「全国大会編?」放映終了のTVアニメ・シリーズ『響け!ユーフォニアム2』について徒然(つれづれ)に・・・〈その2〉



響け!ユーフォニアム2』の第12話最後のコンサート全国大会編?と、言えるでしょう。
そしてこの〈全国大会編〉は事実上、既に知られているようにこの最大の話題に関して作品として実に驚くべき表現手法に出ました!何と肝心要(かんじんかなめ)の、全国大会演奏シーンが全く描かれていないのです!!

確かに既に素晴らしい演奏シーンを、見事に第05話「奇跡のハーモニー」(関西大会)で描いているのですから、これを超えるシーンはまず現時点では無理でしょう。
恐らくそれを承知の上で、最高の演奏シーンを05話に持って来たのだと思います。分かりやすく言えば、ここまでは「吹奏楽部の物語」だったのかも知れません。そしてそれ以降は、「吹奏楽部員達の物語」いわゆる学園青春ドラマに、この物語は完全に軸足を移したのだと思います。
そう、この全国大会!を含めて。



〈沿革〉

全日本吹奏楽コンクール(ぜんにほんすいそうがくコンクール、All Japan Band Competition)は社団法人 全日本吹奏楽連盟と朝日新聞社が主催し、毎年開催するアマチュア吹奏楽団体を対象とした音楽コンクールである。
1940年に同新聞社が創設したが太平洋戦争で中断、戦後は1956年に再開された。本大会は、日本の吹奏楽界では最大規模の大会である。

〈大幅中略〉

《中学・高校の部》

中学の部・高校の部の全国大会は、愛知県名古屋市熱田区にある名古屋国際会議場センチュリーホールで行われる。

(普門館時代は略)

〈名古屋国際会議場センチュリーホール時代〉

名古屋国際会議場センチュリーホールが初めて会場として使用されたのは、第53回(2005年)大会である。この時は、立正佼成会大聖堂の改修事業に伴い、大聖堂の代替施設として普門館が利用されたことに伴うものであった。
第60回(2012年)大会からは、前述した普門館の使用停止に伴い、当ホールが全国大会の会場として使われている、2019年度までは名古屋市で開催が決定している。

〈以下大幅略〉

《審査(大幅略)》

2013年度よりこの審査方法は、大きな変更がなされている。
課題曲自由曲を通して、ABCの3段階の評価を審査員が付け、Aが過半数なら金賞、Cが過半数なら銅賞、それ以外は銀賞という、非常にざっくりとした方式に変更された。その結果として自由曲偏重の評価傾向が色濃くなり、課題曲の存在意義が問われている。
さらに、「会報すいそうがく」での点数の公開が廃止されたことにより、全体の採点結果は限られた中枢人物のみが知ることとなり、更なる審査の不透明さが指摘される事になった。 その中枢人物の中に、コンクールに出場する当事者も含まれているなど、昨今の体制に対する不満の声は大きくなっている。
現在のように金賞・銀賞・銅賞のグループ表彰になったのは第18回(1970年)大会からで、第17回(1969年)大会以前は1位・2位・3位・・・の順位制であり、1位の団体には優勝旗が授与されていた。 審査の透明性を出すためにも、かつての順位制への復帰を望む声は多い。



《課題(一部)》

上述のように部活動としての吹奏楽への注目、知名度が高まったことで、従来から高校入試にあった吹奏楽推薦のほか、普通科吹奏楽コースを設置する高校が増え、音楽活動としての吹奏楽がコンクールでの入賞至上主義へと変質してしまうことへの危惧の声が一部にある。

〈後略〉



よし様のそれ教えて!(リンク済み)記事より引用させて頂きました。


全日本吹奏楽コンクール2016全国大会結果速報!金賞は?(リンク済み)』より一部抜粋。

吹奏楽コンクールでつねづね思う不満・雑感(リンク済み)

〈前略〉

悲喜こもごもな結果となったであろう、今大会の結果をみて、あの常勝校が銀賞??と思う団体がいくつもあります。
これは今年に限らず、毎年多かれ少なかれ同じような傾向となっています。



