FC2ブログ

怖いのは実弾(実包=弾丸+火薬+雷管+薬莢=カートリッジ)が、50発以上見つかっている事!中学生がこれだけ多量の銃弾を、なぜ所有できたのか?





15歳少年自殺部屋から
“実弾”50発以上や別の銃の弾倉も



6月11日 16時53分


 東京・八王子市の住宅で拳銃自殺したとみられる15歳の少年の部屋などから実弾のようなもの50発以上や、別の銃の弾倉などが見つかったことがわかりました。

 今月8日、八王子市の住宅で高校1年の15歳の少年が頭から血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。近くには回転式拳銃とみられるものが落ちていて、警視庁は少年が自殺したとみていますが、その後の捜査関係者への取材で、少年の部屋からケースに入れられた実弾のようなもの50発以上が見つかったことがわかりました。

 また、別の部屋からは自動式拳銃の弾倉のみが見つかったほか、銃の手入れをするための油やブラシ、拳銃ホルダーも押収されたということです。警視庁は押収品の鑑定を進めるとともに、入手経路についても調べています。

〈TBSニュースより〉




この事件は、まず中学生と言う若さで自殺という、何とも痛ましい手段を〈なぜ取ったのか?〉現代社会の根本的な問題があります。
当然この動機や背景については、徹底的に真相を解明する事こそ御本人の御冥福はもとより、御遺族や関係者の御心痛をいかばかりかお慰めする、唯一の手段であると考えます。その為にも学校はもちろん関係者全てが、この手の問題に良く起こりがちな組織・個人の関係無く、隠蔽工作や虚偽行為など決して起こさず。
有るだけの資料・証言から、何としても「なぜ」の真実を明らかにし、本当に二度とこの様な事が起こらないよう、改めて警察や教育関係諸機関には切実にお願いする次第です。

その中で特に問題となるのが、もし本当にメーカー品の実弾カートリッジが、50発以上新品の状態で発見されたとしたら、これは日本の治安の根底を揺るがす自体と言っても、言い過ぎで無いと思います。
実際に発射できる、純正の実弾が込められていない銃器は、その銃器自体に愛着がある人〈所謂(いわゆる)ガンマニアとかガンオタ他〉で無ければ、単なる鉄の塊と言っても差し支えないでしょう。あるいは、ガソリンの無い自動車(もちろん純粋なガソリン車)と言っても良いかも知れない。銃器とは何処まで行っても、カートリッジ式の実弾を発射する道具に過ぎません。

〈カートリッジ式の実弾〉と言っても、それこそ興味の無い人には「」でしょう。
なぜならこの日本国では銃刀法により、一部の司法執行者(警察官や自衛官等の実働関係者)が更に許可を受けた上で無いと、所持も使用も禁止されています。そうで無い民間人はもとより、司法の関係者ですらおいそれと触るどころか、見る事も出来ないからです。
一般人は猟銃(散弾銃)やスポーツ射撃の関係者が、厳しい審査の上で免許を取り決められた場所や決められた銃器のみを、扱う事が出来るくらいです。それ以外の、無許可で実弾や銃器を所持している一般人は、まさに反社会勢力の関係者と見なされ犯罪者となります

ところで、「テーザーガン」というのは、所謂「スタンガンウィキペディア(Wikipedia)リンク済み」(高圧電流を一瞬流して、人間を行動不能にする)の電極部分だけをだけを飛ばしすものだって、どれだけの人が知っているのでしょう?
勿論(もちろん)最近アメリカで起こった、白人警官による黒人射殺事件の事です

そもそも、ドライブスルーの車線上に違法駐車している車の中で、酔って熟睡している黒人がいるという通報を受けて、駆けつけた白人警察官2人が違法駐車と酔っ払い運転で、その黒人を逮捕しようとした事が発端だったようです。
そしてどういう訳か、その黒人と白人警察官2人が揉み合いになり、どちらかの警官持っていた非致死性で一時的に相手を行動不能にする、テーザーガンをその酔っ払い黒人に奪われ(これ自体警官の大失態でしょう?2人掛かりで1人の酔っ払い?を取り押さえられないばかりか、所持していた個人を制圧する為の道具まで、奪われたのですから・・・)、更に逃走された為に慌てて追い掛けたようです。

