fc2ブログ

今さらですが、2009年11月1日の朝日新聞に、こんな書評が載っていました!





■19世紀 中央アジアの嫁入り

 英国ビクトリア朝時代のメードを、歴史考証に忠実に描いた『エマ』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した森薫。
 1年ぶりとなる新作の舞台は、森林地帯と急峻(きゅうしゅん)な山地と乾燥した草原を持つ土地に、あまたの民族が栄えた19世紀後半の中央アジアだ。

 多様な民族が分散した広大な土地に、同じ民族同士が肩寄せ合って生きていた分散集中の時代、12歳の少年カルルクのもとに、山を越えて20歳の娘アミルが嫁いできた。
 定住化した一族の夫と遊牧民の妻、その年の差は8歳。

 草原で馬を駆り、弓でウサギをしとめた年上の花嫁は、手際よく獲物を調理し、その皮で夫のために美しい胴着を仕立てる。ぎこちなさを残しつつも、少しずつ愛を育んでゆく2人。
 それと同時にこの結婚は、口承文化が主だったこの村の人々に、異文化との邂逅(かいこう)をもたらす。雄大な自然を背景に、初めて目にする文化へのとまどいや称賛を素直に口にする人々の純粋さがいとおしい。触れれば凸凹が感じ取れそうな刺繍(ししゅう)や、鼻を近づければ木の香りがにおいたちそうな彫りたての建具など、安定した線による丁寧な描きこみにより、かの国の生活様式にも、グンと引き寄せられる。

 とはいえこの時代は、テリトリーを守るため、民族間の争いが絶えない時代でもあった。
 異なる民族によるアミルとカルルクの結婚は、2人の生活に、どのような影響を及ぼすのか……多くの物語は、境界上で生まれる。




乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
(2009/10/15)
森 薫

商品詳細を見る


エマ 10巻 (BEAM COMIX)エマ 10巻 (BEAM COMIX)
(2008/04/25)
森 薫

商品詳細を見る


エマ  全10巻 完結セット  (Beam comix)エマ 全10巻 完結セット (Beam comix)
(2010/11/01)
森 薫

商品詳細を見る


いわゆる「メイド」を「メード」と表記する辺りに、朝日の新聞記者(フリーとは言え)根性というか、単なる「書評」とは違うんだぞという、可愛い?拘り(こだわり)を感じます。
内容は短文ですが的確で、事前の『エマ』という作品の内容にも触れ、実に好意的で的確だと感心します。「ドラマは境界線上に生まれる」と言うのが、この方の見方のようですが、意地の悪い言い方をすれば、「境界線上でないドラマなど有るのか?ドラマとは事の大小、目に見えるか心情的かの違いはあっても、すべからく境界上に成立する」とも言えます。

この頃から新聞に対する不信感から、新聞を読む機会が減りこの記事も見逃したのか、それとも話題にしたのか、記憶が定かではありません(ソネット時代のあんのんブログリンク済み)。
ですが、この書評は短文ですが、良く出来ていると思います。




関連記事
スポンサーサイト





ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能
ブログランキングに参加しています
良けれポチッと押して下さい


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ レディースコミック(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

人気ブログをblogramで分析


ブログ拍手です管理者のみ閲覧コメントも可能

theme : マンガ家・森薫、エマ・乙嫁・シャーリー他
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line


line

line
プロフィール

HINAKA

Author:HINAKA
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』です。
本来は、『あんのんブログ・HINAKAの雑記』としてSo-netブログであったものが、So-netブログから追い出されて、ここで新たに構築するモノです。

line
WEB拍手
管理人のみ宛ての、 メッセージが送れます!


ブログ全体の拍手

line
ブログ更新を通知
にほんブログ村ブログリーダー(読み手)へ
『あんのんブログPart2・HINAKAの戯れ言』 - にほんブログ村
line
検索フォーム
line
FC2掲示板
line
最新記事
line
閲覧者数

FC2以降の
アクセス数




現在の閲覧者数:


《投票所》


無料アクセス解析



FC2専用
ランキング












ブログ村の
各種ランキング






line
カテゴリ
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
最新コメント
line
Amazonでお勧め



line
月別アーカイブ
line
リンク
このブログをリンクに追加する




line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line