「A校がこれで金賞ならば、銀賞のB校だってどう聴いても金賞なんじゃないか?なんで銀賞なんだ?」

「C校って毎回当然のように金賞だけど、ここのサウンドいつも低音が薄すぎるよな?」

「審査員の中でも、演奏前から吹奏楽強豪校のイメージが先行し過ぎではないか?」

「あんなにいい音してるのに、銅賞なんて納得いかない。」

「学校の知名度が低いと、どんなに良い演奏でも銅賞なんじゃないか?」


ざっとこんな感じでしょうか。

実際に、金賞と銀賞の団体を聞き比べても、技術的な差は無いと言っていいと思います。あったとしても、ごくごくわずかな僅差しかありません。

音の表現方法やイメージが、審査員全員に上手くアピールできたかイマイチだったか。その部分に左右されていると思われます。
審査員ももちろん感情を持った人ですから、音楽の好みもあります。いくら公平を期したとは言うものの、その中に自身が持っている好みの音楽イメージは必ずあるはずで、それは止むを得ない事です。
ですから、その時の審査員それぞれが求めている音楽観と、演奏団体の表現しようとしている音楽観が「近いか離れているか」は、結果に大きく左右します。

要するに、審査員が誰なのかと言う、「運」の問題も大きいのです。

ですがそれを前提としても、特に銀賞に終わった一部の演奏団体については、果たして正当な評価だったのか否か、少なからず疑問が残ります。
逆に金賞団体の中でも、サウンドに厚みがなく低音がいつも弱いなと感じている某団体が必ずゴールド金賞を獲得するのも、個人的にはとても不思議です。お分かりになる方は、すぐに「ああ、常連の○校ね」となるかと思います。

※ゴールド金賞・・・吹奏楽コンクールの結果発表時に、金賞と銀賞が聞き取り難いため、金賞団体には「ゴールド金賞」と発表するのです。

〈以下略〉



というように、やはり全国は甘く無いと言うか、常連・強豪校圧倒的有利という現実は、フィクションの世界でも逆転は難しいという事でしょうか?
結果として、物語の中の北宇治高校・吹奏楽部は、参加賞ともいえる「銅賞」でした。とにかく芸術の採点は、難しいと言う事でしょう。
数字が全てを決めるハズのスポーツ競技でも、体操・新体操やフィギュア・スケートの様にその評価要素に、「芸術点」が加わると、途端に誰の目にも明らか!とは言えなくなる事は、近年のフィギュア・スケートも体操も従来の採点方法から、大きく変わった事は御承知の通りだと思います。しかも、それでもまだ現在進行形で常に採点方法が見直されているという点から言っても、技術レベルが拮抗した芸術評価の難しが良く分かります。

この点は再三再四、物語の中でも語られています。
「音を楽しむと書いて、音楽!そこに金銀銅なんてものは無いと、思っている」と、敢えて吹奏楽部員達に言った臨時コーチの言葉は本音でしょう。ですが「それを言えるのは勝者だけ、敗者が言っても負け惜しみにしかならない」という、シニカルな表現をする部員もいます。そして、「結局、出るからには〈金がいい!〉ッて事でしょう!?」と言う、先輩の強引なまとめ方が何だかんだで的確なのだろうと、思わせます。

結果として銅賞だったとしても、演奏が終わり受賞の発表まで時間がある中、全ての部員はサバサバしたもので、「やるだけの事はやった!」感が伝わって来ます。
そして同時に、それまで大会目指して棚上げにして来た各個々人の問題が、頭をもたげて来る段階になったのだと、3年生の「うちらはもう関係無いッ!」という態度と共に、ジワジワト広がって来た感じがします。







