思わず、自動人形(オートマタ)にいきなりプローポーズしちゃった!新期TVアニメ・シリーズ『クロックワーク・プラネット』第03話。で、武器は、あの『武装錬金』のアーマー・スカート?



それがどんなに強力かつ破壊的でも、全てを投げ打って自分の敵を排除してくれる、こんなに可愛い女性型自動人形例え中身が歯車とゼンマイでも!)がいたなら、仮にゼンマイ・オタクで無くても思わずプロポーズしちゃうよね!?
「付き従う者。~様の御傍に侍り全てを尽くす事・・・それが私の存在理由です!」とまで、あっさりっと言われちゃァねェ~。



『クロックワーク・プラネット』は、榎宮祐・暇奈椿による日本のライトノベル。
イラストは茨乃が担当している。講談社ラノベ文庫より2013年04月から刊行されている。

〈中略〉

概要

ライトノベルとしては珍しい「合作」という形で書かれている。著者の2人によると、合作と言う形が生まれたのは、原稿を書く際に役割をきっちりと分けなかったためと説明している。
本作は著者の榎宮が海外でガン治療を受けていた時に、免税店で機械式時計のパンフレットを見てその世界に引き込まれ、それを元にしたプロットを作ったが、榎宮の作風に合わなくなり、プロットの清書を暇奈に持ちかけたため合作という形が生まれたとも記載されている。なお、1巻と2巻では榎宮・暇奈共に著者として記載されているが、3巻では榎宮が著、暇奈は協著と記載されている。また、当初は榎宮が挿絵を担当する予定だった。
著者の1人暇奈は、本作がデビュー作となる。
現在、ラノベ文庫のホームページにはクロックワーク・プラネットの特設サイトが公開されており、壁紙のダウンロードや小説1巻第2章までの試し読みをすることが出来る。

メディアミックス展開として、漫画版が月刊少年シリウスにて2013年11月号(09月26日発売)より連載されている。
日本国外においては、東立出版社(台湾)より翻訳版が刊行されている。
宝島社「『このライトノベルがすごい!』2014年版」にて作品部門ランキング13位、新作部門3位にランクインしている。また、『第3回 ラノベ好き書店員大賞』で6位にランクインしている。


あらすじ

〈クロックワーク・プラネット〉 - 今から1000年前、地球の寿命が突然発表された。
それから100年後、地球は死の星となった。だが、ある人物により、寿命を迎える前に全てのものが歯車によって再現・再構築されたことにより、人類は生存することができていた。しかし、歯車によって人類は生存できている一方で、破綻と延命といった犠牲を強いることが日常となり、人類は10000年もの間、何も変われずにいた。
そんな惑星に暮らしている見浦ナオトの家に、ある日突然一つの箱が落下してくる。その箱に入っていたのは一体の自動人形・リューズだった。そして、二つの出逢いによって運命の歯車は回り始める。

〈後略〉





『クロックワーク・プラネット』 第01巻
2017 主演:南條愛乃 DVD



DVD01巻

〈Amazonリンク済み〉





『クロックワーク・プラネット』 講談社文庫
掛け値なしの原作ですが、未だ完結していません。


ノベル01


ノベル02


ノベル03


ノベル04


〈Amazonリンク済み〉




『クロックワーク・プラネット』 シリウス(KC) コミックス
所謂(いわゆる)、コミカライズ版です。

コミック01


コミック02


コミック03


コミック04


コミック05


コミック06


コミック07_


〈Amazonリンク済み〉



ただ、何しろTVアニメはまだまだ03話目でこれから先どうなるかは、まるでわかりませんがとにかく、《自動人形(オートマタ)》に、プロポーズしたというのはかなり衝撃的!です。
ですが、これもまた昨今のメディアミックス作品と言う事で、果たしてうまく一区切りつくのか?不安なところです。所謂(いわゆる)「俺たたエンド(そして俺達の戦いは、まだだ続く・・・)」でお茶を濁しては、欲しく無いのですが。
どうなんでしょう?







TVアニメ・シリーズ『クロックワーク・プラネット』
第03話「真正面突破(コンフリクト)」




〈リンク切れ御免、帯状のCMはフルスクリーンにすると消えます〉


ちなみに、今回登場する〈リューズ〉というオートマタ姉妹の長女?が使用するスカートの中から出て来る武器と言うのは、2006年放映のTVアニメ・シリーズ『武装錬金(詳細参考拙ブログ記事・リンク済み)』によく似ています。
だからどうだという気は無いのですが、金属棒の結合部分が円盤の組み合わせで、いかにもと言う感じで延長部分が突き出している感じが、良く似ています。


武装001

「武装錬金」の、ヒロイン戦闘モード。


では今回のTVアニメ・シリーズ
クロックワーク・プラネット
から
ヒロインの戦闘モードです。


時計03話001

目の色(輝き)が変わります。


時計03話002

天才時計技師である、少女の頬に滴る冷や汗?


