現したのであって、復元した訳ではありませんから、動力その他の機関が原型と同じ必要はありません)という意味での、レプリカのようです。
詳しい説明がありませんので、どこまでも画面上で描かれている表現と、この潜水艦を競り落とした当事者等の言動から、判断するしか有りません。




グリザイアの果実』(グリザイアのかじつ、LE FRUIT DE LA GRISAIA)は、2011年02月25日にフロントウイングより発売されたアダルトゲーム。

〈中略〉


《ストーリー》

物語の舞台は三嶋崎という名の海辺の町である。
2011年05月現在、三嶋崎には約1年前に設立された「私立美浜学園」という全寮制の学校が存在している。同月24日、主人公の少年・風見雄二がここへ転入生として訪れることから物語は始まる。
外界から隠すように、そして守るように高くそびえる塀に囲まれた美浜学園。生徒はわずか5名しか在籍しておらず、その誰もが女子であった。唯一の男子生徒となった雄二は、個性豊かな女子生徒達に囲まれ、賑やかで平和な毎日を過ごしてゆく。
だが、そうした一見明るい日常とは裏腹に、美浜学園の5人の女子生徒達には、それぞれ他人には聞かせられない暗い過去が秘められていた。雄二は学園生活を送るうち、5人のうち1人の女子生徒が抱える秘密を知ることになる。

引用者註:この物語の原型は〈18禁系〉のゲームです。

〈中略〉


TVアニメシリーズ

〈中略〉

『グリザイアの果実』の放送終了後に『グリザイアの迷宮』・『グリザイアの楽園』のアニメ化が発表され、1クール空けてからの2015年04月から『迷宮』を1時間(60分)スペシャルとして放送後に、『楽園』を放送している。
1クール空けたことについて、小倉は当初からの予定であったことに加え、「楽園」を楽しんでいた視聴者と制作スタッフのことを考慮した結果であると述べた。

〈以下略〉


正直なところ、ゲーム原作のアニメ化というのは、どうしても中途半端の印象が拭えないモノです。
特に〈18禁〉系のいわゆる「美少女(攻略)ゲーム」や「ハーレム・ゲーム」は、基本的に登場した女性キャラクターの数だけ、ストーリーとエンディング(女性の名前をとって「~ルート」などと呼ばれています)が有るのが普通ですから、事実上まともなストーリー構成は不可能です。アニメとしての物語を重視するなら、本命エンディング女性のストーリーとなりますし、そうでなければいわゆるハーレム・アニメ化する場合が、多いようです。
事実上、このアニメ版「グリザイアシリーズ」も、最初から《ハーレムもの前提!》という、ストーリー構成となってました。

と言うかゲーム準拠の、最初の『グリザイアの果実』編は、他に説明しようの無い主人公(プレイヤー)が、少女達の心の闇を晴らして仲良くなる。
というのが、物語の基本パターンであり、全ての女の子の悩みをクリアできたら、設定として女ばかりで男1人という、ハーレム状態が確定します。しかしそれを受けた続編は、完全にその救われた女の子達が、窮地に陥った主人公を助けるべく、その類い希なる各々の素質を生かして(生かしているかどうかは、今一不明ですが‥‥‥)行動するという、筋の通った物語が構成されています。
ただまァ、幾らエンディングに影が出ていると言え、TVアニメ・シリーズとしては最近、そのものズバリの「イ401」が主人公となる、SF海洋アクション『蒼い鋼のアルペジオ拙ブログ記事参照』が有ったばかりなので、同じ型の潜水艦は出ないだろうと思ったのですが‥‥‥。


