森薫著『乙嫁語り』目当ての「ハルタ 2017-JUNE Vol.45」ですが、今回は〈番外編・鷹狩り〉に付いての短編読みきりです。



毎度おなじみ、森薫著『乙嫁語り』目当ての「ハルタ 2017-JUNE Vol.45」です。



ハルタ 2017-JUNE Vol.45

ハルタvol45


〈Amazonリンク済み〉



今更ですが今回は、アミルさんどころかカルルク君も出てきません。
ただひたすら、この物語に使われる「鷹狩り」とその主人公〈鷹=イヌワシ〉についてです。
興味が無い場合は、ひたすらその精緻でダイナミックなマンガ家森薫氏の作画技術を、御堪能ください!



イヌワシ(犬鷲、狗鷲、Aquila chrysaetos)は、タカ目タカ科イヌワシ属に分類される鳥類。
イヌワシ属の模式種。ベルクート(Berkut)とも呼ばれる。

《分布》
アフリカ大陸北部、北アメリカ大陸北部、ユーラシア大陸。
冬季に南下することもある。日本では亜種イヌワシが周年生息する(留鳥)。


イヌワシ分布2

イヌワシの分布図
(深緑:周年生息域)


〈中略〉

《形態》
全長75~95センチメートル。
翼開張168~220センチメートル近くになる。
全身の羽衣は黒褐色や暗褐色。後頭の羽衣は光沢のある黄色で、英名(golden=金色の)の由来になっている。
尾羽基部を被う羽毛(上尾筒、下尾筒)は淡褐色。中雨覆や風切羽基部の色彩は淡褐色。

〈中略〉

《生態》
開けた森林や草原などに生息する。
食性は動物食で、哺乳類、鳥類、爬虫類、動物の死骸などを食べる。
日本ではノウサギ、ヤマドリ、ヘビ類が主で、とりわけノウサギがもっとも重要な餌である。
上空から獲物を発見すると、翼をすぼめ急降下して捕らえる。通常は単独で獲物を捕らえるが、1羽が獲物の注意を引きつけもう1羽が獲物の後方から襲い掛かる事もある。珍しいケースでは小ジカを襲う。

〈後略〉



もちろん《乙嫁》成分はおろか、カルルク君すら登場しません。

註:「猛禽類(もうきんるい」)」という言葉は、学問的に明確な意味を持たないそうです。
鳥類の分類としては、「タカ」という言葉は使いますが「ワシ」という言葉は、日本語の固有名詞としか使用されません。実は「鷹(タカ)」という言葉の方が古くからあり、強く神々しく美しい鳥として特別扱いされていました。逆に「鷲(ワシ)」という言葉には、粗暴で下品な悪食という意味が、後に付け加えられたようです。
一説には「オオタカ」が最大級の鷹の代表であるのに対し、「イヌワシ」が同格の下品下劣で粗暴な猛禽の代表とされた事が、原因だと言われています。これは、矢羽根などにする時に「オオタカ」に比べて「イヌワシ」の羽が、美しくなく矢羽根としても適していなかった事が、原因だとされています。
鷹が小型のものを、鷲が大型のものを示すという説明は、近代になってから一般化したようです。
また英語の「HAWK」を「鷹」と訳し、「EAGLE」を「鷲」と訳したという説もあります。


伊吹山で子鹿を捕らえて飛び去る


〈日本でニホンイヌワシの若鳥が、捕らえた鹿の子を持って力強く飛翔している、珍しい写真だそうです!(中日新聞・2017年06月23日)〉



イヌワシ03


イヌワシ06


イヌワシ07


イヌワシ03

〈イヌワシはユーラシア大陸に広く分布し、日本にも棲んでいます(正確にはニホンイヌワシという事で、亜種になるそうです)。鷲鷹の仲間では、最大級の大きさだそうです。当然絶滅危惧種です。〉








乙嫁37話01

乙嫁37話02


乙嫁37話04

乙嫁37話05


乙嫁37話06

乙嫁37話07


乙嫁37話08

乙嫁37話09



イヌワシを使った鷹狩り&イヌワシの狩猟

自分より大きな山羊を楽々運ぶ飛翔力と脚力!
人が使う鷹狩りでは、獲物を押さえ込んで、
主人を待つように訓練される。




どうでもいいけど、「オオカミ狩り」となるとさすがに、
「マジですか!?」と叫びたくなる。でも、本当!


モンゴル人少女鷹匠3


 モンゴルには世界で唯一、イヌワシを使って狩りをする少年・少女がいる。「ほとんどの子供はイヌワシに威嚇され、その姿に怖じ気づく」。
 西モンゴルに住むカザフ族の少年・少女らは13歳になるとキツネや野ウサギを狩猟するために鷲の扱い方を学び始める。子どもの小さな細い腕に、重量のあるワシを乗せるところからはじめるわけだから容易ではない。

 これまで、鷹匠は男性の仕事とされてきたが、13歳の少女、バンがはじめての女性鷹匠を目指すこととなる。
「彼らの中でも少女、”パン”のワシの扱いはとても素晴らしいかった。ワシと一緒にいることがとても自然で、とてもパワフルであった」。
 西モンゴルに位置するアルタイ山脈付近で暮らすカザフ族は狩猟にイヌワシを使う唯一の民族であり、今では400人程の訓練を受けたワシ使い(鷹匠)がいる。有名な鷹匠の娘であるアショル・パンは、将来を期待されている鷹匠訓練生である。

 ワシは幼い頃から育てられ、特にメスは身体が大きくなるので狩りには重宝される。
 大きい成熟したワシだと7キロ程の重さになり、翼を拡げれば230センチ以上になる。数年間狩りを行った後、お別れとお礼の挨拶として鷹匠らはワシに羊の肉をプレゼントし、自然に帰す。
 カザフ族の人たちは自分が育てたワシを自然に帰すことで、また彼らが子孫を残し、次の世代に繋がるということを理解している。








関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : マンガ家・森薫、エマ・乙嫁・シャーリー他
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
検索フォーム
line
最新記事
line
カテゴリ
line
閲覧者数
ソネブロ以来の
総アクセス数




FC2以降の
アクセス数




ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます



管理者宛
メール・フォーム






無料アクセス解析




FC2専用
ランキング











アクセスランキング


ブログパーツ





FC2バナー広告





ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
最新コメント
line
Amazonでお勧め















line
映画情報
映画.com



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブログ掲示板

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line