fc2ブログ

TVアニメ・シリーズ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』に何故(なにゆえ)捕まったのか?〈第01部・第02話より〉




第02話初デートに波乱は付き物







青春豚DVD1巻

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の
夢を見ない』
 通常版DVD・01巻


〈Amazonリンク済み〉



さて、ここでこの物語シリーズにおける大きな「キーワード」が出てきます。
思春期症候群(ししゅんきしょうこうぐん)』と、いう言葉です実際この物語りは、登場人物がそれを理解するか無視するかに関わらず、進行し・展開して行きます。と言うのも、この現象(?)は当事者以外のその他大勢には、知覚できないのが最大の特徴です。

そしてこの敢えて第1部とした、冒頭3話の当事者は『何とあの有名人、3年の桜島麻衣(さくらじま・まい)先輩だ~』と紹介されるほどの、有名人で在り著名人だった。
理由は、彼女が高校入学を機会に「芸能活動休止」を宣言し、事実現在では全く公の場に姿を見せなくなった、どころか、それまでの活動の後始末もあって、「実際に学校へ登校し始めたのは、1年の夏休み明けからだった」らしい。なまじ子役デビューから、華々しく活躍し〈国民的アイドル〉と言われるまでになると、既にクラス内の派閥的な体制が固まった状態では、本人の性格もあって、新たに溶け込むのは難しい。

結果、彼女は「空気」という存在になった。
そこにあるのが当たり前で、誰もがそれを知っているのにまるで、存在しないかのごとく扱う。自らも中学生の妹があの「思春期症候群」のせいで傷だらけになり、自身の肉体にも何もしていないのに〈大きな傷跡が残るほどの大出血〉をした跡が残る、主人公・梓川咲太(あずさがわ・さくた)君もまた、自ら「空気」になる方法を選んだのでした。
もっとも、彼には信頼に足る友人が2人もおり、麻衣さんの「たった2人?」という問いかけに、「死ぬまで付き合えれば、2人もいれば充分でしょう?」と、答えています。

確かに高校時代に、「生涯を共に出来る友人」何てのが、2人もいたら卒業してハイさようならと言う友人が10人いるよりも、遙かに充実しているかも知れません。
表面だけの、大人の付き合いを知る麻衣さんには、多分かなり堪えたでしょう。そしてこの回ではもっと決定的な、自分を「既に全国に知れ渡った有名人」と、自意識過剰では無く客観的な事実として、受け入れている麻衣さんに信じられない事態が生じます。

自分のマネージャーにして、母親。
少なくも、高校に進むまでは例えそれが表面的な事象としても、最も親しい肉親にして仕事上のパートナーとして、信じていたその〈母親〉に裏切られた事が、「芸能活動中止!」という形でのサボタージュ、一種の反抗表明でした、
それは「好きな事を、好きなようにやりたい為にその好きな事を辞めて、何の解決になるんだ!」と言う、咲太君との出会いを得て大きく変わりました。更に自分がバニーガールの扮装をしても、知覚できない(見えない・聞こえない・触れない)人の範囲が、どんどん拡大して既に住んでいる市内(神奈川県の藤沢市)では、咲太君以外誰も知覚できないという状態に、大いに危機感を煽られたのでしょう。

これも咲太君の言葉に従って、「芸能界復帰!」を、桜島麻衣さんは決意します。
その為には、どうしても現マネージャーである母親との対決が、必要だったのですが・・・。



〈ちょっと先をのぞき見ます〉







〈キス・シーン〉







ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能


第02話初デートに波乱は付き物


02話002


02話003


02話022


02話001


02話021

第01話とちょっと違うオープニング?


02話023

麻衣さんが持った、ニンジンは見えません。


02話024

どうやら前回の「買い物が出来ない
からの続きのようです。


02話025


02話026

麻衣さんが抱き付いた、咲太君は見えます。
でも麻衣さんは、見え無いようでです。


02話027

麻衣さんの《芸能活動休止宣言》芸能活動休止宣言の原因は、
中学時代の水着撮影でした。現在実際には、18歳未満の
未成年は例え芸能人でも、肌の露出の多い水着の撮影と
公開・販売は、児童ポルノとして取り締まり対象です。これ
は少し前の時代か、作品としてのフィクションだと思います。
それにしても、平凡なビキニの水着もそれがあるべきで無
い場所に整然と置かれると何とも、イヤラシく見えるモノです。


02話028

嫌でも我慢して、笑顔を作った。という麻衣さんは、立派です。


02話029

にしても、娘と最初から「水着NG」を約束?していたのに、
それを平然と無視して、撮影風景を見つける母親は、どうい
う神経をしているのでしょうか?そりゃ後で喧嘩になります。