〈伊四〇〇型潜水艦の在りし日の姿〉

伊4022

伊4012


〈伊四〇〇型の図解〉

伊400型2


〈搭載されていた水上攻撃機「晴嵐(せいらん)」〉

晴嵐


実際、この水上機とはいえ間違いなく空を飛ぶ、戦闘攻撃機を3機収容して洋上から発艦させる事の出来る、蒸気カタパルトを装備していました。

アニメ・シリーズ「グリザイア楽園」では、目的に見合うとにかく巨大で航続距離があって、原子力ではない通常動力潜水艦となると、やはりこれしかなかったのでしょう。
通常動力とは言っても、現代の技術を用いれば特にディーゼル機関をより高性能なタービン・エンジンや、蓄電方式をこれも既に自動車などで実用化されている、ハイブリッドなどで高出力長時間使用可能な、高性能方式にする事が出来ます。これにより動力機関や燃料装置の小型軽量化が可能となり、原型の諸元を遙かに超えるよりハイスペックで、居住空間にゆとりのある船舶としての機能も、向上すると思います。



フリー百科事典ウイキペディア
伊四〇〇型潜水艦
Wikipediaリンク済み
より



《性能諸元》

〈排水量〉
基準:3,530トン
常備:5.223トン
水中:6,560トン

〈大きさ〉
全長:122m
全幅:12.0m
吃水:7.02m

〈動力機関〉
水上:7,700馬力
艦本式22号10型ディーゼル4基2軸

水中:2,400馬力
1,200馬力モーター2基

〈速力〉
水上:18.7ノット
水中:6.5ノット

〈航続距離〉
水上:14ノットで37,500海里
       (約712,500km)
註:地球の1周が約40,000kmと言われています。
つまりこの航続距離は、1周半以上という事になります。

水中:3ノットで60海里
         (約1,140km)

〈燃料〉
重油:1,750トン
乗員:157名

〈兵装〉
口径14センチ単装砲1門
25ミリ3連装機銃:3基
同単装:1挺
53センチ魚雷発射管:艦首8門
魚雷20本

航空機:特殊攻撃機『晴嵐』 3機
(四式一号一〇型射出機 1基)

備考:22号電探1基、13号1基

安全潜航深度:100メートル

連続行動時間:約4ヶ月





と言う訳で、アニメに登場した船と比べて見ます







グリザイアの楽園
第9話ブランエールの種Ⅴ






〈リンク切れ予備〉


さてここで御紹介するのが、アニメ作品の中に登場した、曰く「3,000トン級の船舶!」だ、そうですが前回(第8話)の最後で、海の中から突然急浮上した事からも、潜水艦である事は間違い有りません。
その上に、実際に甲板に上がってみると、実に特徴的なというか、本物が建造された第二次大戦末期はもちろん。その後も、このような構造物を有する巨大潜水艦は、後にも先にもこの型だけと言える、特徴が目に付きます。


楽園001

ほぼ唯一の、この艦艇の全体像が描かれています。ですが、
何しろ夜の闇の中でしかも遠目という事なのか、描かれてい
る艦影全体が小さいので、かなり分かり難くはなっています。

イ400A1

〈珍しい真横からの伊四〇〇型の写真〉


楽園002

楽園003

楽園004

〈だとすると彼女達の、立っている部分がカタパルト?〉


楽園005

〈本来は艦載航空機「晴嵐(せいらん)」を海上から回収す
る為の、大型クレーンで逃走用の軽トラックを収容します。
少なくとも潜水艦に、こんなに大きなクレーンを常備したの
は、伊型潜水(空母)艦くらいなものでしょう〉


楽園006


この潜水艦の購入者は、軽トラックを「(とう)の中に入れて」と指示します。
筒の中とはつまり、艦橋に当たる発令所のある司令塔の下にある、艦載機収納用の伊四〇〇型独自の、直系約4メートル・長さ約30メートルもある中空の筒でした。伊型潜水艦は、その独自の構造の為に、全体が三層になっているとも言えます。一番下が船体でもある、機関部と居住区画。更にその全体に、浮上・潜行用のバラストと、艦全体を包む外殻と内殻の間に、1,750トンもの燃料を衝撃と音響の吸収剤を兼ねて、貯蔵します。これが地球を1周以上出来る、超航続距離の秘密です。