数十メートル追い掛けた時に、相手が振り向き(そりゃ振り向くでしょう・・・)その際、奪ったテーザーガンが追い掛ける警官の方を向くのは任意か偶然か、判然としません。
それを見た警官は、《危険だ殺される!》と判断しこちらは殺傷力保証付きの、拳銃を既に抜いていてその背後から走りながら実弾を発射!見事に命中させて、止まっている車の中で酔って寝ていた人を射殺しました。こうして警官と市民の安全は保たれた(警察暑の公式見解)。なおテーザーガンは今のところ電極を飛ばして相手に当てる以上、飛ぶ電極とその電源に当たる本体は有線で結ばれており、その長さ大体は30メートル程だそうです。

確かにテーザーガンにしろスタンガンにしろ、数10万ボルトの電圧を一瞬にしろ人体に流すのですから、高齢者・低年齢者・病人などその人の状態によっては、勿論最悪死に至る感電ショックとなる場合もあります。
しかし、殺傷力折り紙付きの拳銃で撃たれるのと、現在のところ1回に1度しか使えない(電池と有線を外して付け替えないと、2回目は撃てません)テーザーガン。
これで射殺して、治安は守られた?どういう理屈でしょうか!?









横道に、逸れました。
それでは銃弾・実包・カートリッジ式実弾〈ウィキペディア(Wikipedia)リンク済み〉を、考えてみます。



〈より詳しく知りたいのなら〉


拳銃図鑑


弾薬辞典


〈他書籍色々あります〉


〈Amazonリンク済み〉




S&W・M36 愛称『チーフスペシャル』

S&W・M36

38口径リボルバー(回転式拳銃)
装弾数・5発 使用銃弾・38スペシャル
よく知られた日本の警官用拳銃
ニューナンブ(現在は退役)の原型



〈拳銃弾の図解〉

銃弾の構造2

現代の典型的な実包の構造図。
1:弾頭。2:薬莢。3:発射薬。4:リム。5:雷管。



〈拳銃弾の種類(一部)〉

拳銃弾02

45ACP(45〈口径〉オート・コルト・ピストル)・44マグナム・
357マグナム・38スペシャル・30マウザー(旧称モーゼル)・
9ミリ(パラベラム・9×19ミリNATO弾)・22ロングライフル


:このブログでは本来1インチ以下で示される、拳銃の口径(銃弾の直径)を示す為に必要な、0.45インチを意味する省略形「.45(インチ)」の小数点「.」を、勝手に省略しています。
理由は表記上の手抜きと、フィート・ポンドの度量衡が主に米英でしか使われてい無い事。現在世界標準的なメートル法を欧州を中心とした、国際的軍事連合・北大西洋条約機構(NATO)軍においても標準表記で、ミリ単位で統一されている事から、45口径は11.4ミリ口径となります。

なお口径を冠した銃器の呼び名で名高いのが、映画『ダーティ・ハリー』で有名となった、44(口径)マグナム拳銃(S&W社製リボルバー・M29)。
日本のマンガやアニメで人気の、シティ・ハンターに登場する『コルト社製357マグナム・パイソン』などがあります。この数字の読み方ですが、44口径の場合は「よんじゅうよん・こうけい」と普通の2桁読みと強引にさせていただきます。
日本ではこれを、「よんよんマグナム」のように数字読みをする事が有り、それが間違っているという根拠は有りません。逆に357マグナムの場合は、「さんごうななマグナム」数字読みをするという前提で、使わせていただいております。

わかりやすい例としては、映画『ダーティ・ハリー』の中で主演のクリント・イーストウッド氏は、ハッキリ「マグナム・フォーティフォー」と呼んでいますし、357口径とは実は38口径と同じモノで他との選別化を図る為に、ワザと銃身に刻まれた斜めの溝(これで銃弾が銃口を出る前に、直進方向に対する縦回転を与えて弾道の安定性を高める)のせいで、銃口には谷と山が規則正しく並びます。この谷と谷を結んだ直径が、通常の口径で、357というのは山と山を結んだ小さい方の直径となります。
これは単純に、他の38口径弾とは違うぞ!という商標的なネーミングだそうです。