02話020

麻衣さんはどうして咲太君が、自分の水着事件から〈
能活動休業宣言
〉までの経緯(いきさつ)を知っていた
のかに、疑問を持ちます。咲太君は自分と妹の、
思春期症候群に興味を持ってつきまとうTVアナ
ウンサーの女性と、取り引きした事を白状します。


02話030

舞さんの顔付きが変わり、咲太君から強引にそのア
ナウンサーの連絡先を聞き出し、すぐに電話をします。


02話032

舞さんの芸能活動休止裏事情を、教える代わりに咲太君に
出した条件は、胸の傷を写真に撮る事でした。その話を聞く
や否や麻衣さんは咲太君の制止を、大人顔で押さえ込みます。


02話031

そして咲太君の抗議を無視して、自分の〈芸能活動復
〉のスクープと独占取材を条件に、撮影した咲太君
の胸の傷写真を公開しない事を、確約させます。


02話005

一緒に買い物に行った事を、懸命に言い訳する麻衣さん。
この時、麻衣さんの住むマンションが咲太君の住むマンション
のすぐ近くと判明します。同時に、翌日「芸能界に復帰したら、
そんな暇無くなるから」と、住んでいるのに近くの鎌倉にさえ
行った事が無いので、咲太君は案内=デートに誘われます。
但し(ただし)待ち合わせの遅刻は、
秒も許さない!と言う御宣告です。


02話006

デートに浮かれて奇声を上げた兄を心配して、カエデちゃんが
お風呂場に直行します。


02話007

「1秒でも遅れたら・・・」と言われたのに咲太君、遅刻寸前で
「ロリコン犯罪者」に間違われ後輩の女の子に蹴られます。

〈この時は時間潰しに見えますが、実は
次回第02部以降の重要な伏線だったりします〉


02話008

誤解が解けて、「おあいこ」という事で自分の尻を蹴るよ
うに言う、後輩女子。時間が惜しいので、サッサと済まそ
うとする咲太君。運悪く、おまわりさんに目撃されます。


02話009

「私を1時間38分も待たせる何て、良い身分ね!」
と言いつつ、麻衣さん登場!!です。何だかんだ言いながら、
咲太君の約束を信用していたのに、その高飛車な言いよう
から彼女の性格と、本質が垣間見えます。

〈この物語の、特にこの2人の軽妙な
会話の特徴が
、良く分かります〉

-------------------

普通なら、絶対に待っていてくれるハズも無い、1時間30分以上の遅刻!しかも相手は、内容はともかく少なくともつい先日までは、声を掛けるのさえ憚(はばから)れるような、全国区の有名芸能人
しかも1学年年上!の先輩。ハッキリ言って、気軽に挨拶する事すら難しい相手に、親しい友人でも怒って当然の遅刻をしたのですから、ここ通常なら《土下座モノの謝罪の一手!》なのですが、咲太君は驚くべき返答します。

「麻衣さんは遅刻して来た男を待っているような、健気で可愛気のある女じゃない!さては偽物だな!!」って、いつからこれは恐怖現代SFかオカルト物になったんですか!?
しかし麻衣さんも麻衣さんです、さすがこんな男を相手にするだけの、変わり・・・大物です。

「咲太が(初めての呼び捨て!)、私をどういう目で見ているか良く分かったわ!」ところがこれにも謝罪無しで、咲太君はこう切り替えします。
「『くん』が、抜けていますよ!」対して、舞さんの返事は。
「咲太なんて『さくた』で、充分!」という訳で、これより麻衣さんは彼の事を何と《敬称抜きの名前呼び!》通常の高校生なら、まして当事者が美人の国民的芸能人なら、悲鳴モノの一大スクープです。
ですが、それを感じさせないところがこの2人の会話が、実に何気なく軽妙洒脱と言う事の、証明です。
そしてこの会話のうまさが、主人公とヒロインだけではなく。この物語の登場人物全員に通じて、物語り中のテンポや出来事の不自然さを感じさせない重要な要素となります

-------------------

《間違いなくこの回のクライマックス・シーンです》

02話010

さて、この女性は誰?でしょう。


02話011

麻衣さんに一瞥(いちべつ)も無く、素通りです。


02話012

そうこの女性には、麻衣さんの姿も見えない、声も聞こえない。
初めて驚愕の顔をして振り向く、麻衣さんの姿が印象的です。


02話013


強欲マネージャーだった母親が、それでも娘が見えない声も聞こえない存在自体忘れている!