その上に筒状の、艦載機「晴嵐」を3機保管する部分。
そしてさらにその上に、通常の発令所。このアニメでは、恐らくはかなり現代的な電子化が進んでいて、この部分にも余裕があるのでしょうが、実際の伊四〇〇型にはそんな余裕はなく、浮上航行中にこの一番目立つ部分を破壊されたら、それで終わりでしょう。それを警戒したのか、実際の伊四〇〇型には大戦末期にようやく日本帝国海軍も開発した、電探(レーダー)装置が2基も備えられていました。他にも音響探知機や、無線受信装置などアンテナや潜望鏡のテンコ盛りです。


楽園007

〈「筒(とう)」の中には、既に折り畳まれたプロペラ機が1機
収容されているようです。「晴嵐」はサスガに格納が難しく、
実際には完成に近い状態で分解収容され、使用時には外
に出して組み立てられたようです。もちろん内部での組立や
整備は不可能で、その為「収容」というのが実体でした〉


イ400B2

楽園008

楽園009

楽園010

マウザーHSc03


このシリーズはかなりキッチリと、実在の銃器や手製の武器を描いていますが、細部にはむしろ敢えて、拘っていないと言う気配がします。
この銃も何となく、マウザー(モーゼル)HScがモデルだと、思わせます(お前だけだッ!?)。
マウザー HSc (Mauser HSc) は、1937年にドイツのマウザー社で開発された、ダブルアクション式のセミオートマチック拳銃の事」です。

マウザー(日本ではモーゼルという呼び名で有名ですが、「Mauser」の読み方はマウザーの方が、近いそうです)拳銃の中では、マウザー・ミリタリー・モデルC96が、殊の外有名です。



マウザーM


ただ実際の名前は、メーカー名+C96でマウザーC96と呼ばれていいます。
軍用自動拳銃の王様とまで言われた、この大型拳銃が余りに有名で、特に日本ではHScは余り目立ちません。ですがHScと言えば、何と言ってもこの優美でありながらも機能的なデザインです。銃口の下から、トリガー・ガードまでを結ぶ機能的に美しい三角形は、テイクダウンラッチのハウジングだそうですが、この拳銃を一目見たら忘れられなくする、特徴的なデザインです。

この部分は、本来なら銃の分解・清掃用の「テイクダウンラッチ」という、レバーの類を隠す事が目的だそうです。
ただ、このデザインと並んで撃鉄や照星・照門まで、簡素にまとめ外への露出を極力避けたデザインにより、専用のホルスターはもちろんポケットに入れていても、どこかに引っ掛かる確率が少なく、スムーズに取り出せる為護身用と思われがちだそうです。実際そういう用途も含め、第二次大戦後もメーカーを変えて現在まで、製造が続けられているロングセラーの名銃です。
しかしそもそもは、軍や治安組織の正式拳銃として造られたという事は、余り知られていません。ですが実際に9ミリ(38口径)から32口径まで、装弾数と威力や反動から撃てるタイプが選択できますが、基本的には自動拳銃としては並か、それ以上の大口径です。

ところで肝心のアニメで描かれている方は、どう見てもHScにしか見えないデザインと大きさ(握っている手と指の大きさとの対比から)でありながら、明らかに下の実物の写真と見比べると、違いがあります。
一番重要なのはその要の、分解・整備用の「テイクダウンラッチ・レバー」にしか見えない、本来のHScには存在しない銃身の下にそのレバーが描かれています。さらに、スライド(カバー)の後部にある、冷却用兼手動で初弾を装填する為などに、指で挟む為の滑り止めになっている刻みに、実物は大きな安全装置がありますが、アニメの画面にはありません。
で有るのに、この後明らかにこの銃を持つ手は、安全装置を掛ける動作をし、その「カッチャッ」という効果音までしています。考えられるのは、この画面で描かれている銃の親指のすぐ上に、ボタンのようなモノがあり、それが安全装置(「デコッキング」ボタン?)なのか?と、思われます。

