見た!見てしまった!!TVアニメ・シリーズ『SIHROBAKO』全24話、痛い!苦しい、何より辛い!!




「(やると決めたら自信を持て覚悟をしろ!

第13話「好きな雲って何ですか?」で登場し、その後この作品のテーマの1つにもなります。
このセリフが重くて、辛くて、痛くて見る機会が無いのを言い訳に、今まで敢えてスルーして来た作品です。しかもこの後に、「若い者が、根拠の無い自信を持て無くて、どうする!?」と言うセリフも、続くんですよねェ~。これは、本当に痛いッ!実際、確かにその通りなんですが、文字通り胸を掻きむしられる、思いです・・・。




SIHROBAKO』(シロバコ)は、P.A.WORKS制作、水島努監督による、2014年制作の日本のオリジナルテレビアニメーション作品。
2011年制作の『花咲くいろは』に続く「働く女の子シリーズ」第2弾。制作進行・アニメーター・声優・3DCDクリエイター・脚本家志望としてそれぞれアニメーション業界に入り夢を追う5人の若い女性を中心に、作品の完成を目指して奮闘するアニメーション業界の日常を描く群像劇である

----------------

概略

〈中略〉

P.A.WORKS代表の堀川憲司は、本作のバランスついて「『SIHROBAKO』は、「あるある」50%、「こんなんだったらいいな」20%、「ネーヨ!」10%、「え(゚_゚;)」10%で構成されています。あと10%は?」と発言しており~

〈大幅に後略〉



何処かで放送されているらしい事は、知っていましたが積極的に見る気も無く、増して週1何てそんな《難行苦行の拷問の先延ばし》みたいなマネ、出来るか!?
と思っていたら、何と正月に全話一挙放送!他に見るモノも無く(年末に本格的な風邪を引いた事もあって、ビデオ・レンタルも出来ず)、他に特に見たい番組も無い以上は、「見るッきゃ無いッ!いや、今回見ずしていつ見るのか?見れるのか!?」と思いましたが、サスガに一挙放送をリアル・タイムで見るのは無理でした。

VHSデッキ2台をフル活用?全話を収録して、後からチビリチビリと見る事にしました。


TVアニメ・シリーズSIROBAKO全24話

http://www.amazon.co.jp/%E3%80%90Amazon-co-jp%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%80%91SHIROBAKO%E7%AC%AC1%E5%B7%BB~%E7%AC%AC4%E5%B7%BB%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88DVD-%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB%E6%8F%8F%E3%81%8D%E4%B8%8B%E3%82%8D%E3%81%97%E5%8F%8E%E7%B4%8DBOX%E4%BB%98-%E6%9C%A8%E6%9D%91%E7%8F%A0%E8%8E%89/dp/B018XAW0JM/?_encoding=UTF8&camp=247&creative=1211&dpID=51rKONRn%2BsL&dpSrc=sims&linkCode=ur2&preST=_AC_UL160_SR137%2C160_&refRID=1PBMZE7WJNQBW6F6JQ41&tag=blogsonetn046-22">SHIROBAKO第1巻~第4巻セットDVD(オリジナル描き下ろし収納BOX付)</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=blogsonetn046-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />" target="_blank" title="〈<strong><span style="color:#990066">『</span><span style="color:#3300FF">SIROBAKO</span><span style="color:#990066">』</span><span style="color:#009900">第1巻~第4巻セットDVD</span><span style="color:#990099">・</span><span style="color:#0066FF">Amazonリンク済み</span></strong>〉<img src="http://blog-imgs-88.fc2.com/a/o/n/aonow/SHIRO-BOX21.jpg" alt="SHIRO-BOX21.jpg" border="0" width="460" height="536" />">〈SIROBAKO第1巻~第4巻セット
DVD
Amazonリンク済み



SHIRO-BOX21.jpg



http://blog-imgs-88.fc2.com/a/o/n/aonow/SHIRO-BOX22.jpg" alt="SHIRO-BOX22.jpg" border="0" width="460" height="536" />">〈SIROBAKO第5巻~第8巻セット
DVD
Amazonリンク済み



SHIRO-BOX22.jpg



商品の説明

「アニメーション業界の今が、ここにある。」

◆ストーリー
SIROBAKO』とは?