この事実に、麻衣さんよりも咲太君が、「あんた母親だろう!!」と激高します!それを必死で、麻衣さんが止めます。


02話014




もうこんなイタズラはしないで」と言い残し、忙しい
母親は、振り返ろうともせずに背中を向けて、その場を去ります。
(麻衣さんがいないのに、何で忙しいんだろう?と、思いました)
ここで、このアニメでの特徴的な表現方法が、良く分かります。

1.本当は咲太君以外には、知覚し得ない麻衣さんの姿を、ずっと普通に描いている。

2.画面では、普通に舞さんが咲太君を捕まえています。ただ、麻衣さんの姿が見えない声も聞こえない母親にとっては、咲太君の一人芝居というか、奇妙な動作と一方的な発言しか分からないので、「フザケ」と言うのもある種当然という事になります。

3.その意図があるかどうかは分かりませんが、母親の中で自分の存在が消えていると、目の前で実証される残酷さが、第三者視点からも嫌というほど分かります。

4.麻衣さんが触れているモノはもちろん、その存在を証明する文書記述まで、消えています。
なお、麻衣さんが着るモノや持てるモノは、麻衣さんが触れると見えなくなるようですが、では腕を組んだ咲太君や座った椅子が消える事は無いようです。この事から、人間としての物理存在では無く、桜島麻衣という人格存在が記憶共々、知覚され無くなりつつあると思われます




〈実はこれ、今後の展開に大きな影響与える,出来事です〉

-------------------

この物語の大きな特徴は、特にこの《桜島麻衣・消失事件(勝手に命名しました)》では需要なのですが、状況が戻ってもリセットされない。リセットされない。
つまり、過去・現在・未来という時間の流れは正常で、その中の一部で起こった「国民的美人芸能人・桜島麻衣と言う人格が消えた」事実はそのままで、単純に状況が戻ると「桜島麻衣が知覚できるように戻った」だけで、消えていた間のその件に関する記憶は当事者達以外には、曖昧になりやがて重要で無い事は忘れ去れる。と言う点に、あると思います。
ですから麻衣さんの母親は、どうしてだか分からないけど、《麻衣さんと話し合う》という、重大な場面を何故か自分の手で握り潰した!事になります。

これは芸能界に復帰する(した?)麻衣さんにとっては、母親との親子の断絶という個人的感情の問題(本来これも結構重要ですが・・・)、以外の社会的な問題にとっては大変に有利です。
あるいは原作等には、別の表現がされているのかも知れませんが、〈メールで呼び出され、咲太君の前で「私に娘はいない!麻衣なんて知らない!!フザケるのもいい加減にしなさい」と言い放ち、娘を置き去りにした事実〉は、消えようがありません。

その後の夏休みの間に、スンナリと(多分)桜島麻衣がマネージャーを変えて、「芸能活動復帰」を果たせたのも、その辺が理由だと思います。
もちろん彼女の持ち前の魅力と、才能と実力があっての事とは思いますが・・・。

-------------------

母親にさえ自らの存在を無視されて、やや自暴自棄になる
麻衣さんに、「遠くに行けばまだ桜島舞を、覚えている人が居
るかも知れない」と、咲太君が引き留めます。家にいる妹の
カエデちゃんに「今晩は帰れない」と電話し、ついでに「以前
家に来た事のある、桜島麻衣という先輩を覚えているか?」
と聞き、妹は知らないと答えます。かなり、危機的状況です。


02話015

JR東海道線、各駅停車。多分最終の大垣行きです。
完全に麻衣さんが動揺している事を感じて、咲太君は
反撃覚悟で舞さんの手に、自分の手を重ねます。
麻衣さんも、その心根に感じたのか指と指とを絡める、
所謂(いわゆる)恋人握りに応じます。


02話018

もう夜も遅いので、多分ビジネスホテルにお一人様で泊まる
事にしたようです(ラブホテルでない事は、寝具が一人用で
狭い事からも分かります)。そして舞さんは、自分のシャワー
の音で咲太君が欲情しないようにとからかいますが、この手
の下ネタ冗談の切り返しは咲太君の方が上手です。


02話019

咲太君の切り返しに、顔を赤らめてサッサとドアを閉
める、麻衣さんに超可愛いと満足する咲太君。


次回、第1部(完)・第03話に続く






関連記事
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 見たアニメの感想
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
WEB拍手
管理人のみ宛ての、 メッセージが送れます!


ブログ全体の拍手

line
ブログ更新を通知
にほんブログ村ブログリーダー(読み手)へ
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』 - にほんブログ村
line
検索フォーム
line
FC2掲示板
line
最新記事
line
閲覧者数

FC2以降の
アクセス数




現在の閲覧者数:


《投票所》


無料アクセス解析



FC2専用
ランキング












ブログ村の
各種ランキング






line
カテゴリ
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
最新コメント
line
Amazonでお勧め



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line