時計03話003

既にそのスカートの下から伸びた、凶悪強靭な刃が少女の首元を捉えています。


時計03話004

とっさに少女のボディーガードおじさんが、自動人形の主人である主人公に銃を向けます。


時計03話005

しかし自動人形・リューズは、まるでゴミでも見るような目?で、そんな事一考だにしません!


時計03話006

第3話・タイトルとオープニングです。


時計03話007

そして話の続きです。
オートマタ(自動人形)は、主人(一応情け無いけど主人公)に対する無礼は、看過しないと宣言します。その言葉に嘘が無いと判断したおじさんは、あっさり銃を置くと降参します。


時計03話008

そして、その実力は大したものでした。
たぎる肉欲を私にブツケ無い辺り、不能を疑いましたが(疑うほど、本来はブツケられるものなの!?)よもやそのような特殊性癖をお持ちでしたか・・・」と、憐れむような目で見られた主人である主人公は歯車オタク宣言。やはりこの武器は、「武装錬金」のスカート・アーマーに似ています。


時計03話009

待ち受ける、圧倒的な数の最新式の自動兵器群。
絶体絶命に、追い込まれたかの様に見える主人公達の中から、一人オートマタのリューズだけが硬い表情で前に出ます。彼女にとって、「あの見るに耐え無いガラクタどもは、御主人様に砲を向けました。つまり排除すべき、私の敵です」だそうで、ここで初めて彼女が同じオートマタ姉妹の中でも、最弱である事が語られます。
その彼女でも、この自動兵器の大群など取るに足らない存在だそうです。そして、彼女はまず自分の固有機能『デュアルタイム』を発動させます。


時計03話010

ここから、起動シークエンスだそうです。


時計03話013


時計03話014


時計03話015

「第1時計・実数時間から、第2時計・虚数時間へ」


時計03話016


時計03話017


時計03話018


時計03話019

「クロノブック、実数運動から虚数運動へジャンプします」


時計03話020


時計03話021

「~御主人様には一瞬の事でしょうが、私の時間では3時間。お傍を離れる事を、お許し下さい」
常に傍にあって、侍るものとして作法に則った、実に見事な挨拶です。


時計03話023

主人達にとっては一瞬ですが、彼女にとっては3時間の攻防。
さすがに、動力(ゼンマイ!)切れの様です。


時計03話025

静かにゼンマイを巻く、主人公。


時計03話026

自分の目には見えなかったけれど、3時間もの間休みなく戦い続けた彼女のイメージが、美しく主人公の脳裡に浮かびます。


時計03話027

目を覚ましたそんな驚異的な、訳の分からない能力を持ったオートマタが、目を覚まします。
主人公は思わず叫びます、「俺の御嫁さんになってくれぇーッ!


時計03話028


時計03話029

事態が理解できずに、唖然となる他の二人。


時計03話030


時計03話031

目を文字通りキラキラさせて、手を取ったまま返事を待つ主人公。


時計03話032

「身の程を、わきまえられたらいかがでしょうか?」相手の容赦の無い返事に、主人公は床に手を付きます。
「そう・・・ですよね」ですがこれが、《付き従う者》として、当然の返事だと言う事に主人公は気付いていません。そりゃ、彼の周囲には主従関係なんてものは、無かったでしょうから。


時計03話033

しかも先ほどの美しい彼女の姿が、いつの間にか主人公には、ウェディングドレスに花束のブーケを持った、完全な花嫁姿になっています。


時計03話034

「オートマタ(自動人形)何てものは、マスターに何でもの従うもんじゃないのか?」と言うおじさんの質問に、リューズは毅然?と、答えます。「~マスター認証さえすれば、無条件で股を開く愛玩用などと一緒にしないでいただけると・・・~御主人様に好意を持っているのは、わたくしの自由意思によるもです」との、ビックリ発言が!


時計03話035

驚いた主人公は、改めて「自分事が好きか?」聞きますが、立場上その他モロモロからも、素直に返事できないオートマタ。
しかしその胸のトキメキを、主人公の非常識に鋭い耳が、聞き逃すはずは有りません。


時計03話036

素直に言葉にできない相手に、無言で首を縦に振るか横に振るかで、質問に答えて欲しいと頼む主人公。
この時点で彼女の両頬が、ピンク色に染まっている事で、結果は分かっているんですが・・・。


時計03話037

「自分の事がどれくらい好きか?その分だけ頷いて」との質問に、何度も首を縦に振るリューズの様子に「生きててよかったーァ!」と、喜びを爆発させる主人公。
しかしリューズは、「このような恥辱責めをされるとは・・・やはり御主人様は、人類の天元を突破された変態なのですね」と、トドメを刺すのも忘れていませんでした。


時計03話038

思わずこの緊急事態に、「ラブコメしている場合かーァッ!!」と絶叫する天才少女。
気持ちは、良く分かります。


時計03話039

「区画(グリッド)京都・大支柱崩落(パージ)まで5時間28分」


いやーッ、なんかもうこれで良くね?(主人公の口調)
そんな第3話でした。さてさて、これからどうなる事やら・・・楽しみでもあり、不安でもあります。







関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 見たアニメの感想
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line