fc2ブログ

森薫著「乙嫁語り」が読みたいばかりの『ハルタ・Vol.59・2018年11月号』なのにもう『ハルタ・Vol.60』と「乙嫁語り・11巻」が12月15日に発売されています!







完全に1ヶ月遅れですが、今回はスミス氏とタラスさんの微妙な関係が、古い形のブランコ
を通じて、描き出していると思います。
世界で、最も古い遊具の1つされるブランコ。当然の事ながら、そこに当初は宗教や信仰の対象として、あるいは儀式的意味あいが有ったのかも知れません。しかし、世界各地で最も古い遊具として、発達した事もまた事実です。
残念ながら現代日本では、このシンプルな遊具はそれ故の危険性から、姿を消しつつありますが果たしてそれで良いのかという問題も、他の伝統的な遊具同様考えるべきでしょう

尤(もっと)もそれはともかく、この丸太にロープを通してそれを支柱に結わえただけの、ある種危険極まりない二人乗り用のブランコは、その二人の息が合わないとうまく漕げません。
逆に息が合うと文字通り、危険な高さとスピードを得てしまう乗り物です。現代のように安全の為の仕掛けがあると思えませんし、良心的な介添え役が二人以上いて、危なくなったらどうにかするという、この場面で描かれているような良い条件で乗れるとは、限らないでしょう。

それを19世紀末の最も近代的な世界・大英帝国から来た博物学者の、スミス氏とこの地域のほんの僅かな世界に押し込まれていた、タラスさんとでは受け止め方に差があって当然だと思います。
スミス氏と愛し合う事で、この地域の伝統や慣習と家族のしがらみを、見事に断ち切って自由を得たタラス嬢。その自由を与えてあげたいと望んだ、スミス氏の純真な想いが、必ずしも一致していない事を描いたのが、今回のお話のように思います。

それが、少なくともスミス氏にとって、良かったのかどうかは今後の展開次第でしょう。





ハルタ・Vol.59
2018年11月号



ハルタ59



Amazonリンク済み














ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能


取り敢えずここでは、こういうブランコです。
スミス氏は御存じなかったのかも知れませんが、英国を初めヨーロッパ各地で何かお祭りがあると、こういうブランコが(同様の型とは限りませんが・・・)遊具として登場し、子供から年配の庶民に楽しんだそうです。特に、カップルは既婚未婚を問わず互いの相性の再確認と、降りた後の〈吊り橋効果(根拠の無い筆者の想像)〉が大いに期待できたのでは無いでしょうか?

ちなみに支えは、吊ってあるロープ2本だけで、足下を固定する事さえ出来ません。
遊びはともかく、宗教的儀式でより高くを要求された場合は、命の保証は出来ないでしょう。場所と慣習によっては、より水平に近く上がる事を要求され、悲惨な事故が相次いだとか・・・。近年になって、安全の為中止。もしくは、遊戯レベルの高さ制限と、手足の固定など安全処置が取られるようになったようです。

ブランコ01

〈やっぱり、怖いです・・・〉


ブランコ02


ブランコ03

〈何という、タラス嬢の喜びの声と表情でしょう!普段は無口を
美徳とされているだけに、そりゃスミス氏で無くとも驚くでしょう〉



ブランコ04

〈どうやら、二人で乗るようです〉


ブランコ05

〈自分から先に乗って、高くなった方でも嬉しそうなタラス嬢〉


ブランコ06


ブランコ07

〈漕ぎ出してからも、実に楽しそうな
タラス嬢に対して、スミス氏は・・・〉


ブランコ08


ブランコ09

〈それは女神?あるいは妖精?、まさに自由を得た
女性の美しさにスミス氏は、自分が解放した乙女の
もう一つの姿を目の当たりにします〉


ブランコ10


ブランコ11

〈そんなタラス嬢の一言こそ、本来スミス氏が彼
女に望んでいたハズのモノです。ですがその変
わり様は、余りに圧倒的でした。〉


ブランコ12


ブランコ13


ブランコ14

〈彼女を自由に、解放してあげたい。それは、スミス氏の
偽らざる想いです。ですが、果たして本当に自由の翼を
得たら彼女は、どこに飛んで行ってしまうのか?この時
スミス氏の胸に去来するモノは、何だったのでしょう・・・〉


ブランコ15

〈そしてまた1つ、タラス嬢の知られざる一面が垣間見えます〉


ブランコ16


ブランコ17

〈手製の毛織物は、同じものが二度と縫えない事を知ってい
るスミス氏には(図面で残す、という発想が無かったのでしょう。
紙は貴重品でしたから)、お気に入りの品をきっちりと商談の
上、幾ら高額とは言え手放す彼女の現実的な判断と、巧妙な
駆け引きがこれまたスミス氏の理解を超えていました〉


ブランコ18

〈最後に自分が驚いた事実が、この社会で
は当然だという事を改めて思い知ります〉






関連記事
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : マンガ家・森薫、エマ・乙嫁・シャーリー他
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
WEB拍手
管理人のみ宛ての、 メッセージが送れます!


ブログ全体の拍手

line
ブログ更新を通知
にほんブログ村ブログリーダー(読み手)へ
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』 - にほんブログ村
line
検索フォーム
line
FC2掲示板
line
最新記事
line
閲覧者数

FC2以降の
アクセス数




現在の閲覧者数:


《投票所》


無料アクセス解析



FC2専用
ランキング












ブログ村の
各種ランキング






line
カテゴリ
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
最新コメント
line
Amazonでお勧め



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line