〈閑話休題(あだしごとはそこまでにして)〉


映画『ダーティ・ハリー』最初の作品
出だしの有名シーンと台詞




本来の問題に戻ると、最近の報道では「銃はアメリカのメーカー製」という、実に不穏な話が出ています。
これは、所謂(いわゆる)「改造拳銃」とか「密造拳銃」では無く、本場の本物という事です。これ自体、刑事ドラマじゃ有るまいし、現在では相当に入手が困難と言う事です。
以前は所謂〈反社会的勢力〉が、熱心に密貿易などで他国から買い込む。と、いう事が半ば常識でした。現在ではこの手のブラック・マーケットは、法律の強化や取り締まりがかなり厳しくなった事で、実際もし下っ端が改造だろうが密造だろうが純正品だろうが、それを〈実弾が発射可能な銃のような物〉を持っていると言う事がバレれば、下手をしなくともトップの方まで手が回るようになってるようです。
更に、維持・管理の問題があります。発射する道具(主に銃火器)は当然ながら、問題はやはり弾(銃弾カートリッジ)だそうです。

カートリッジの薬莢(ケース)は内部にある火薬(パウダー、アンモ=装薬)の急激な、爆発的燃焼(爆燃)によって、急激に薬莢内のガス圧力を上昇させます。
これが先端を塞ぐ弾頭(ブリット)を、その瞬間的に上昇した強力な圧力で前方に弾き出すものです。この内部圧力に対しては、当然のように耐性があります。しかし、これは熱にも強いという意味では無く、むしろ多くが熱伝導率の高い金属性なので、当然火気(高温)厳禁です。
その上、火薬自体が湿気にも弱いので急激な外気温の変化や、水分過多も論外(水濡れ禁止?)です。
このため銃の保存以上に、銃弾カートリッジの保管には注意が必要ですし、そもそも日本ではスポーツ射撃用の22口径ロングライフル(22LA)弾。上の写真で向かって右端のカートリッジ、大きさ比較用の単四乾電池の左隣り、名前にライフルとありますが現在では最小口径の拳銃弾としても有名です。もちろん、この保管場所も許可制で、厳重な管理が義務付けられています。

因みに、以前とある大学のスポーツ射撃部員が必要だと思って、これも許可された射撃場までついでに持って行く途中の電車内で、これも普通に部活の話をしていたら、おそらく傍に居た他の乗客に不審に思われたのか、駅員に通報された結果。
手荷物検査も気軽に受けたところ、当然のように箱入りの銃弾を見つけられ、銃刀法違反でその場で緊急逮捕されるという、冗談みたいな事件がありました。当然ですがスポーツ射撃用の銃器や実弾の移動にも、国内では厳しい規制があります。
多分それを忘れたのか、公共交通機関での移動もダメとは思わなかったのか、どちらかでしょう。事ほど左様に、国内で不法に銃器・弾薬を隠し持つと言う事は、リスクが高過ぎます。

フリー百科ウィキペディア(Wikipedia)リンク済みより〉「(前略)日本ライフル射撃協会を経由して日本体育協会から推薦状を受ける必要があり、なおかつエアピストルは500名、装薬銃に至っては50名しか所持許可の枠がない。(後略)」

だからこそ、反社会勢力との関係も無い(現時点での報道)中学生純正品の銃器と多量の実弾を、どのようにして入手したのか?「インターネットで簡単に買える」と言う都市伝説もありますが、実際ブッラクなネット通販でも素人には、簡単に手にする事は出来ないそうです。
そもそも、そんなブラックなネットのサイトに辿り着けたとして、コンピュター・ウィルスと通販詐欺の温床である事は、まず間違いありません。だからこそ、この入手方法の解明には《近未来の日本に法による治安維持》社会の平穏が掛かっているという事は、決して大袈裟では無いと断言できます。

