『児童ポルノ画像をCGで製作・販売事件裁判』を海外のメディアがどう見ているのか?この動画に映っているマンガ・コミックがもし児童ポルノというのなら日本のマンガ&アニメは壊滅でしょう!



何気なく、全く別の事を検索していて、次のような海外の?動画サイトを見付けて、驚きました。
ただこのサイトは、独自の視点でニュースを取り上げ、それにチョッとユーモアというかペーソスを加えた動画で、興味関心を惹く事を前提としていますので、「海外の目だ!」と、鵜呑みにするのは早計です。ただ、かなり一般的な感覚に近いレベルだと言う意見もあるようです。



TomoNews(リンク済み)

TomoNewsは、ウェブ上のトップアニメーションニュースをあなたの毎日のソースです。
我々はあなたが世界中で起こっているすべての最新かつ最大のストーリーに更新滞在するのに役立つすべての最高のストーリーを集めてきました。

我々は、ライブ映像とアニメーションを組み合わせて、それがすべてダウンしたどのように伝えるために少し余分な一口で混合しました。
ニュースは再び同じになることはありません。

でTomoNewsアプリダウンロードすることにより、外出先での話をトレンド、すべてのあなたのトップを取得し 、Googleが再生するとAppleのApp Store。
で私たちと接続してフェイスブック、ツイッターとGoogle+の多くのため!

〈以下略〉






〈と言う訳ですが、何と言っても!〉

CG児ポ01

〈これでしょう!〉


何処までが冗談で、何処までが真面目なのか?ウィットに乏しい身としては分かりかねますが、この背表紙タイトルの作品が1冊でも「児童ポルノ・マンガ」として摘発されるのならば、この国からマンガ・アニメの文化はアッサリと消滅するでしょう。
悲しいかな、製作現場では既に無言・無形の圧力が、かなり厳しく掛かっているようです。

さて問題の裁判の方ですが、2015年09月の時点では大きな進展も変化も、見られなかったようです。
だとすると、相変わらず《検察VS裁判所の睨み合い》が続いて、《被告と弁護士待ちぼうけ》状態と言う事になります。一体何で審理が止まっているかというと、検察側の証拠開示拒否に問題があるようです。

どういう訳だか分かりませんが、検察側は「被告は所有していた女子児童の裸写真集をパソコンソフトのフォトショップを用いて『スキャナー撮りをして』同ソフトで独自に加工修正した」と言っているようです。
ただし、検察は「スキャナー」という言葉を使わず、「パソコンに取り込んで」とのみ言っているようです。これに対して、被告・弁護氏側は、「確かにフォトショップを用いたが『トレース(輪郭線をなぞる)をしただけ』で、後はフォトショップを使って自己の創造力で、描き上げていった!と、主張しています。そこで弁護士は検察に、「製作途中の画像も保存されているのでそれを見て欲しい」と、要請しました。確かに途中経過を見れば、元の写真のままか大幅に手が加わっているのか?は、容易に判別できますが、何故か検察側はこの開示要求を拒否します。

そこで裁判所が、「証拠の開示を命令(検察は有罪に不利な証拠を提示する義務は無い)」したのですが、検察はこれも拒否をしたまま、膠着状態が続いています。
検察の意見は、「元の写真が児童ポルノであり、被告がそれを元に描いた作品も児童ポルノである以上、途中経過を見る必要もなく被告は有罪である」これでは、裁判所も納得できないのでしょう。2013年12月に始まった公判は、未だにまともな冒頭陳述も行われていないようです。





関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 児ポ法・メディア規制に反対です!
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

Title

二次元まで規制されるのは勘弁してほしいですね。
図書館戦争が現実化する???

TPPの「第三者による著作権侵害告訴権」次第でしょうねェ~。

HINAKAです。

ヒキエル様、遅くなりました。


遂にTPPで、アメリカの主張する「著作権者以外の第三者による提訴」が認められたので、大いに不安です。
一応「現実に著作権者に大きな損失を与える事例のみ」と言う付則が付いていますが、日本の音楽家と音楽界を崩壊させた日本音楽著作権協会(通称JASRAK)の様な、傍若無人な第三者「天下り官僚機関」が取り締まりに出て来ると、大変な事になります。
個人のブログでも、画像キャプチャは全て有料(著作権料を支払う)か削除です。このような集団は、著作権者を守るのではなく、著作権料の徴収権を守るので。音楽家が、自分のコンサートで歌う自分が作詞・作曲してCD販売している曲にまで、徴収料を要求します。しかも明らかにCDの売り上げ低下は、そもそものCDの値段が高くなりすぎた。のに、著作権料の多くをCDの売り上げに頼ってきた結果であるのに、「ネット配信が悪い!」などの難癖を付けた結果。
「ダウンロード禁止法」などという訳の分からない法律が、ドサクサ紛れに成立して新人のCG作家や売れない音楽家を困らせています

目先の利益に目が眩み、将来に対する投資を渋るとどうなるのか?
今のノーベル賞ラッシュが、実際には10年以上前の地道で場合によっては、「アホだ、バカだ、能なし、研究費泥棒」と言われながら続けた《変人達の変態研究!?》が、実を結んだモノです。化学賞を受賞された先生は、当時日本の医療・医薬品メーカーからは相手にされず、アメリカの当時ベンチャーだった医薬品企業に客員教授として雇われ、ようやく研究費の目途を付けたのは、今や有名な話しです。しかも、自分の特許は全部そのメーカーが買い取る変わりに、黒字になったらその特許を無償公開して、誰でも利用できるという契約にしたというのですから、驚きです。
しかもその企業は、実際にその薬が必要なのは熱帯の貧しい国々で特許だけではなく、薬そのものが必要なのだと知ると、毎年何トンという単位で薬自体の、無償提供を続けたそうです。

将来に対する投資は、明治の先訓以降日本は、ダメダメです

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line