さらに見れば、狙いを付ける照門の形とこれもHScの特徴である、隠れている撃鉄が他の自動拳銃のように、指で引き起こせる様に、大きく外に出ています。
この辺から、実はこの銃はマウザーHScではなく、良く似た別の銃!?かも知れません、しかし現在別メーカー製造している自動拳銃で、似ていると言えば。


シグP230B

〈シグ・ザウエル(SIG SAUER) P230〉


通常は、私服の公安関係者が主に使用する銃として有名で、日本でも警察関係(制服でも)を中心に広まっているそうです。
特に、SP(セキュリティ・ポリス。要人警護に特化した警官)の拳銃として正式採用された事は、その筋では有名なのだそうです(そのものズバリ「SP」と言うドラマもあります)。

確かに、現在のプロ(アメリカのCIA捜査官?)が持つ銃としては、こちらの方がふさわしいでしょうし、何よりも作画上の問題が無くなります。
しかし、全体のデザインとシルエットでは、断然HScでしょう?それとも、たまたま似てしまった?のでしょうか!?白状するまでもなく、「SIGのP230より、断然マウザーHScの方が好き!」です。



楽園011

楽園012


この位置からだと、艦載機収容筒最前部となる独特の円錐系のハッチと、その上になぜか正面から見ると右に偏った、司令塔の構成が良く分かります。
ちなみに司令塔の側面で、やっているのはこの潜水艦の新しい名前の、書き込みです。この艦は(武装が有れば潜水艦、無ければ潜水艇ですが‥‥‥)この時から、旧日本海軍が建造した潜水空母伊四〇〇型でも、そのレプリカでもありません。
この物語の、主人公達の居るべき場所。そう新しい「美浜学園」です!



楽園013


と言う訳で、潜水艦に着艦した希有な戦闘ヘリが主人公を乗せ、彼を最後の戦場へと連れて行きます。
パイロットは、絶対に連れて行きたく無いのでしょうが‥‥‥。



楽園014

楽園015

楽園016

〈後部甲板に据えられたこれも潜水艦にあるまじき、14センチ
対艦砲までキッチリと再現されています。恐らくダミーでなけれ
ばもちろん艦内からの操作で、砲弾ではなくアスロック式の対艦
空ミサイルを発射出来れば、浮上せずに攻撃できる気がします〉


イ400大砲14A

〈当時の巡洋艦や大型駆逐艦に、装備されたサイズの対艦兵
装です。安全深度100メートルと言うのも、こんなものを装備し
ていたのなら、納得です。恐らく対艦戦は、洋上決戦が想定さ
れていたのでしょう。どうも日本の旧海軍は、潜水艦の隠密性
を用いて敵艦艇を魚雷攻撃で沈めるという基本戦術を、最後ま
で持つ事はなかったようです。この配置では、搭載機を発艦さ
せるまでの時間稼ぎが、目的だとしか実用性が浮かびません〉


楽園017

〈かくして大型潜水艦?「美浜学園
もまた、自らの決着を付けに向かいます!〉


楽園018

〈現場に到着し、直ちに潜水服を着て水深400メートルへと、
沈められ‥‥‥いや、決着を付けるべく果敢に挑むのです!〉


楽園019

〈本当にこのメイド服、遠慮も躊躇いも有りませんねェ~〉


楽園020

〈まァ、対空監視をしている奴も、している奴ですが‥‥‥曰く「チ
ャッチャッと、沈められればいいものを~」って、いいんですか?〉


楽園021

〈これがエンディングの冒頭です。この影は潜水艦しかないッ!
でも、だとしたこの形は‥‥‥まさか、まさか!?でした〉


楽園022

楽園023

〈エンディングの最後、発光信号を点滅させる「美浜学園」です〉







関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : グリザイアの果実
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line