《「全国大会」での演奏が終わって・・・》

2ユーフォ12010


2ユーフォ12011


2ユーフォ12012

審査結果発表まで、思い思いにくつろぐ部員達。


〈そんな中で、彼女は一人何を思うのか?〉

2ユーフォ12014

2ユーフォ12013


いよいよ審査発表ですが、全国大会慣れをしてをいない部員達は、大切な事を忘れていた事に気が付きます。
吹奏楽コンクール全国大会では、出場楽団全ての指揮者に「指揮者賞」なるものが、贈られるようです。この時、自分達の指揮者に楽団員(関係者)全員が、声掛けを行います。高校の部だけの慣例なのか、大会全体の慣例なのかは分かりませんが、その声はホール一杯に響き渡ります。
要するに「○○○先生、ありがとう!」的な内容ですが、セリフにはそれぞれの学校?各吹奏楽部?の個性が、現れます。なかには、「○○チャン、カッコいいッ!」という女子高吹奏楽部員のような、掛け声もあります。この掛け声を、主人公の吹奏楽部は全く失念していたのです。そもそも指揮者賞の授与すら、知らない部員が大半の様でしたから・・・。

肝心の部長副部長も、授与の為に指揮者先生共にステージの上。
「どうする!?」「もう間に合わない!」潜めた声が呼応する中、最前列の一番隅に座っていた主人公の親友?高坂麗奈(こうさか・れいな)が、おもむろに立ち上がります。


2ユーフォ12031

2ユーフォ12032

2ユーフォ12033

2ユーフォ12034

2ユーフォ12035

〈「先生!好きです!!
たった一人の叫びが、ホールに響きます。
この言葉が、真実彼女の本音である事を、
隣に座る主人公だけは知っていました〉


2ユーフォ12036

2ユーフォ12037

2ユーフォ12038

2ユーフォ12039

2ユーフォ12040

2ユーフォ12041

〈この声をステージ上の先生も部長達も、彼女のとっさの機転
だと理解し部長達は拍手し先生は頭を下げます。しかし・・・〉


2ユーフォ12042

2ユーフォ12043

2ユーフォ12045

〈主人公に促されて、我に返って席に座る彼女は
うっかり、《公開告白》してしまったと、動転します〉


2ユーフォ12046

2ユーフォ12047

2ユーフォ12020

2ユーフォ12021

2ユーフォ12022

〈しかし主人公は、「心配ないよ!」と話し掛けます〉


2ユーフォ12023

2ユーフォ12024

2ユーフォ12025

〈後の新部長で、告白?した彼女と因縁浅からぬ先輩が、
一番に立ち上がり「まじ、ファインプレー!」と称賛を惜しみません〉


そして肝心の結果は?と言うと・・・。

2ユーフォ12006

〈まァ、苦笑いが当然でしょうか?〉


2ユーフォ12007

〈いくら体育会系音楽教師の副顧問が、「お前ら笑え!」と言っても
やはり無理でしょう。今回は関西大会と違い、写真部だか新聞部だ
かのカメラマンがおらず、三脚にセルフタイマーで撮影の様です〉


2ユーフォ12008

〈まるで真面目な卒業アルバムの、記念写真の様です〉



《参考:第05話・関西大会金賞受賞及び
全国大会出場決定記念写真

2ユーフォ01002

皆さん、弾けていますねェ~!




さて授賞式も終わり、良くも悪くも記念写真も撮り、後は帰る為のバスの時間待ちですが(さすがに京都から名古屋へ、全国大会出場者を日帰りさせる訳は、無かったようです。旅館に、一泊しています)、その空き時間に色々あったようです。
特に大観衆(大聴衆)?の面前で、公開告白した彼女はそれが通じていないことを知って、恥の上塗りは搔き捨て掻き捨てとばかりに(?そんな言葉は無い・・・ハズです)もう一度、先輩方のいる前でチャレンジです!

 
2ユーフォ12005

「声掛け、ありがとうございます」とわざわざ、伝えに来た先生に!


2ユーフォ12004

千載一遇のチャンス!とばかりに、周囲の目も構わず、もう一度
「わたし、本当に先生の事が好きなんです!