シロバコとは映像業界で使われる白い箱に入ったビデオテープの事であり
ひとつの作品が完成した際に、制作者が最初に手にする事が出来る成果物である。
イラストや写真等で華やかに作られている販売用パッケージと比べれば、
白い箱に入っただけのテープは地味かもしれない。
しかし、そこにはクリエイター達の想いが詰まっている。

この物語は、5人の夢追う女の子を中心に、
シロバコの完成を目指し奮闘するアニメ業界にスポットを当て
日々起こるトラブルや、クリエイティブな仕事ゆえに起こる葛藤や挫折、
集団で作るからこそ起こる結束や衝突といったアニメ業界の日常を描いた群像劇作品である。

そして、5人が共に目指した夢への挑戦。その先に見出す希望へと続くサクセスストーリー。

そう、アニメの今がここにある・・・


2014年の放映開始当時は、「業界ものだ!」「楽屋オチだ!」「こんなに気楽で楽しい職場じゃないッ!」という、特にアニメ業界内からの反発(後に多くは、元業界人で挫折した人々の、僻みややっかみだったのでは無いか?という説もあります)も多かったようです。
究極的には、「人手不足に悲鳴を上げる、業界の業界による求人アニメ!?」とも、言われたようです。しかし、特に全24話放映終了後には、むしろ業界関係者や当事者から、「フィクションとしての理想化はともかく、現代アニメ製作の現場状況に致命的な嘘はほとんど見られない。少なくともその状況で奮闘し挫折し、成長する主人公ヒロインを始め、魅力的にデフォルメされたキャラクター達は実に生き生きと描かれて気持ちが良い」という、肯定的な意見や感想が、多く語られるようになったように感じます。

作品としては、「業界の常識は常識として、デフォルメは大胆に、喜怒哀楽はハッキリと描く」事による、実業界の表裏や現実性(リアリティ)に囚われない、昨今珍しい(業界モノ作品としてアニメでは特に)愉快な物語になっていると思います。
そもそも業界モノに、有り得無い設定とか、実行不可能な事象というのは、特にアニメでなくても最近では医療モノなどが槍玉に挙げられまいます。
他にも、アニメでも有名な刑事・警察モノで、有り得無い「拳銃を携帯した、FBI捜査官の協力」とか、「大型拳銃(マグナム弾用)を持つ刑事(アメリカ映画「ダーティ・ハリー」の影響ですが、アメリカでもさすがに44口径マグナムを持つ刑事とかはいないそうです)」とか「日本警察では、許可が無い限り私服のいわゆる刑事は、拳銃を携行しないので、実は常時拳銃を持って警邏(日常の巡回警備)を行っているのは、制服のお巡りさんだけ」だったりするのだけれど、それでは面白くない!のは、言うまでもありません。
そう、重い事実だけがシリアスじゃない!と、思いたいです・・・ハイ。










SIHROBAKO
第13話好きな雲って何ですか?


SHIROBAKO 第13話 「好きな雲って何ですか?」 NT2015


〈リンク切れ予備〉




色々な特徴満載?のアニメですが、特に作品として面白いと思うのが、見かけが女子高時代と変わらないせいで、余計に幼く見えるのでしょうが、主人公ヒロイン達がほぼ全員20歳越えの、成人だと言う事です。
職業ドラマだから当然と言えば当然なのでしょうが、その為に増えたのが日本のアニメでは珍しい《飲酒シーン》です。やはり未だに、放映時間が深夜でも「マンガは子供向き」という、暗黙の了解があるようです。作品として『ルパン3世』や『マスター・キートン』のように、主役登場人物が明らかに大人のそれも男性である場合以外では、NHKで放映された『バグマン』では、原作の少年マンガでも大人男性の編集者が、自宅で缶ビールを飲むシーンが、なぜか?麦茶に変えられていました。