なお、密造拳銃や改造拳銃はある程度の知識と経験がある人には、特に単発式を作る事はそれほど難しくは無いそうです。
何しろ、3Dプリンターで作れるくらいですから。しかし銃弾カートリッジとなると、まず知識と経験(海外で習得するしか有りません)があっても、特に国内ではまず作れないようです。そもそも肝心の、適度に爆燃させられる装薬とも呼ばれる火薬(パウダー)の、入手自体が困難です。
その上に、それに点火する雷管(プライマー)の精密加工は、自作がほぼ不可能だそうです。アメリカなどのようにカートリッジの使い回しをする(メーカー純正品は値段が高い)事が、当たり前のところでもこれだけはその薬莢(ケース)専用の雷管を、部品のようにリム(カーリッジの底で、回転式弾倉用と自動式弾倉では、形と大きさが異なる)付きで購入する必要があります。もちろん国内で、拳銃用の実用品を売ってはいません。


:他に日本で入手可能な重火器と銃弾カートリッジとしては、「猟銃」が有ります。ですが、ここではまず本物に出会ったら犯罪?の、「拳銃(ピストル、短銃)」に限っていると言う事。更に猟銃とは、日本では大口径で長銃身のライフル銃か同様の散弾銃で、当然ですがスポーツ射撃と同様に猟銃の所持や保管は当然として、使用できる場所や期間。そして対象(主に害獣指定されている)にも厳しい規制があり、現在では職業としての猟銃猟師は事実上皆無とされています。しかも現在では、現実として免許を所有する狩猟家は、高齢化の一途で人数が激減し、若年層の新規参入が必近の課題だそうです。



〈更に閑話休題として〉

逆にスポーツ射撃に対する、若年層の潜在需要は年々高まりを見せ、アニメにもなった元々は日本独自だった高校のビーム(赤外線)ライフル射撃部ウィキペディア(Wikipedia)リンク済み』は、新設校や中高一貫教育校などを中心に近年、盛り上がりを見せています。
特に学校は、本来掛かる高価な初期費用や認可を受けた射撃場を、構内に設置できる上に備品として銃器や弾薬。そして教員として、指導員の確保もできるので、素人がいきなり空気銃から始めるのと比べると、初期の準備費用が格段に安くなります(それでも通常の高校野球新入部員に比べて、破格に高価だそうです)。
更に余談ですが、とある副総理の趣味として有名な、クレー射撃はその初期準備費用としておよそ200万円から、必要だそうです。

〈本当に閑話休題〉

何にせよ八王子の『中学生拳銃自殺事件』は、出来るだけ早期のあらゆる意味において全ての事実解明が、本当に待たれます。


オマケ:故・山田康夫氏吹き替え版〉




〈日本のスポーツ射撃〉







〈22ロングライフル(22LA)の解説動画〉




https://www.amazon.co.jp/s?k=%E6%8B%B3%E9%8A%83+%E6%9C%AC&amp;dc&amp;__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&amp;_encoding=UTF8&amp;camp=247&amp;creative=1211&amp;linkCode=ur2&amp;linkId=8128677aa0df04f8dd1e5bb564d2549a&amp;qid=1593106636&amp;tag=blogsonetn046-22&amp;ref=aw_s_fkmr1&_encoding=UTF8&tag=blogsonetn046-22&linkCode=ur2&linkId=939d2d9c8edc029b9c8f3ee176d6e67d&camp=247&creative=1211">銃</a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=blogsonetn046-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />" target="_blank" title="参考文献Amazonリンク済み済み


世界の傑作銃



世界の名銃



世界最強の銃



初めての射撃


関連記事
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : 銃社会って怖いよね・・・。
genre : ニュース

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
ブログ更新を通知
にほんブログ村ブログリーダー(読み手)へ
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』 - にほんブログ村
line
検索フォーム
line
FC2掲示板
line
最新記事
line
WEB拍手
管理人のみに宛てて、メッセージもおくれます!
ブログ全体の拍手



管理者のみ閲覧の
コメントも送れます


《何回でも異なるイラストで拍手出来ます!》

line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
カテゴリ
line
閲覧者数

FC2以降の
アクセス数



《投票所》
無料アクセス解析



FC2専用
ランキング











ブログ村の
各種ランキング

(切り替え可能)》




line
アクセスカウンター
line
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
line
最新コメント
line
Amazonでお勧め



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line