病院・郵便・銀行・行政機関(役所)その他の生活インフラ難民には誰でもすぐになれる!



半径2キロメートル以内に郵便局も銀行の支店・営業所もなく、もちろん役所の機能を代行する場所もコンビニすらありません。
東京駅から2時間圏内を謳う、基本的に「首都圏住宅地」となっていますが、実体はこんなものです。平均値とは、恐ろしいモノです。
事実上、自動車がなければ日常生活は成り立ちません。そして、その自動車に必要なガソリンを供給するスタンドも、もちろんスーパー・マーケットもまた、コンビニ以上に過疎化しています。
つまり高齢者だけでなく、若くても健康でなければ病院にも行けません。若くて健康で有る為には、少なくとも栄養のバランスの取れた食事が不可欠です。しかし買い物にも不自由するようでは、そのような健全な生活はとうてい望めません

痛烈な皮肉です。
若くて健康であれば必要の無い病院に行く必然ができた時には、いったいどうやって行くのでしょう?




コンヒニ難民2

〈Amazonリンク済み〉



以下は出版社からの、上記本の内容です。
これを期待して読むと、ある意味では肩透かしを受けるかも知れませんが、ここに記されている現在のデーターと、将来と言っても20年と掛かりませんが、その未来予測は大いに見ておくべきです。少子高齢化社会の実現が予想されて、数十年後の今国会で何が行われているか?
分かっているのに、常に現状に甘んじ今と同じ未来が続くとは、恐らく余程の楽観主義者でも思ってはいないでしょう。「歩道橋はかつて《永久構造物》と国家に認められ、永久メンテナンス・フリーでも朽ちず・腐らず・壊れない!」と、国家の正式文書に記されていました。
今それを信じる人はいないだろうし、言えば噴飯ものでしょうが当時は国家レベルで、そう信じられていたのです。もちろん、国家規模の公共工事として建設された、高速自動車専用道路のトンエルの天井が崩れるなど、「有り得無い!」今にして思えば、ギャグとしても最低です。

しかし、今も未だその精神は、脈々とこの国に息づいています。


出版社からのコメント

国内の総店舗数、5万5千店。
年間売上高、10兆円。
1ヵ月の来店者数、14億人。

「コンビニが無い生活に我慢できますか?」というアンケートに、実に老若男女の約半数が「できない」と答えています。
若者の"たむろ"問題やエネルギーの過剰消費、ブラックバイトや地域商店への影響など、課題はあるも結果として私たちの生活に不可欠な存在となった、コンビニ。
飲食物の購入はもちろん、公共料金の支払いやATM、時には防犯や防災の手助けまで、その機能は今も拡大を続けています。
しかし、コンビニ店舗網と65歳以上の高齢者の在住データを重ねれば、徒歩圏である300メートル内に居住している率は
39%に過ぎません。つまり6割の高齢者はその利便性を享受できない「コンビニ難民」だった!
その数は単身高齢者・高齢夫婦世帯で言えば800万人以上と試算されます。
一方、三井住友トラスト基礎研究所で「都市と不動産」に関する調査研究業務を行う著者は、日本が持続的な成長を遂げるために
その解消が1つの〈カギ〉になると主張します。
そこで同書では各種データを駆使し、コンビニ難民の実態を浮かび上がらせながら、それを解消するためにどうすべきか課題を探ります。確かに「コンビニが近くにあるかどうか」でQOLが変わりかねない現代において、日本中に張り巡らされた店舗網、その存在はもはや、「ライフライン」なのかもしれません。


分かっているのに何もしないまま、結局まだ将来の夢のような解決策を信じて、放置し続ける原子力発電による核廃棄物。
まァ最後は、海に捨てて「仕方がなかった・・・(言い訳は色々)」なのでしょう。








関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 日本の未来
genre : 政治・経済

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line