しかも、ヒロインの1人は居酒屋でバイトしていました。
その彼女が、《声優》を目指す事が大きく、この作品の大きなポイントだと思います。以下は彼女が、養成学校時代の演技の先生に、激励される、さり気ないけれどまさにこの作品の1つの大きなテーマを、語っている部分だと思います。


SHIRO13-0.jpg

彼女「今度また、オーディションに・・・」


SHIRO13-7.jpg

先生「~良かったじゃない!ホラッ、乾杯乾杯!」


SHIRO13-1.jpg

彼女「でももしかしたら、単なる頭数要員かも・・・」

先生「~そんな手間掛ける余裕
事務所(彼女の)にも先方にも無いって!」

彼女「スミマセン・・・


SHIRO13-2.jpg

貴方に足り無いのは
自信と覚悟だネ


SHIRO13-3.jpg

自信
無いです


SHIRO13-4.jpg

失敗も貴重な財産でしょうが
若者が根拠の無い自信を持たなくって
何を持つって言うの?


SHIRO13-5.jpg

しっかり!


SHIRO13-6.jpg

ハイッ!


極論すると、この物語のテーマは、これに尽きます。
後は、この23話(最終回1つ前)の次のシーンで決まりッ!でしょう?

紆余曲折、混迷波乱もどうにか無事(?)に乗り越えて、最終回の修正追加シーンの為に、ギリギリのタイミングで(この時には、全てが既にタイムオーバーしていますが・・・)追加アフレコを行います
この時、当初の最終回にはいなかったキャラクターが加わり、声優オーデションの時に候補には出たのだけれど採用されなかった新人が選ばれました。共演するヒロイン役も既にアフレコ経験はありますが、主役級の無い無名に近い存在でしたが、この作品で抜擢され知名度も演技力も上がったと、評価されていました。

その予定になかった為に、急遽抜擢された新人と言うのが物語り主人公ヒロインの親友(女子高時代のアニメ同好会仲間の1人)で、居酒屋でバイトをしていた上記13話のあの娘です。
制作デスクを任され、それでなくも大忙しの主人公ヒロインでしたが、この大詰めでのドンデン返しの大波乱に追加のゲスト声優が誰に決まったのか、そのアフレコ現場に来るまで知りませんでした。もっとも元々声優が誰かなど、オーディションに参加もしない制作サイドには、放送されるまで気が付かない(忙しくて登場人物名の方が大切ですので・・・)事は、ままあるようです。
そして「根拠の無い自信と覚悟だけを持って!」彼女が、現れます。