2ユーフォ12003

さすがに周囲の女子上級生は、気づきましたが・・・。


2ユーフォ12002

「ありがとうございます、教師冥利に尽きます」と爽やかな笑顔を残
して、飽くまでも《誉め言葉の一環》と理解した様に去って行く先生。


2ユーフォ12001

呆気無く玉砕した後輩に、むしろ「これからこれから」と
労りの言葉すら掛ける女子上級生達・・・普段はともかく
女同士で、色恋沙汰には相通じるものがあるのでしょうか?


さて、では実際の高校吹奏楽とは、どんなものなのでしょうか?
丁度この2期放映を前に、以下のような企画が実施され関係した?多くの高校吹奏楽部が参加し、大いに盛り上がったようです。


〈TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』と京阪電車のコラボ企画実施〉

6.宇治市×京阪電車 響け!ユーフォニアム2 コラボレーションフェスタ

(主催:京阪ホールディングス株式会社、京阪電気鉄道株式会社、宇治市、宇治市商工会議所、公益社団法人宇治市観光協会、京都文教大学)

(1) 宇治市×京阪電車 スプリングコンサート“輝け!吹奏楽部”~「響け!ユーフォニアム」の舞台から奏でる心のハーモニー~
【開催日】 平成29年4月8日(土)13:30~17:00〔開場13:00~〕(予定)
【会場】 宇治市文化センター 大ホール
【概要】 宇治エリアを中心とした中学・高校の吹奏楽部による演奏(コンサートステージ、マーチングステージなど)や『響け!ユーフォニアム2』原作者の武田綾乃さんをゲストに迎えてのトークショーを開催
【出演】 武田綾乃さん(「『響け!ユーフォニアム2』原作者)
宇治市立宇治中学校、宇治市立北宇治中学校、京都府立莵道高等学校、立命館宇治高等学校、京都府立東宇治高等学校、京都府立嵯峨野高等学校、京都橘高等学校、京都府立京都すばる高等学校
【入場料】 無料(会場が満員の場合、安全確保のため入場をお断りする場合があります)



という訳で、開かれた「コラボ・コンサートから」です。




〈京都橘高等学校 吹奏楽部 2016.04.09
『響け!ユーフォニアム』 IN 京都宇治 〉

(引用者註:作中に登場する立華高校吹奏楽部の公認のモデルです。実際に原作者が取材に行った際に、その旨ハッキリと言明されたそうです。更に、アニメ作品に影響を受けた作者は、番外編の『 立華高校マーチングバンドへようこそ』 前編・後編を刊行されています)

立夏前編B 立夏後編B

〈Amazonリンク済み〉






〈京都すばる高等学校 吹奏楽部 2016.04.09
『響け!ユーフォニアム』 IN 京都宇治〉





〈京都府立莵道高校 吹奏楽部 2016.04.09
『響け!ユーフォニアム』 IN 京都宇治〉





〈京都府立嵯峨野高校 吹奏楽部 2016.04.09
『響け!ユーフォニアム』 IN 京都宇治〉

(引用者註:嵯峨野高校は原作者の母校で、原作の吹奏楽部はここでの取材に基づいて執筆されたようです)





〈京都府立東宇治高校 吹奏楽部 2016.04.09
『響け!ユーフォニアム』 IN 京都宇治〉

(引用者註:原作と異なりアニメでは、この東宇治高校がモデルとなりクレジットタイトルにも、「協力・東宇治高等学校 吹奏楽部」とあります。また校舎内部を含む学校の全景や、グラウンドの様子なども多くがこちらを参照されています)


他にも参加されたバンドや原作者とのトーク・ショウなどは有りますが、紹介しきれませんのでお許し下さい。

さて次回は、気になる二人の関係は?
3.第10話「ほうかごオブリガード」→第11話「はつこいトランペット」です。


2ユーフォ12055


2ユーフォ110001


2ユーフォ110002

〈また引っ張るなァ~、でも出来るんだろうか?〉










関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 響け!ユーフォニアム
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line