第23話続・ちゃぶだい返し


SHIRO23-01.jpg

〈声の主役が到着して、改めて座り直そうとす
る録音スタジオの、スッタフ席の主役ヒロイン。
そこへ、もう1人追加役の声優が到着します〉


SHIRO23-02.jpg

〈その声優が、初めて抜擢された女子高
同好会時代からの親友と、初めて知った
ヒロインは驚きの目を見開きます〉


SHIRO23-03.jpg

〈しかし彼女は、表情で「私の事は黙っていて」と伝
えると、大きな声で名前と所属事務所名を告げ、音響
スッタフに「宜しくお願いします」と頭を下げます〉


SHIRO23-04.jpg

〈最後に改めて、主人公ヒロインに表情で「見ててネ」
と伝えると、静かにドアを閉じる親友。見守るヒロイン〉


SHIRO23-05.jpg

〈最初のオーディションで落選した理由が、今回の急遽
採用の理由になった皮肉を、この時初めてヒロインは知
ります(新人でスケジュールが空いている事も理由?)〉


SHIRO23-06.jpg

〈彼女の声優デビューを、しっかり見届けようとするヒロイン。
その前で、堂々と(根拠の無い?)演技を披露する親友〉


SHIRO23-07.jpg

〈監督の要望通り、幼いけど落ち着いて大地に根ざした感じ
を、自信を持って出しながら僅かなセリフに魂を込める親友〉


SHIRO23-08.jpg

〈現在のアフレコ現場は、こうなっています。ちなみに
もちろん「絵」は完成していないので、コンテ画です〉


SHIRO23-16.jpg

〈セリフと今の2人の心情がダブるシーンですが、決して
高ぶる事なく落ち着いて、しかし明らかに力を込めて「
今少し夢に近付きました!」と、最後のセリフで締めます〉


SHIRO23-17.jpg

〈その最後のセリフに、自分と親友と他の友人達の重いが
重なって、遂に涙腺が緩み感動で胸が潰れそうになります〉


SHIRO23-18.jpg

〈OKを貰った親友は、今度こそ本当に堂々とそれも、他
ならぬヒロインが携わった作品の「」を演じて堂々と声
優デビューです(未だかなレギュラーじゃないから?)〉


SHIRO23-21.jpg

〈彼女がスッタフルームを振り返り、「ありがとうございまし
た!」と頭を下げると、ヒロインは涙と感動に耐えられません〉


SHIRO23-22.jpg

〈そしてその2人にしか分から無い感動と、こぼれ落ち
る涙を隠す為にシナリオで顔を覆い、声を殺すヒロイン
の姿を、親友がガラスの向こうでしっかりと見ています〉


SHIRO23-23.jpg

〈ヒロインは、ただただ嬉し泣きです〉


SHIRO23-24.jpg

〈ここまで何があっても、泣かなかっただけにこの
ヒロインの流す滂沱の涙には、思わず泣けます!
ちなみにこのアフレコを聞きながら(この時点でも
はやアフレコではないのですが)このシーンの原画
を担当した、もう1人の女子高生仲間も、泣きます〉


第24話・最終回遠すぎた納品





〈リンク切れ予備〉





最終回で作画を任された、ヒロインと同じ会社で働くアニメーターが、同じく女子高同好会時代の友人が声を当てた場面の、作画チェックをして思わず感涙する場面です。

SHIRO24-1.jpg

SHIRO24-2.jpg

SHIRO24-3.jpg

SHIRO24-4.jpg

SHIRO24-5.jpg


そして最後、最終回の放映枠時間ぎりぎりで、各地の地方局に人海戦術でマスター・テープを配り終えた面が戻る中、最後に戻ったヒロインが乾杯の音頭を取る事になりました。
《ここで初めて、CMに「業界用磁気テープのパイオニア・フジフィルム」が、入っているのかが分かりました。家庭用のビデオ磁気テープはVHSすらもはや製造終了なのに、業界では未だ磁気テープが健在なんですネ・・・何か複雑》


SHIRO24-6.jpg

〈それでは乾杯!〉


SHIRO24-7.jpg

SHIRO24-8.jpg

SHIRO24-9.jpg

SHIRO24-10.jpg

SHIRO24-11.jpg

SHIRO24-12.jpg

SHIRO24-14.jpg

SHIRO24-15.jpg

〈主人公のマスコットで、業界用語や進行状況などの解説を
担当。実際に主人公と会話しているように見えますが、本当
はどうなのか?主人公の自問自答でも、会話は成立します〉


SHIRO24-16.jpg

〈神々しく登場しているのは、今回アニメ作品の主役達!〉


画像19

〈雛壇に上がっているのは、レギュラー役の声優さん達。最後に
親友2人を泣かしたのは、向かって左端で一段低くなってます〉


SHIRO24-17.jpg

SHIRO24-18.jpg


〈この写真を撮影したのは、《原作者の意向と、アニメ製作の現場の取り次ぎを放棄して、挙げ句にアニメ製作サイドの予定や段取りに、多大の迷惑を掛けた「原作の編集者です》おかげで、今回は写真の中に入れない役回りのようです〉


画像20


結果として、女子高アニメ同窓会仲間5人全員が、最後の同じ作品に多かれ少なかれ関係して、最後はハッピーエンドです!





関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : SHIROBAKO
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line